オペラ

東京芸術劇場30周年記念公演 東京芸術劇場シアターオペラvol.14

モーツァルト/歌劇『フィガロの結婚』~庭師は見た!~(再演)

東京芸術劇場

東京芸術劇場 コンサートホール(東京都)

他劇場あり:

2020/10/30 (金) ~ 2020/11/01 (日) 開幕前

休演日:10月31日

上演時間:

衝撃の初演から5年、オペラ界の”黒船”が再びやってくる!
野田版『フィガロの結婚』~庭師は見た!~待望の再演決定!

2015年、前代未聞のアプローチをした『フィガロ』が産声を上げた。井上道義総監督・指揮、野田秀樹演出による全く新しい『フィガロ』の誕生である。コンテ(伯爵)、コンテッサ(...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2020/10/30 (金) ~ 2020/11/01 (日)
劇場 東京芸術劇場 コンサートホール
出演 ペーター・ボーディング、クライニコヴァ、小林沙羅、大山大輔(10月30日)、寺田功治(11月1日)、ミハウ・スワヴェツキ、森山京子、三戸大久、黒田大介、三浦大喜、コロンえりか、廣川三憲、藤井玲南、中川郁文
作曲 モーツァルト
演出 野田秀樹
料金(1枚あたり) 1,000円 ~ 16,000円
【発売日】
【全席指定・税込】
S席 14,000円
A席 10,000円
B席 8,000円
C席 6,000円
D席 4,000円
E席 2,000円
SS席 16,000円
高校生以下 1,000円
サイト

https://www.geigeki.jp/performance/concert212/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 2020年10月30日 (金) 18:30開演
2020年11月01日 (日) 14:00開演
説明 衝撃の初演から5年、オペラ界の”黒船”が再びやってくる!
野田版『フィガロの結婚』~庭師は見た!~待望の再演決定!

2015年、前代未聞のアプローチをした『フィガロ』が産声を上げた。井上道義総監督・指揮、野田秀樹演出による全く新しい『フィガロ』の誕生である。コンテ(伯爵)、コンテッサ(伯爵夫人)、ケルビーノが外国から日本にやってきて、フィガロが日本語でアリアを歌い始める1幕冒頭……オペラファンの度肝を抜いた衝撃の初演から5年、オペラ界の”黒船”が再びやってくる!
外国人歌手は、2013年&14年シアターオペラ『こうもり』(アイゼンシュタイン)、『メリー・ウイドウ』(ダニロ)で、歌・演技を両立した最高のパフォーマンスを披露したペーター・ボーディングが、ヨーロッパの数々の劇場で持ち役とするコンテ役で再登場。コンテッサには、ボリショイ劇場、パリ・オペラ座などで歌う、容姿端麗、優雅なアンナ・クライニコヴァが登場。ケルビーノは、ポーランドから彗星のごとく現れた若手カウンターテナーのミハウ・スワヴェツキが日本デビューする。フィガロ、スザンナは前回同様、大山大輔、小林沙羅が再登場。フィガロのWキャストとして著しく声の充実を迎えた寺田功治が東京公演で初登場。野田版『フィガロ』の申し子ともいえる庭師”アントニ男”は前回に引き続き、演技のみならず百戦錬磨のオペラ歌手と渡り合う重唱を聴かせる廣川三憲が務める。
充実の新メンバーを迎え、野田版『フィガロの結婚』~庭師は見た!~がいよいよ待望の再演決定!
その他注意事項 ※未就学児入場不可。
スタッフ 曲目:モーツァルト/歌劇『フィガロの結婚』
指揮・総監督:井上道義

声楽アンサンブル:藤井玲南 中川郁文 増田弓 鳥谷尚子 新後閑大介 平本英一 
東玄彦 長谷川公

演劇アンサンブル:川原田樹 菊沢将憲 近藤彩香 佐々木富貴子 末冨真由 花島令 
上村聡 的場祐太

合唱:ザ・オペラ・クワイア
管弦楽:ザ・オペラ・バンド

[情報提供] 2020/07/29 10:26 by CoRich案内人

[最終更新] 2020/07/30 13:21 by こりっち管理人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大