歌舞伎・伝統芸能

ロームシアター京都開館5周年記念事業

シリーズ 舞台芸術としての伝統芸能 Vol.3 人形浄瑠璃 文楽

『木下蔭狭間合戦「竹中砦の段」』『端模様夢路門松』

0 お気に入りチラシにする

歌舞伎・伝統芸能

ロームシアター京都開館5周年記念事業

『木下蔭狭間合戦「竹中砦の段」』『端模様夢路門松』

シリーズ 舞台芸術としての伝統芸能 Vol.3 人形浄瑠璃 文楽

実演鑑賞

ロームシアター京都

ロームシアター京都メインホール(京都府)

2021/02/27 (土) ~ 2021/02/28 (日) 公演終了

上演時間: 約3時間0分(休憩なし)を予定

公式サイト: https://rohmtheatrekyoto.jp/event/60164/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
伝統芸能の継承と創造を目指すシリーズ第三弾は、文楽。木ノ下歌舞伎主宰・木ノ下裕一をスーパーバイザーに招き、
「87年ぶりに蘇る大曲」と「三世桐竹勘十郎の若き日の新作」、文楽の豪華二本立てを企画!

現代を代表する人形遣いのひとり、三世桐竹勘十郎を筆頭に、この企画だけのスペシャルな座組が...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2021/02/27 (土) ~ 2021/02/28 (日)
劇場 ロームシアター京都メインホール
出演
脚本
演出
料金(1枚あたり) 2,000円 ~ 6,000円
【発売日】2020/10/17
<全席指定>
【1階席】一般6,000円/ユース(25歳以下)4,000円
【2階席】一般4,000円/ユース(25歳以下)2,000円

サウスホール演劇セット券(30枚限定):一般 8,500円、ユース 5,000円【販売予定枚数終了】
公式/劇場サイト

https://rohmtheatrekyoto.jp/event/60164/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 2月27日(土)13:00
2月28日(日)13:00

上演時間:演目3時間(16時終了予定)、ディスカッション45分(16時45分終了予定)
説明 伝統芸能の継承と創造を目指すシリーズ第三弾は、文楽。木ノ下歌舞伎主宰・木ノ下裕一をスーパーバイザーに招き、
「87年ぶりに蘇る大曲」と「三世桐竹勘十郎の若き日の新作」、文楽の豪華二本立てを企画!

現代を代表する人形遣いのひとり、三世桐竹勘十郎を筆頭に、この企画だけのスペシャルな座組が実現!かつてポピュラーでありながら、昭和に入り上演が途絶えていた『木下蔭狭間合戦「竹中砦の段」(このしたかげはざまがっせん たけなかとりでのだん)』。人形浄瑠璃として、87年ぶりに待望の完全復活上演。
『端模様夢路門松(つめもようゆめじのかどまつ)』は、桐竹勘十郎による珠玉の新作。三人遣いの人形に憧れる、いつもは端役の”つめ人形”が主役。文楽の舞台裏で繰り広げられるパロディ要素がたっぷりの作品。初心者から見巧者まで楽しめるスペシャルな2本立てをお見逃しなく!

※2020年2月に新型コロナウィルス感染拡大防止のため中止となった公演の上演が決定しました。

<公演・作品について>
2017年度から始まった伝統芸能の継承と創造を目指すシリーズ「舞台芸術としての伝統芸能」。3年目となる2019年度は“文楽”をテーマに、木ノ下歌舞伎主宰・木ノ下裕一をスーパーバイザーに招き、ロームシアター京都ならではの新たな取り組みを計画。しかし、新型コロナウィルス感染拡大防止のため、2020年2月の上演を中止することとなりました。その中止された公演を、まさに1年後となる2021年2月に上演します。
演目は2019年度に企画された通り、『木下蔭狭間合戦「竹中砦の段」』と『端模様夢路門松』の2作。人形浄瑠璃文楽の面白さと醍醐味が濃縮されたプログラムを、この企画にとってこれ以上ない程にふさわしい布陣として集められた技芸員たちが、2021年2月に集まり、その確かな技術をお届けします。
人形浄瑠璃としては87年ぶりの復活上演となる『木下蔭狭間合戦「竹中砦の段」』には、当代の文楽界の至宝といえる技芸員を結集。この復活上演を機に、文楽作品としてレパートリー化、作品を蘇らせることを視野に入れています。

<演目・出演者>
◆木下蔭狭間合戦「竹中砦の段」(このしたかげはざまがっせん)
桶狭間の戦を背景とした時代物。「竹中砦」は、2003年5月に復曲奏演、素浄瑠璃にて上演されていますが、人形浄瑠璃としては、今回の上演が1934(昭和9)年以来87年ぶりの上演となります。
七の巻にあたる「竹中砦」は、此下当吉と軍略を競いあう斎藤義龍の名軍師竹中官兵衛と、官兵衛の娘・千里と恋仲に落ち子供をもうけた、敵・小田春永の家臣佐枝犬清をめぐる謀略と人情が入り乱れるドラマティックな段。義太夫節を組み立てる太夫がひとり休みなく語り続け、三味線、人形遣いも高度な技巧が求められる大曲で、それぞれの登場人物の多くに口説き(クライマックスとして登場人物の心の内面を語る部分)の場面がある骨太な作品です。
2003年の素浄瑠璃上演では故9代目竹本綱太夫(のちの竹本源太夫)、鶴澤清二郎(現鶴澤藤蔵)による復曲奏演でしたが、今回は竹本津駒太夫改め六代目竹本錣太夫と鶴澤藤蔵が登場。これまで復活上演に尽力してきた藤蔵と、津大夫の芸風を受け継ぐ錣太夫が、人間味溢れる「竹中砦」をより魅力的に現前させるでしょう。

◆端模様夢路門松(つめもようゆめじのかどまつ)
現桐竹勘十郎が1980年代、吉田簑太郎時代に作った一作。三人遣いの人形に憧れる “つめ人形”(端役としてひとりで遣う人形)が主人公の作品。人形浄瑠璃の舞台裏で繰り広げられる人形たちの悲喜こもごものストーリーのなかに、あらゆる古典作品のパロディがちりばめられており、人形浄瑠璃文楽の入門編として鑑賞するのに最適です。本作の太夫を務めるのは竹本碩太夫。1995年生まれ、千歳太夫門下のホープの挑戦も見どころです。

<上演後のディスカッション>
上演後、本企画関係者によるディスカッションも実施します。今回の上演の意義や上演後の感想などを展開します。ディスカッションは2月27日、28日の両日行います。
出演:桐竹勘十郎、鶴澤藤蔵、木ノ下裕一
その他注意事項
スタッフ スーパーバイザー:木ノ下裕一

【木下蔭狭間合戦「竹中砦の段」(このしたかげはざまがっせん)】
<太夫>竹本錣太夫 <三味線>鶴澤藤蔵
<人形遣い>桐竹勘十郎(竹中官兵衛重晴)、吉田玉男(小田春永)、吉田勘彌、吉田玉志、吉田簑一郎、吉田玉助、吉田一輔、吉田玉佳、吉田勘市、桐竹紋臣、吉田文哉、吉田玉勢、吉田簑紫郎、桐竹紋吉、吉田玉翔、吉田玉誉、吉田簑太郎、桐竹勘次郎、吉田玉彦、桐竹勘介、吉田玉路、吉田玉延、吉田簑悠、桐竹勘昇、吉田玉征、豊松清之助、望月太明蔵社中

【端模様夢路門松(つめもようゆめじのかどまつ)】
<太夫>竹本碩太夫 <三味線>鶴澤清介、鶴澤清公、鶴澤清允
<人形遣い>桐竹勘十郎(門松)、吉田勘市、桐竹紋吉、吉田簑一郎、桐竹紋臣、吉田玉翔、吉田玉誉、吉田簑太郎、桐竹勘次郎、吉田玉彦、桐竹勘介、吉田玉路、吉田玉延、吉田簑悠、吉田玉征、豊松清之助、望月太明蔵社中

主催:京都市、ロームシアター京都(公益財団法人京都市音楽芸術文化振興財団)
企画製作:ロームシアター京都
制作協力:木ノ下歌舞伎/一般社団法人樹来舎、一般社団法人 日本の伝統芸能
特別協賛:公益財団法人稲盛財団

[情報提供] 2021/02/28 22:12 by こりっち管理人

[最終更新] 2021/03/01 18:28 by CoRich案内人

この公演に関するツイート

初日1週間前から「団体名」と「公演タイトル」を含むツイートを自動表示します。
(ツイート取得対象にするテキストは公演情報編集ページで設定できます。)

  1. 『木下蔭狭間合戦』、カーテンコールがなかったのはちょっと残念だった。普通の演目ならカーテンコールいらんと思うけど、折角みんなで頑張って復活させた演目なら、やって良かったと思うな。出番少ないのに人一倍嬉しげな玉男様や、人形を手放した途端テンション下がる玉志サンを見たかった。

    約2ヶ月前

  2. 昨日、桐竹勘十郎さんの新作文楽「端模様夢路門松」を見たんだけど、普段端役で散々やられてるつめ人形が「今日もえろうどつかれたわい」とか言いながら仲間とわちゃわちゃやってたり、三人遣いの人形に憧れたりするのがすごい可愛くて、勘十郎さんの人形愛と優しさに溢れた、最高に楽しい公演だった!

    約2ヶ月前

  3. @Telegraph__pole 端模様夢路門松の楽しさ 木下蔭狭間合戦の面白さ どっちも聞き応えありました♥️

    約2ヶ月前

  4. 大人の事情で斎藤義龍が病気にならず、健康なまま討死して生首も出る「木下蔭狭間合戦」七冊目「竹中砦」、今回は外部の依頼企画で復活上演が実現しましたが、まだ国立文楽劇場のレパートリーにはなってません。 義龍(あくまで脇役)と関係なく… https://t.co/qmVA7Th4ov

    約2ヶ月前

  5. 2021年2月京都『木下蔭狭間合戦』七冊目切「竹中砦」 配布の床本集。 23頁上5行目「身遣る」は、五十四オ4「見やる」。 26頁下7行目「深疵」は、五十七ウ7「深カ手」。 振り漢字に誤りあり。 #文楽

    約2ヶ月前

  6. 2021年2月京都『木下蔭狭間合戦』七冊目切「竹中砦」 五十八オ2「ホヲ一チ名(めう)二人ン」を、イチメイ…と読んだが、いちみょう…。 五十七オ4「輝(かゝや)く」、五十九ウ6「輝(かゝや)かす」は、カガヤク・カガヤカスと濁ったが、かかやく・かかやかす。清音。 #文楽

    約2ヶ月前

  7. 2021年2月京都『木下蔭狭間合戦』七冊目切「竹中砦」 五十六オ1「主人ンの生死(しやうじ)」を、ショウシと聞こえたが、しょうじ。 五十七オ1「主君ンの怨敵(おんでき)」を、オンテキと読んだが、おんでき。 五十七ウ1「政治(せいじ… https://t.co/GjyFTJXqbr

    約2ヶ月前

  8. 2021年2月京都『木下蔭狭間合戦』七冊目切「竹中砦」 五十二ウ6「今宵(こよい)の一戦」を、…合戦と語ったが、合戦と書いた本を写したものか。 五十四ウ6「聞キ耳ない。」を、キクミミと読んだが、ききみみ。 五十五ウ5「死(し)人トの」を、シニンと読んだが、しびと。 #文楽

    約2ヶ月前

  9. 「木下蔭狭間合戦 竹中砦」錣太夫さんの語りは天から降ってくるようでヒタヒタつつんでくれる。合戦の状況を伝える三人の注進の動きが雄弁かつ勇壮で見とれてしまった。

    約2ヶ月前

  10. 「端模様夢路門松」碩太夫さんの語りに三人遣いの人形になりたい門松の気持ちがよく伝わってきた。ふだんは三人遣いの人形に目がいってしまうけど、つめ人形たちだけを見ると、それぞれが感情豊かだなあ。心に残る新作浄瑠璃を30歳くらいで書いた勘十郎さんもすごい。

    約2ヶ月前

  11. 2021年2月京都『木下蔭狭間合戦』七冊目切「竹中砦」 四十九オ1「一ツ方の攻口(せめくち)」を、セメグチと濁ったが、せめくち。清音。 同オ2「莫大(ばくたい)の」を、バクダイと濁ったが、ばくたい。 五十ウ6「智勇兼備(ちゆうけん… https://t.co/jjU6jHNXdw

    約2ヶ月前

  12. 2021年2月京都『木下蔭狭間合戦』七冊目切「竹中砦」 錣太夫。この上演のために床本を新造したものとみえた。 そうするものとは伝え聞くものの、必ずしも床本を書いて覚える手順を省く昨今、良い心がけだと思われた。 ただし書写の手本が… https://t.co/pI7ecb9tM0

    約2ヶ月前

  13. 2021年2月京都『木下蔭狭間合戦』七冊目切「竹中砦」 ディスカッションには、三味線弾きと人形遣いが出たが、太夫が出なかった。 人形浄瑠璃文楽の格式として、太夫・三味線弾き・人形遣いは揃っていて欲しい、と思われた。 #文楽

    約2ヶ月前

  14. 2021年2月京都『木下蔭狭間合戦』七冊目切「竹中砦」 官兵衛の変心・降参を見届けて、犬清が最期を遂げようとするのを久吉が止める。 清松を背から下ろすのはこのときで、ここで初めて抱き上げて、犬清に子の顔をみせたもの。 官兵衛の大落シの演技に、再考の余地が残った。 #文楽

    約2ヶ月前

  15. 2021年2月京都『木下蔭狭間合戦』七冊目切「竹中砦」 官兵衛が春永に刃向かうのを、「当の敵は此久吉が負たる犬清。サア討テ竹中。」「身を惜シまず。サア〳〵〳〵と突キ付ケられ」るのは、清松だけでなく、清松を背負った久吉そのひと。… https://t.co/U9lpKqNc8G

    約2ヶ月前

  16. 2021年2月京都『木下蔭狭間合戦』七冊目切「竹中砦」 春永が「未来へ赴く犬清に恩賞せんずソレ久吉。」と命じたのに、「ハツと答へて母衣絹に包し首を故実を正し差シ置ケば。」を久吉でなく、ツメの軍卒が持って出る、と演出するに至る。… https://t.co/zXLJHmGIDd

    約2ヶ月前

  17. 2021年2月京都『木下蔭狭間合戦』七冊目切「竹中砦」 久吉。「母衣絹(ほろきぬ)取レば背負(せをひ)し稚(おさな)子。」(五十七ウ7)とある通り、清松を背負っている。 本文では、段切まで背負ったままでいるのを、今回は官兵衛の演出の都合で、はやくに背から下ろしたという。 #文楽

    約2ヶ月前

  18. 南座の横を通ると大道具搬出してる最中だった。いいなぁ舞台。 出たいなぁ、もっと観たいなぁ。 今日はロームシアター京都の文楽公演を鑑賞。 87年ぶりに上演という貴重な演目【木下蔭狭間合戦ー竹中砦の段ー】を生で、この目で観れた…なんて… https://t.co/rOZI00jdhN

    約2ヶ月前

  19. 端模様夢路門松の上演に際し、初演をお務めになられました嶋太夫師匠の床本をお借りして「朱」を全て写させて頂きました。枚数は70枚を越えタウンページの様です😅見台は「竹に雀」の蒔絵。お客様側からは見えませんが、側面に「人気投票 壱等賞… https://t.co/FreDsjwrNR

    約2ヶ月前

  20. 2021年2月京都『木下蔭狭間合戦』七冊目切「竹中砦」 千里の「取ルより早く我レと我カ咽(のど)にかはと突立る。」で、何を取るのか。 今次は弓矢をあらかじめ装置して、矢を用いましたが、前に呟く通り、「詞のとがり矢。」は修辞であって、矢を投げつけたのではありません。 #文楽

    約2ヶ月前

  21. 2021年2月京都『木下蔭狭間合戦』七冊目切「竹中砦」 犬清の「詞かはすも是限りと。烈しき手負か詞のとがり矢。」の本文から、矢を持ち出して自害に及ぶが、これは犬清の詞の鋭さ・峻拒する様子を表現したもので、矢はどこからも飛んでは来ず。 千里の前にあるのは、柄杓です。 #文楽

    約2ヶ月前

  22. 2021年2月京都『木下蔭狭間合戦』七冊目切「竹中砦」 関路が持ち出した「柄杓の長柄」五十三オ6を、千里が先に飲んで「二世のかため」として犬清に勧めた「柄杓の盃」五十三ウ2であるが、犬清は「柄杓掴(つか)んでなけ付れば。」、千里に投げつけて、婚姻を拒絶したわけです。 #文楽

    約2ヶ月前

  23. はじめてのロームシアターでしたが綺麗で優雅なホールでした🤗「端模様夢路門松」木下蔭狭間合戦「竹中砦の段」ディスカッションとトータル4時間の見応えあり!桐竹勘十郎さん顔🔥藤蔵さん雄叫び🔥もう目が離せない文楽‼️ https://t.co/ku7tLLu1o9

    Evuq1k4vgam81bc

    約2ヶ月前

  24. 2021年2月京都『木下蔭狭間合戦』七冊目切「竹中砦」 犬清。夫婦固めの盃の意を込めて、千里がさした水盃である「柄杓掴(つか)んでなけ付れば。」の本文で、柄杓を庭に放っては「投げ捨れば」になってしまう。 投げつける目当ては、千里でなければなるまい。 #文楽

    約2ヶ月前

  25. 2021年2月京都『木下蔭狭間合戦』七冊目切「竹中砦」 官兵衛の動作「刀たぐつて遙(はるか)に投退ケ。」は何を投げるのか。刀は直後に「烽火台。」に投げるので、犬清だと考えなければならない。 今回の舞台では、官兵衛・関路・犬清・千… https://t.co/lsRO9CstdB

    約2ヶ月前

  26. しかしいつか舞台で上演されるのを見たいと思っていた「竹中砦」と「端模様夢路門松」を上演してくれたこの企画、コロナで延びたけど今回上演できて本当に良かった。 スーパーバイザーの木ノ下裕一さんは「初心者と見巧者のどちらも楽しめるもの」「文楽の今後に役立つもの」という視点で選んだそうで

    約2ヶ月前

  27. ロームシアター『木下蔭狭間合戦』竹中砦の段、いま語れるのは錣さんだけだなと思った。体力と実力を兼ね備えたベテランしかできない。藤蔵さんと勘十郎さんの人選のようですが、さすがプロの耳は的確です。本当にすばらしい演奏でした。

    約2ヶ月前

  28. 本日はロームシアター京都にて文楽鑑賞。 『端模様夢路門松』面白かった〜。1年越しの上演が叶って本当に良かった。 今回の企画の成功は木ノ下裕一さんのおかげだな。こういう方がいるからこそ伝統が未来に繋がっていく。 #文楽 https://t.co/eRE0A35Pnv #文楽

    Evt6xpkucaiimlz

    約2ヶ月前

  29. 端模様夢路門松、物語のレイヤー構造も運びも絶妙で巧みだし、言葉のせいか現代のおれたちの作品だ!!!って感触があった。碩太夫さんがぴったりハマっていて、門松の悲痛な願いや叫びが胸に迫った。

    約2ヶ月前

  30. 「木下蔭狭間合戦 竹中砦の段」が逆勝手(人形の出入りが通常と逆)になってる理由がわからなくて、ついに今朝、小田春永が出てくる→大将は上手でないとダメという結論に行き着いた勘十郎さんのお話おもしろかったな。春永遣う玉男さんがまたカッコいいんだ💕 #ローム文楽

    約2ヶ月前

  31. 記録用の録画しかしてないみたいでした。 でも、アンケートには、配信してほしいと書きましたが、無理かなぁ そして『端模様夢路門松』は是非夏休みおやこ劇場でかけてほしいです。文楽劇場で観たい。 人形の解説を三人遣いだけじゃなくツメの説明もして、その後にやったら、わかるん違うかな。

    約2ヶ月前

  32. 『木下蔭狭間合戦「竹中砦の段」』 事前に木下さんが話が急!とおっしゃってましたが、ほんま急。全然ついていけなかった。ちょっと藤蔵さん見てて、次舞台見たら、さっきまでおとなしかったムスメが髪振り乱して、え?ってよく見たら矢が刺さってました。ってくらい急。

    約2ヶ月前

  33. 『端模様夢路門松』 碩太夫が全部かたる。びっくり。当初予定のホールからしたら、容量的には何倍やろう?太夫さんには酷な変更と思ってました。でもやりました。凄い。語り分けてた。登場人物ほぼ男子ツメやから難しいと思うのにキャラ分かれてた。

    約2ヶ月前

  34. 舞台芸術としての伝統芸能 Vol.3 人形浄瑠璃 文楽 『木下蔭狭間合戦「竹中砦の段」』『端模様夢路門松』 2日目に行きました。 https://t.co/XVHLj9jPtw

    Evtnhspvkaep1d3

    約2ヶ月前

  35. 「木下蔭狭間合戦」人形を出しての上演は87年ぶりだという。 85分間、一段語りきった錣太夫、弾き切った藤蔵、両師に拍手‼️ 常々、文楽は一段同じ床を楽しみたいと思っていたから、今回叶ったのは本当に嬉しい❣️ #ロームシアター京都 #木下蔭狭間合戦

    約2ヶ月前

  36. お久しぶりのロームシアター。一年越しの上演に行ってきました。端模様~は人形のつめやんが主役。舞台裏の妄想世界が描かれ、楽しかったです♪動物も登場。お話していました😊碩太夫さん、大勢の語り分けが素晴らしい👏木下蔭狭間合戦は87年ぶり… https://t.co/JCMUOonCs4

    約2ヶ月前

  37. ツメ人形たちが主役の勘十郎さん作:端模様夢路門松も可愛らしくて面白かった!ツメ人形が意外に表現力豊かで、というか上手い人が遣うとこんな動きするんだな、と改めて。 ちゃんとキャラ付けして語り分けた碩太夫さんがまだ25歳とは。今後も本… https://t.co/Wtc3Tzpz3F

    約2ヶ月前

  38. 舞台芸術としての伝統芸能Vol.3 人形浄瑠璃 文楽、昨年の中止から1年後の開催。 木下蔭狭間合戦「竹中砦の段」、人形付再演87年ぶりとか。錣さんの語りと藤蔵さんの三味線!2回公演は勿体ない!人形も沢山出て緩急ある演目、なかなか難… https://t.co/cHBv5nZZQG

    約2ヶ月前

  39. ロームシアターで『木下蔭狭間合戦「竹中砦の段」』『端模様夢路門松』観てきましたよー。どちらもストーリーとしても面白いし床も人形も大活躍で楽しかった! どうぞ本公演でかかりますように!前者は通し狂言としての復活も願うわ。国立劇場制作部の皆さまどうかー #観劇ぶん #文楽

    約2ヶ月前

  40. 「端模様夢路門松」は、他の方もおっしゃる通り、落語「ツメ人情」を連想させる。 しかし、初演がS59年3月ということで、こちらが先行。 勘十郎師はじめ、主遣いの方々が遣う、ツメ人形の、なんとイキイキとしたこと! 主役の門松は、風格す… https://t.co/xuwbnxnagf

    約2ヶ月前

  41. 端模様夢路門松 木下蔭狭間合戦 竹中砦の段 端模様、快諾、 竹中に勘十郎さんが絶句 竹中、藤蔵さん、快諾、 錣太夫さんにお願いしよう、絶句、 そも、端模様、 嶋太夫さんに、お願いしに、、 ツメはさらっと語るもんなんや、 そこを… https://t.co/J2nhfD0EOY

    約2ヶ月前

  42. 「木下蔭狭間合戦」の竹中砦を人形付きで見る機会は今後もそうそうないだろうと思い、行ってきた。U先生に2年ぶりくらいでお目にかかれて嬉しかった。だいぶ東京からのお方にお会いしましたなあ。

    約2ヶ月前

  43. 人形ついた上演は87年ぶりという「竹中砦の段」派手でおもしろかったーー。 https://t.co/UcgiUQnj7w

    Evtpoacviaahizp

    約2ヶ月前

  44. 1年越しのロームシアター文楽 演目もトークも感激 端模様夢路門松 つめ人形は左手も足も使えない なのに伊左衛門 相当技術が必要でしょう ものすごく密になるけど 人形遣いさん、みんな頭巾被った黒衣 大勢でとても楽しいハッピーエンド… https://t.co/IMF8UoNqKQ

    約2ヶ月前

  45. 端模様夢路門松、勘十郎師の人形への愛に満ち溢れた演目。ツメ人形が大好きなんだなー。ツメを扱いながらこんなこと考えていたのかしらと思うとますますファンになるだろずるいぞww

    約2ヶ月前

  46. あと、昨日観た文楽「竹中砦の段」(87年ぶりの復活上演)、開演前に相関図見てたら、主人公・官兵衛の娘が「千里」という名前で、変な妄想が膨らんだけど、幕開いたら、普通に黒髪のお人形だった。当たり前か。

    約2ヶ月前

  47. 昨日はロームシアター京都で、シリーズ 舞台芸術としての伝統芸能 Vol.3 人形浄瑠璃 文楽『木下蔭狭間合戦「竹中砦の段」』『端模様夢路門松』。たいへん見応えのある作品でした。文楽初心者としては演者さんのトークが聞けるのも貴重なこ… https://t.co/HURtP7oEYK

    約2ヶ月前

  48. 1/2: ロームシアター京都での文楽は 珍しい演目二本。 「木下蔭狭間合戦」 87年ぶりの復曲奏演の藤蔵。 桶狭間の合戦で腹切り、喉刺しで 後半の雄叫びたるや。。。 三味線の皮が破れることも予想して、 最初から脇に控えの一棹が置い… https://t.co/CB9upqlyZM

    約2ヶ月前

  49. 2021年2月京都『木下蔭狭間合戦』七冊目切「竹中砦」 写真の本は旧蔵者未詳のため入章者も不明。書入れの「五代広助 切」は、1889明治22年3月・大阪御霊文楽座興行で、3代竹本津太夫と勤めた折の記録か。 本文省略の指定もあり、… https://t.co/eSZzAnaSFF

    約2ヶ月前

  50. 2021年2月京都『木下蔭狭間合戦』七冊目切「竹中砦」 写真一枚目の「むら・仙左衛門」は、1834天保5年2月・大坂稲荷社内東芝居興行時の配役で、むら太夫は同年12月に4代綱太夫となるひと。三味線は3代豊沢広助。 二枚目「鶴沢善… https://t.co/m39Zt4gRWu

    約2ヶ月前

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大