演劇

劇団海賊ハイジャック第7回本航演

鬨、唾棄すべき

デザイン:黒田哲平

0 お気に入りチラシにする

演劇

劇団海賊ハイジャック第7回本航演

鬨、唾棄すべき

Voyantroupe

ザムザ阿佐谷(東京都)

2008/12/05 (金) ~ 2008/12/08 (月) 公演終了

上演時間:

 ーマレーの虎と呼ばれた男がいた。
       彼は三千の悪意にさらされながら、
             愛するこの島を守り続けたー

 ナンマドール。
 それはもの言わぬ民の暮らす、語らない島。
 
 彼らは文字も、思想も、主張も持たず
 たとえ目の前で悲劇が...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

動画1

すべて見る

12月航演『鬨、唾棄すべき』
皆様のご乗船、心よりお待ちしております!!

公演詳細

期間 2008/12/05 (金) ~ 2008/12/08 (月)
劇場 ザムザ阿佐谷
出演 山下諒、渡辺一人、五ノ井宇、宇野正玖、棟熊琢巳、風見夢子、川添美和、飯島紳互、片山敦郎、蓑輪優花、中武智枝
脚本 宇野正玖
演出 宇野正玖
料金(1枚あたり) 1,900円 ~ 2,800円
【発売日】2008/11/14
一般 2,800円
学生 2,200円
平日昼割引 1,900円(8日昼公演のみ)
サイト

http://kyjack.com/7th/top

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明  ーマレーの虎と呼ばれた男がいた。
       彼は三千の悪意にさらされながら、
             愛するこの島を守り続けたー

 ナンマドール。
 それはもの言わぬ民の暮らす、語らない島。
 
 彼らは文字も、思想も、主張も持たず
 たとえ目の前で悲劇が起ころうとも、
 黙って涙を流し、やがて微笑むのでした。

 かつて、マレーの虎と呼ばれた男がいました。
 彼は殺された妹の復讐に燃え、仲間を率いて
 愛するこの島のために闘いました。

 ついに仇を追いつめた彼は、
 積年の怨恨を銃弾に込め、激情と共に撃ち込みます。

 しかし、銃弾を浴びたはずのその男は、 微笑んで言いました。
 
 『出会えて良かった…』

 その日。彼は突然姿を消しました。

 
 そして残された仲間達は、耳を疑う噂を聞きつけます。
 「ハリマオが、敵に寝返った…!!」

 
 かつて彼が佇み、
 沈黙と微笑みを残した入り江に、 
 皆様を船にてご案内致します。

 全てが  海に 解ける ー
 
 心に残る夕日を、ご覧下さい 。


 今回は、劇場が船になります !
 ナンマドールの夕日に間に合うように、出航致します。
 
 皆様のご乗船、心よりお待ちしております !!
 
その他注意事項
スタッフ 【照明】矢代倫子(HikariHonpo)【音響】UNO【衣装デザイン】Judy【衣装製作】Judy・中武智枝【小道具】申理華【宣伝美術】黒田哲平【企画制作】並木孝泰

[情報提供] 2008/10/31 22:46 by 黒田哲平

[最終更新] 2009/01/06 20:44 by uno

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー9

uno

uno(1)

現代の視点から歴史物語を作っております。

ピヨ彦

ピヨ彦(1)

出演しています♪

ともえ

ともえ(0)

役者も衣装も本気で頑張ってます*

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大