TAKE IT EASY!

HEP HALL(大阪府)

2009/01/16 (金) ~ 2009/01/18 (日) 公演終了

上演時間:

映画世界と現実を行き交いながら、時を超えて語られるラブ・ストーリー「千年女優」を、神戸の演劇ユニット・TAKE IT EASY! が初の舞台化。脚本・演出にピースピットの末満健一、音楽にデス電所の和田俊輔を迎え、5 人の女優たちが疾走するアニメ世界をリアルに立ち上がらせる!

------...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2009/01/16 (金) ~ 2009/01/18 (日)
劇場 HEP HALL
出演 清水かおり、山根千佳、中村真利亜、前渕さなえ、松村里美
脚本 末満健一(ピースピット)
演出 末満健一(ピースピット)
料金(1枚あたり) 2,500円 ~ 3,500円
【発売日】2008/11/22
一般 3,500円 学生 2,500円[全席指定]
サイト

http://www.tekuiji.com

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 映画世界と現実を行き交いながら、時を超えて語られるラブ・ストーリー「千年女優」を、神戸の演劇ユニット・TAKE IT EASY! が初の舞台化。脚本・演出にピースピットの末満健一、音楽にデス電所の和田俊輔を迎え、5 人の女優たちが疾走するアニメ世界をリアルに立ち上がらせる!

--------------------------------------------

メッセージ

私がかねてより思っていた密かな願いはこんなことです。
「誰か『千年女優』を舞台化してくれないだろうか?」
『千年女優』完成以来、数回の年末大掃除を迎えましたが、この無邪気な思いつきの断片を処分してしまわなくて良かったと思います。原作・監督の私としては『千年女優』を舞台化することについてまったく異存はない、どころかこちらからお願いしたいほどです。それも本作のルーツである「惑星ピスタチオ」メンバー、末満健一氏の手による演出とは!この巡り合わせそのものに、何やら『千年女優』的因果律を感じるではありませんか。大賛成。(今 敏)

ひとりの女優の人生と、とりまく人々を、5 人の女優のみで演じ切る。
野田秀樹がもとは漫画原作であった「半神」をひとつの独立した舞台作品に仕上げたように、舞台ならではの演出で「千年女優」をみせたい!(末満健一)

--------------------------------------------

「千年女優」作品紹介

今 敏原案・監督、マッドハウス制作のアニメーション映画。2002 年9 月劇場公開。
映画世界と現実を行き交いながら、時を越えて語られるラブ・ストーリー。時代は千代子が女優になった戦後の日本から始まり、出演した映画の舞台である戦国時代、幕末の混乱期、文明開化の明治、戦中の昭和を駆け巡る。淡い初恋の人の影を追いかけながら、ひたすら運命を切り開いていく千代子の人生は、見ている人々を時空を飛び超えた千年の旅へと誘う。その壮大なロマンは高く評価され、文化庁メディア芸術祭アニメーション部門大賞をはじめ、数々の賞を受賞している。スピルバーク率いるドリームワークスによって、全世界に配給された。

--------------------------------------------

ストーリー

かつて一世を風靡した女優の語る一代記…のはずが、その思い出はいつの間にか彼女が出演した映画のエピソードと渾然一体となり、彼女の話を聞くインタビューアー二人を巻き込んでの波瀾万丈の物語になって行く。

関東大震災と共に生まれたその人、藤原千代子。
千代子の話は戦争の足音が近づく帝都東京から始まり、満州に舞台を移したかと思うと、あろうことか、はるか戦国時代に時を移し、彼女は燃える城で姫君に姿を変えたかと思いきや、はたまた江戸時代のくの一に扮して侍相手に大立ち回りを演じ、ときに幕末の遊女に身をやつしては上の太夫にいじめられ、町娘に姿を変えて幕末の京都をひた走れば新撰組に脅され、明治の牢獄で官憲にいたぶられながらも必至に耐えた彼女が、やっとの思いで獄舎を抜け出したその先は昭和の大空襲……。
彼女は映画という虚構と現実の間を自由に行き来しながら、時間と空間を越えて行く。
その千代子の想いはただ一つ。
初恋の殿方に一目会いたい。

その男は絵描きであった。
戦前、官憲に追われて怪我をしていたところを千代子が家の蔵にかくまったのがすべての始まり。彼に初恋とも呼べぬほどの淡い思いをいだく千代子だったが、軍国主義が二人の間を引き裂く。
遂げられぬ再会の約束と残された大切な彼の人の「鍵」を携え、様々な時代の中で戦国の武将、幕府に捕まった罪人や尊皇攘夷の志士へと姿を変える「鍵の君」を追って千代子はどこまででも走って行く。そして彼女が走った道のりの分だけ、彼の人への想いも深まって行く。
千代子の行く手には「鍵の君」を捕らえようとする官憲の男や彼女を目の敵にする女優が、やはり時代に応じた姿で手を変え品を変えて立ちはだかる。

そんな千代子の昔語りに翻弄される二人のインタビューアー。
二人は彼女の回想に入り込み、ときに彼女に置き去りにされながらも、彼女の後を追って共に時代の旅をする。
彼女のファンである初老の男、立花源也は目の前で繰り広げられる映画の名シーンに大いに感激、思わずその役柄になりきり、ときに戦国武将、あるいは股旅者に姿を変えては彼女の危機を救いに現れる。かたや白け気味のカメラマン井田恭二は呆れながらも彼女の壮大なホラ話に引き込まれ、不平ばかりを口にしつつも否応なく壮大な時の冒険へと連れて行かれる。

時代を超え、あたかも千年の間、愛しの君を追ってひたすら走り続ける千代子。
やっとの思いで辿り着いた未来の月面で果たして彼女が見るものは……?
その他注意事項
スタッフ 原作:今 敏
脚本・演出:末満健一(ピースピット)
音楽:和田俊輔(デス電所)
出演:清水かおり 中村真利亜 前渕さなえ 松村里美 山根千佳

舞台監督:久保克司(スタッフステーション) 
舞台監督助手:佐々木智史 
照明:大塚雅史(DASH COMPANY)
舞台美術:堀容子 
音響:児島塁(Quantum Leap*) 
ヘアメイク:KOMAKI 
衣装:ヨダミカ(Gato-Gato)
宣伝写真・記録撮影:堀川高志(kutowans studio) 
制作:寺井祐子 
宣伝美術・プロデューサー:水口美佳

企画制作:TAKE IT EASY!
協力:マッドハウス、「千年女優」製作委員会

[情報提供] 2008/11/03 11:47 by Mizuguchi

[最終更新] 2011/01/22 08:51 by TERAI

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー9

TERAI

TERAI(0)

_

s.k

s.k(0)

公演に関わっています

t.y

t.y(0)

公演に関わっています。

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大