演劇

劇団こふく劇場プロデュース公演 #14

25馬力+こふく劇場『小林三姉妹~幸せのパン種~』

劇団こふく劇場

高原町総合保健福祉センター「ほほえみ館」(宮崎県)

2008/12/05 (金) ~ 2008/12/05 (金) 公演終了

上演時間:

『ねえさん、ありがとう。タロ、ありがとう。』

2005年10月に初演され、たくさんの感動と、たくさんの笑いが劇場を包んだ、大好評の作品が帰ってきました。 25馬力とこふく劇場の個性的な俳優陣に新キャストも加え、ますます充実の物語となっています。
終戦から63年、けれど今だから宮崎に暮ら...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2008/12/05 (金) ~ 2008/12/05 (金)
劇場 高原町総合保健福祉センター「ほほえみ館」
出演 あべゆう、上元千春、濱砂崇浩、大浦愛、神水流じん子(劇団25馬力)、山室曹俉(劇団25馬力)、中嶋友紀(劇団25馬力)、中窪由唯(劇団25馬力)、中村大介(劇団25馬力)、仮屋美千子(フリー)、鬼束雄人(フリー)
脚本 藤井貴里彦
演出 永山智行
料金(1枚あたり) 1,000円 ~ 2,000円
【発売日】
全席自由
一般:¥1,800(当日:¥2,000)
小中高生:¥1,000(当日:¥1,200)

会場:ほほえみ館神武ホール(高原町総合保健福祉センター)
サイト

http://www.cofuku.com/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 『ねえさん、ありがとう。タロ、ありがとう。』

2005年10月に初演され、たくさんの感動と、たくさんの笑いが劇場を包んだ、大好評の作品が帰ってきました。 25馬力とこふく劇場の個性的な俳優陣に新キャストも加え、ますます充実の物語となっています。
終戦から63年、けれど今だから宮崎に暮らす多くのこどもたち、そして、おとなたちにみていただきたい作品です。どうぞご期待ください。


☆ものがたり☆

昭和30年代初め、コバヤシ市。小さなパン屋、”タロのパン”は営業休止状態。父の清吉が、瓶の蓋を開けようとして体を壊し、惚けて、パン作りを忘れてしまったのだ。名古屋に嫁いで行った次女・あかね、バスの車掌の三女・たまみ、高校3年生の四女・かおり、そして母ハツエのこの家族には、けれどどうしても忘れられないことがあった。それは終戦直前に空襲で亡くなった、長女・めぐみのことだった・・・。当時の懐かしい歌謡曲を交えて、家族やこの店を取り巻くおかしな人々に起こる、悲喜交々を描いた笑いと涙の物語。


◇お客様からの感想(三股公演より)◇

「人と人とのつながりに涙しました。かれていた心がうるおった気がします」
「たくさん笑いました。たくさんの涙もあふれました。
 家族のこと、命のこと、夢のことたくさん考えさせられる作品でした。」
「初演の時もでしたが、今回も涙腺刺激されまくりでした。
 まさに笑って泣いて、優しい気持ちになれるお芝居です。元気が出ました。」
その他注意事項
スタッフ 【照明】工藤真一(ユニークブレーン)、川田京子(ユニークブレーン)
【音響】日高充美
【衣裳】仮屋美千子・阿部由
【美術】濱砂崇浩
【音楽】上元千春・中村大介

[情報提供] 2008/11/17 10:58 by 劇団こふく劇場 制作スタッフ

[最終更新] 2008/11/17 13:22 by こりっち管理人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大