歌舞伎・伝統芸能

新橋演舞場 弥生花形歌舞伎 市川猿之助十八番の内

市川右近十五役早替りならびに宙乗り相勤め申し候

歌舞伎・伝統芸能

新橋演舞場 弥生花形歌舞伎 市川猿之助十八番の内

獨道中五十三驛

市川右近十五役早替りならびに宙乗り相勤め申し候

松竹

新橋演舞場(東京都)

2009/03/04 (水) ~ 2009/03/23 (月) 公演終了

上演時間:

 猿之助十八番の中で最も人気の高い作品ともいわれる『獨道中五十三驛(ひとりたびごじゅうさんつぎ)』。
 市川猿之助が、昭和五十六年に復活して以来、全国各地で上演され人気を博していますが、東京では実に13年ぶりとなる待望の上演。
 スピーディで息をつかせないストーリー展開に、宙乗り、早替り、...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2009/03/04 (水) ~ 2009/03/23 (月)
劇場 新橋演舞場
出演 市川右近、市川笑也、市川門之助、市川猿弥、市川笑三郎、市川春猿、市川段治郎、市川寿猿、市川弘太郎
脚本
演出
料金(1枚あたり) 2,520円 ~ 15,000円
【発売日】2009/01/24
1等席 14,000円
2等席 9,000円
3階A席 4,200円
3階B席 2,520円
1階桟敷席 15,000円
サイト

http://www.kabuki-bito.jp/theaters/shinbashi/2009/03/post_13.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明  猿之助十八番の中で最も人気の高い作品ともいわれる『獨道中五十三驛(ひとりたびごじゅうさんつぎ)』。
 市川猿之助が、昭和五十六年に復活して以来、全国各地で上演され人気を博していますが、東京では実に13年ぶりとなる待望の上演。
 スピーディで息をつかせないストーリー展開に、宙乗り、早替り、本水といった、スペクタクル満載の演出を随所に散りばめたこの作品。猿之助歌舞伎の真髄をたっぷりと楽しんでいただきます。

 京都を振り出しにした道中で、十五役早替り、化け猫の怪奇、海中や大滝での立ち廻りなど、次から次へと押し寄せる見せ場の連続。
 由留木(ゆるぎ)家に伝わる二つの家宝をめぐって、敵味方が追いつ追われつ、東海道五十三次の宿々を舞台に日本各地を東へ西へと駆けめぐります。「東海道中膝栗毛」でおなじみの弥次さん喜多さんの女房おやえ、おきちもコミカルに登場。
 やがて、目的地のお江戸日本橋も近くなります。果たして無事に二つの家宝を取り戻し、この騒動を落着させることができるのでしょうか―――

 特にこの通し狂言のハイライトは岡崎・無量寺の場で、化け猫が十二単をまとって宙を飛びます。また、大滝での立ち廻りでは、何トンもの本水が降り注ぐ中でのダイナミックなアクションをご覧いただきます。市川右近が鮮やかに十五役を早替りで演じる中、テンポよく繰り広げられる、楽しさと驚きいっぱいの超大作をぜひお見逃しなく!
その他注意事項
スタッフ

[情報提供] 2008/11/29 22:54 by 華崎

[最終更新] 2009/03/17 08:48 by 華崎

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大