実演鑑賞

劇団民藝

紀伊國屋サザンシアター TAKASHIMAYA(東京都)

2021/09/04 (土) ~ 2021/09/13 (月) 開幕前

上演時間:

公式サイト: http://www.gekidanmingei.co.jp/performance/2021_waiting-for-the-parade/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
1977年の初演以来くり返し上演され、いまもカナダ市民に愛されつづけている『パレードを待ちながら』を新翻訳で上演します。作者マレルは、カナダ西部カルガリーの第2次大戦の記憶を劇化するため市民の証言を集めましたが、彼の胸をうったのは女性のウィットとたくましさでした。歌とダンスとユーモアが苦悩と悲...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2021/09/04 (土) ~ 2021/09/13 (月)
劇場 紀伊國屋サザンシアター TAKASHIMAYA
出演 吉田陽子、藤巻るも、いまむら小穂、森田咲子、金井由妃
脚本 ジョン・マレル
演出 田中麻衣子
料金(1枚あたり) 1,100円 ~ 6,600円
【発売日】
【料金】[全席指定・税込]  
一般:6,600円
夜チケット:4,400円(夜公演全席)
U30(30歳以下):3,300円
高校生以下:1,100円(枚数限定・劇団のみ取扱い・要証明書)
公式/劇場サイト

http://www.gekidanmingei.co.jp/performance/2021_waiting-for-the-parade/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 9月4日(土) 13:30
9月5日(日) 13:30
9月6日(月) 18:30
9月7日(火) 13:30
9月8日(水) 13:30
9月9日(木) 18:30
9月10日(金) 13:30
9月11日(土) 13:30
9月12日(日) 13:30
9月13日(月) 13:30
説明 1977年の初演以来くり返し上演され、いまもカナダ市民に愛されつづけている『パレードを待ちながら』を新翻訳で上演します。作者マレルは、カナダ西部カルガリーの第2次大戦の記憶を劇化するため市民の証言を集めましたが、彼の胸をうったのは女性のウィットとたくましさでした。歌とダンスとユーモアが苦悩と悲しみに満ちた女性の銃後の暮らしを彩り、男性の愚かしさがいまも変わらぬことに警鐘を鳴らします。
マレルは、過去の事件やイベントはいまの私たちの“日常”に影響を与えつづけ、歴史のパレードは決して目の前を通り過ぎることはないと述べ、歴史のパレードの目撃者である私たちに、 くり返し“歴史”と対話することの必要性を訴えます。
その他注意事項
スタッフ 【原題】Waiting for the Parade
【作】ジョン・マレル
【訳】吉原豊司
【演出】田中麻衣子

【装置】伊藤雅子
【照明】前田照夫
【衣裳】西原梨恵
【音楽】国広和毅
【振付】八子真寿美
【効果】岩田直行
【舞台監督】深川絵美

[情報提供] 2021/06/29 23:16 by CoRich案内人

[最終更新] 2021/06/30 10:30 by こりっち管理人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大