演劇

(公財)三鷹市芸術文化振興財団

三鷹市芸術文化センター 星のホール(東京都)

2009/03/13 (金) ~ 2009/03/22 (日) 公演終了

休演日:3月16日(月)

上演時間:

【タイムテーブル】
3/13(金)19:30
  14(土)19:30
  15(日)15:00
  17(火)19:30
  18(水)19:30
  19(木)19:30
  20(金・祝)15:00/19:30
  21(土)15:00/19:30
  22(日)15:...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2009/03/13 (金) ~ 2009/03/22 (日)
劇場 三鷹市芸術文化センター 星のホール
出演 犬飼若博、今立進(エレキコミック)、菅原永二(猫のホテル)、竹井亮介(親族代表)、富岡晃一郎、野口かおる(双数姉妹)、森谷ふみ(ニッポンの河川)
脚本 故林広志
演出 福原充則(ピチチ5)
料金(1枚あたり) 1,000円 ~ 3,150円
【発売日】2009/02/07
【チケット料金】全席指定
一般3,500円/高校生以下1,000円(当日用学生証)
友の会3,150円
サイト

http://mitaka.jpn.org/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 【タイムテーブル】
3/13(金)19:30
  14(土)19:30
  15(日)15:00
  17(火)19:30
  18(水)19:30
  19(木)19:30
  20(金・祝)15:00/19:30
  21(土)15:00/19:30
  22(日)15:00

【故林広志】
「火事場の馬鹿力」という言葉がある。
そう、「火事場」で「馬鹿力」なんてものを出す。なんと身勝手な人だろう。一人っ子だろうか。
それより火事を招いた自らの不徳を省みてほしい。
一方コントで馬鹿力を発生させるには人物を追い込むに限る。不条理の炎を使ってだ。
上京して11年、私は人間を追い込み続けて来た。台本で。
その中で「最も容赦無い感じのもの」を選んだ極限コント集。
ボーナストラックもつけさせてもらいます。
逃げ場の無さから生まれる予想外の笑い。
舞台ならではの密な空間を、追い込まれ上手な断末魔たちと一緒にお作り致します。

【福原充則】
スタジオジブリの「耳をすませば」というアニメがある。
中学生の甘酸っぱい青春恋愛思春期全開物語。
とてもいい作品でOL女性をはじめファンも多いのだが、
アニメおたくの間では危険なアニメとされている。
あまりにも完成度の高い甘酸っぱさのため、
自らの暗黒の思春期との落差に「俺の青春とはなんだったのか…、
そして今の俺も…。」と鬱になるオタクが続出したのだ。
見るなよ、キケン!耳をすませばはヤバい!と。
本企画も同じようなものが作りたい。
これはコントだ。
お客さんを笑わせたい、とにかく笑わせたい。
ただ、ちょっと必要以上に笑わせたい。
劇場からの帰り道、三鷹駅まで歩きながら客はふと思うのだ。
「今日はずいぶん笑ったなぁ、楽しかった…、
しかし明日からまたくだらない仕事のどうしようもない毎日の繰り返しだ。
舞台上の楽しさにくらべ、私の笑いのない生活は
一体どういうことだろう。
もう嫌だ。鬱だ。だめだ。
…そうだ死んでしまおう!」
と思わせるくらい面白いことがしたい。
三鷹駅をパニックに!コントで殺せ!
その他注意事項
スタッフ 主催・問合せ/(財)三鷹市芸術文化振興財団 TEL.0422-47-5122

[情報提供] 2008/12/01 23:13 by mk

[最終更新] 2009/03/21 01:16 by えノき

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー1

えノき

えノき(0)

その他(スタッフ)

ぜひ、ご覧ください。

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大