文学座

東京芸術劇場 シアターウエスト(東京都)

2008/12/02 (火) ~ 2008/12/10 (水) 公演終了

上演時間:

 文学座では、座員であれば誰でも上演作品の企画を提案することができます。若い座員のイキのいいアンテナからベテラン座員の成熟した感性まで総動員で文学座の多彩なレパートリーは検討されるのです。さて、今回は笑って笑って、最後に感動のビッグ・ウェイブがドーンと押し寄せる“サタケ・ワールド”に惚れこんだ...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2008/12/02 (火) ~ 2008/12/10 (水)
劇場 東京芸術劇場 シアターウエスト
出演 渡辺徹、松岡依都美、奥山美代子、中村彰男、吉野実紗、高橋克明、助川嘉隆、金沢映子、石橋徹郎、粟野史浩、頼経明子、亀田佳明、小林勝也、横田剛基(東京児童劇団)、若林航平(東京児童劇団)、くさの万葉、西岡野人
脚本 サタケミキオ
演出 高瀬久男
料金(1枚あたり) 2,500円 ~ 5,500円
【発売日】2008/11/01
全席指定・税込
一般:5,500円 ユースチケット:3,800円(25歳以下/取り扱いは文学座のみ) 中・高校生:2,500円(取り扱いは文学座のみ)
サイト

http://www.bungakuza.com/rouge08/index.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明  文学座では、座員であれば誰でも上演作品の企画を提案することができます。若い座員のイキのいいアンテナからベテラン座員の成熟した感性まで総動員で文学座の多彩なレパートリーは検討されるのです。さて、今回は笑って笑って、最後に感動のビッグ・ウェイブがドーンと押し寄せる“サタケ・ワールド”に惚れこんだ渡辺徹がぜひ文学座に新作を書いてくださいとサタケミキオさんをクドキおとしたところから始まった企画です。 今はさびれた銭湯を舞台に、文学座の個性派俳優たちが繰り広げるハートフル・コメディ。演出には渡辺徹とは文学座同期生の高瀬久男が当たり、二人は若き日の芝居への夢を甦らせて本作品に挑んでいます。
その他注意事項 ● ご観劇当日、ユースチケットのお客様は年齢を証明するものをご持参下さい。
● 未就学児童のご入場はご遠慮下さい。
● 車イスでご来場のお客様は、必ずご観劇前日までにご購入席番を文学座までご連絡下さい。
スタッフ 作・サタケミキオ
演出・高瀬久男

装置・石井強司
照明・金 英秀
衣裳・宮本宣子
音楽・門司 肇
音響効果・藤田赤目
舞台監督・寺田 修
演出補・五戸真理枝
制作・友谷達之
票券・最首志麻子
イラスト・ラジカル鈴木
デザイン・SALLY CHAN DESIGNS

[情報提供] 2008/10/31 23:21 by CoRich案内人

[最終更新] 2008/12/14 00:07 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大