48BLUES

アトリエフォンテーヌ(東京都)

2008/11/28 (金) ~ 2008/11/30 (日) 公演終了

上演時間:

冬と言えばご存知、忠臣蔵。
 しかし、この元禄太平バブルに起きた「赤穂事件」。実はなぜ、浅野内匠頭が吉良上野介に斬り つけたか謎のままだある。
 そこには、時の5代将軍犬公方綱吉の懐刀、柳沢吉保の権謀術数が渦巻いていた。将軍の片手落ちの採決に憤りと野次馬根性全開の民衆。その世論を逆手に取り...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2008/11/28 (金) ~ 2008/11/30 (日)
劇場 アトリエフォンテーヌ
出演 石崎健二((株)スターズウェイ)、十河ひろあき、江戸田健司(豪勢堂)、大濱琥太郎、市村圭蔵、ほりかわひろき、帖佐侠成、ヤナカケイスケ(オッセルズ)、井生忠孝
脚本 大浜小浜
演出 大浜小浜
料金(1枚あたり) 3,500円 ~ 3,800円
【発売日】
前売り3,500円、当日3800円
サイト

http://48blues.com

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 冬と言えばご存知、忠臣蔵。
 しかし、この元禄太平バブルに起きた「赤穂事件」。実はなぜ、浅野内匠頭が吉良上野介に斬り つけたか謎のままだある。
 そこには、時の5代将軍犬公方綱吉の懐刀、柳沢吉保の権謀術数が渦巻いていた。将軍の片手落ちの採決に憤りと野次馬根性全開の民衆。その世論を逆手に取り、放たれた一人の刺客。その名は、心中物作家の旗手、近松門左衛門。
 次々と仇討ち賛美の「武士の鑑」として描かれる「仮名手本忠臣蔵」に、浅野家倒産後再就職を探し全く討ち入る気のない大石内蔵助は困り果て、始めは英雄気取りの浪士の面々も実像と虚像のギャップに苦しむ。更には悪役に仕立てられ気を病む、小心者の吉良。徐々に再就職有利の討ち入りへと追い詰められていく。
が、しかし・・・。

向こう100年幕府の安泰。いや、日本人に親方日の丸ヨロシク、武士道マインドコントロールを植えつけた忠臣蔵にメスを入れ、荒唐無稽、抱腹絶倒の大河ロマンにヨンパチが挑む!
その他注意事項
スタッフ 【照明】青木大輔((株)アステック)
【音響】伊藤一巳
【舞台監督】栄麗子((有)加藤事務所)
【衣装】伊勢英伸
【フライヤー】松崎正和
【舞台写真】土居雄一
【広報】秋山明美
【Webデザイン】ヨネクラクミコ

[情報提供] 2008/11/08 19:29 by ロッキー

[最終更新] 2008/12/02 11:15 by ロッキー

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー4

市村圭蔵

市村圭蔵(0)

いわゆる勧善懲悪ではない忠臣蔵です。 ぜひ、観に来て...

ジョル

ジョル(0)

今月2本目が48BLUES。 特攻隊の心積もりでござ...

あけみ

あけみ(3)

殺陣に興味のあるかた必見です☆

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大