演劇

広田ゆうみ+二口大学 2020年ツアー

眠っちゃいけない子守歌

0 お気に入りチラシにする

演劇

広田ゆうみ+二口大学 2020年ツアー

眠っちゃいけない子守歌

広田二口企画

津あけぼの座(三重県)

他劇場あり:

2020/06/20 (土) ~ 2020/06/21 (日) 公演終了

上演時間:

-私は話がしたいだけだよ・・・・。私がここに坐って、お前さんがそこに坐って、

演劇ユニット「このしたやみ」の上演でお馴染みの俳優・広田ゆうみと二口大学による、日本の不条理演劇の第一人者・別役実の上演が2017年の「いかけしごむ」、2018年の「この道はいつか来た道」、2019年「クランボ...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2020/06/20 (土) ~ 2020/06/21 (日)
劇場 津あけぼの座
出演 広田ゆうみ、二口大学
脚本 別役実
演出 広田ゆうみ
料金(1枚あたり) 1,000円 ~ 2,500円
【発売日】
一般 前売・予約・当日 2500円
U-22 前売・予約・当日 1000円
※U-22は22歳以下の方ならどなたでも適用いたします。当日年齢が分かるモノをご提示下さい。
サイト

http://akebonoza.net/200620play.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 6月20日(土) 19時開演★
6月21日(日) 14時開演
※開場は開演の30分前から
★6月20日公演はアフタートークあり ゲスト:松原豊さん(写真師・Office365番地)
説明 -私は話がしたいだけだよ・・・・。私がここに坐って、お前さんがそこに坐って、

演劇ユニット「このしたやみ」の上演でお馴染みの俳優・広田ゆうみと二口大学による、日本の不条理演劇の第一人者・別役実の上演が2017年の「いかけしごむ」、2018年の「この道はいつか来た道」、2019年「クランボンは笑った」と上演し、2020年がいよいよ第4弾。
広田+二口企画は2010年に結成、別役実作品の上演を中心に、文藝作品などに広田・二口が出演して取り組んでいます。
 今回の上演するのは「眠っちゃいけない子守歌」。1984年に初演された別役実51作目の戯曲。いろいろなことを忘れてしまった。忘れてしまったことも忘れてしまった。
何一つない男の部屋に「話し相手」の女が訪れる・・・。
別役実は今年3月に逝去。日本における不条理劇の第一人者であるだけでなく、エッセイや評論・童話など幅広く手掛けた別役実の世界をお楽しみください。
新型コロナウイルスの影響で、三重公演を経て、松山・京都へと公演いたします。

その他注意事項
スタッフ 舞台監督:山中秀一(現場サイド)
宣伝美術:橋本純司(橋本デザイン室)
制作:油田晃(特定非営利活動法人パフォーミングアーツネットワークみえ)

[情報提供] 2020/06/30 10:34 by CoRich案内人

[最終更新] 2020/06/30 10:37 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大