演劇

子どもたちへ贈る福島の民話劇/劇団120○EN 第31回公演

-説経節 さんせう太夫より-

あんじゅとずしおう

0 お気に入りチラシにする

演劇

子どもたちへ贈る福島の民話劇/劇団120○EN 第31回公演

あんじゅとずしおう

-説経節 さんせう太夫より-

実演鑑賞

劇団120◯EN

福島テルサ(福島県)

2021/05/08 (土) ~ 2021/05/09 (日) 開幕前

上演時間: 約1時間0分(休憩なし)を予定

公式サイト: https://120en.com/next/31th/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
平安時代の終わりごろ。
陸奥国むつのくにの太守・平正氏(たいらのまさうじ)が、
無実の罪で故郷から遠く離れた町へと追いやられてしまいます。

残された娘の安寿と、弟の厨子王は、
母といっしょに、大切な父に
もういちど会うために、旅にでます。

しかし、旅の途中で悪いひとたちに騙...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2021/05/08 (土) ~ 2021/05/09 (日)
劇場 福島テルサ
出演 鈴木優斗、奈良夏妃、霜山亜美、佐川翔、本田真也
脚本 清野和也
演出 清野和也
料金(1枚あたり) 0円 ~ 0円
【発売日】2021/04/01
無料
※各回定員170名
※席数に限りがあります。事前のご予約をお勧めします。
※大人の方のみでも観劇できます
公式/劇場サイト

https://120en.com/next/31th/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 5月8日(土) 13:30開場 14:00開演
5月9日(日) 10:30開場 11:00開演
説明 平安時代の終わりごろ。
陸奥国むつのくにの太守・平正氏(たいらのまさうじ)が、
無実の罪で故郷から遠く離れた町へと追いやられてしまいます。

残された娘の安寿と、弟の厨子王は、
母といっしょに、大切な父に
もういちど会うために、旅にでます。

しかし、旅の途中で悪いひとたちに騙されて
母とも離れ離れになってしまい・・・。

それでも安寿と厨子王は手をとりあって、
再び父と母に会うために
運命に立ちむかいます。

---
この街がもっと面白くなる、劇団120〇ENの民話劇第2弾は、日本全国で民話として語り継がれる2人の姉弟、安寿と厨子王のお話。福島市は彼らの母の故郷で、弁天山には彼らの父といわれる磐城判官の「椿館つばきだて」があったとも言われています。
その他注意事項
スタッフ 総合美術:奈良夏妃
照明:齊藤千聖

[情報提供] 2021/04/02 15:34 by 清野 和也

[最終更新] 2021/04/02 15:37 by 清野 和也

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大