東京芸術劇場

えずこホール(仙南芸術文化センター)(宮城県)

他劇場あり:

2020/12/05 (土) ~ 2020/12/05 (土) 開幕前

上演時間:

人は人に恋してるのじゃない。

星だの、月だの、太陽だの、
ただの石ころで着飾ったコトバに
恋してるだけなのさ。


創業130年の割烹料理屋「ハナキン」。
その娘・ときたまご(ハーミア)【北乃きい】には許婚がいた。
板前のデミ(デミトリアス)【加治将樹】である。
デミはと...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2020/12/05 (土) ~ 2020/12/05 (土)
劇場 えずこホール(仙南芸術文化センター)
出演 鈴⽊杏、北乃きい、加治将樹、⽮崎広、今井朋彦、加藤諒、⻑⾕川朝晴、⼭中崇、河内⼤和、⼟屋佑壱、他
脚本
演出 シルヴィウ・プルカレーテ
料金(1枚あたり) 0円 ~ 0円
【発売日】
※チケット代不明のため、暫定的に¥0としています。
サイト

https://www.midsummer-nights-dream.com/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 12月5日(土) 13:00
説明 人は人に恋してるのじゃない。

星だの、月だの、太陽だの、
ただの石ころで着飾ったコトバに
恋してるだけなのさ。


創業130年の割烹料理屋「ハナキン」。
その娘・ときたまご(ハーミア)【北乃きい】には許婚がいた。
板前のデミ(デミトリアス)【加治将樹】である。
デミはときたまごを愛していたが、彼女は板前のライ(ライサンダー)【矢崎広】に恋心を寄せていた。
ときたまごとライは〈富士の麓〉の「知られざる森」(アーデンの森)へ駆け落ちする。
それを追いかけるのはデミと、彼に恋をしている娘・そぼろ(ヘレナ)【鈴木杏】。
森では妖精のオーベロンとタイテーニアが可愛い拾い子をめぐって喧嘩をしている。
オーベロンは媚薬を使ってタイテーニアに悪戯をしようと企み、妖精のパックに命令する。
ついでにそぼろに冷たくするデミにも媚薬を使おうと思いつく。
しかし悪魔メフィストフェレスが現れ、パックの役目を盗みとる。
そこに「ハナキン」に出入りしている業者の面々が結婚式の余興の稽古にやって来て、事態はてんやわんやに……。
その他注意事項 2020.07.16 チケット発売日について
https://www.midsummer-nights-dream.com/article/2

※未就学児はご入場いただけません。
スタッフ 原作:ウィリアム・シェイクスピア 小田島雄志訳「夏の夜の夢」より
潤色:野田秀樹
演出:シルヴィウ・プルカレーテ

舞台美術・照明・衣裳:ドラゴッシュ・ブハジャール
音楽:ヴァシル・シリー
映像:アンドラシュ・ランチ
音響:井上正弘
照明コーディネート:阿部康子
ヘアメイク:鎌田直樹
演出補:山田由梨
演出助手:𠮷中詩織
通訳:加藤リツ子
舞台監督:中村貴彦
技術監督:小林清隆

宣伝美術:永瀬祐一
宣伝カメラマン:岡千里
宣伝ヘアメイク:鎌田直樹
宣伝:ディップス・プラネット

主催:
公益財団法人東京都歴史文化財団 東京芸術劇場
東京芸術祭実行委員会〔豊島区、公益財団法人としま未来文化財団、フェスティバル/トーキョー実行委員会、公益財団法人東京都歴史文化財団 東京芸術劇場・アーツカウンシル東京〕
後援:在日ルーマニア大使館
企画制作:東京芸術劇場
協力:
NODA・MAP
日本シェイクスピア協会

助成:
令和2年度 文化庁 国際文化芸術発信拠点形成事業
(芸劇オータムセレクション)
一般財団法人地域創造

[情報提供] 2020/07/17 10:18 by CoRich案内人

[最終更新] 2020/07/19 21:09 by こりっち管理人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大