舞踊・バレエ

TPAM2020 TPAMディレクション

セクション19 – 地域でのダンス儀式

リー・レンシン

TPAM・国際舞台芸術ミーティング

横浜市内某所(儀式) / Kosha33 ホール(共有セッション)(神奈川県)

2020/02/08 (土) ~ 2020/02/15 (土) 公演終了

上演時間:

私のTPAMディレクション最終年度になる今回は、引き続きプラットフォーム、プレッシャー、パティシペーションという概念に注目し、プログラミングのポリティクスを考察しながら、その中でも「パティシペーション」に重点を置いてみたいと思います。アーティストはどのように自身を社会の中に位置づけるのか? そ...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2020/02/08 (土) ~ 2020/02/15 (土)
劇場 横浜市内某所(儀式) / Kosha33 ホール(共有セッション)
出演
演出
振付
料金(1枚あたり) 1,000円 ~ 1,000円
【発売日】
前売・当日¥1,000(共有セッション)
サイト

https://www.tpam.or.jp/program/2020/?program=seksyen-19

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 2.8 Sat - 2.14 Fri儀式

2.15 Sat共有セッション 13:00 (同時通訳あり) / 16:00 (通訳なし)

上演時間儀式:前日発表/共有セッション:60分

*儀式が行なわれる地域と時間は、前日の夜にこのウェブサイトのニュース欄で発表します。チケットは不要です。
説明 私のTPAMディレクション最終年度になる今回は、引き続きプラットフォーム、プレッシャー、パティシペーションという概念に注目し、プログラミングのポリティクスを考察しながら、その中でも「パティシペーション」に重点を置いてみたいと思います。アーティストはどのように自身を社会の中に位置づけるのか? そしてどのように問い、挑発し、挑戦するのか? 議論が終わるとき、社会/コミュニティに何が起こるのか?

レンシンの『セクション19』は、クアラルンプール近郊のペタリン・ジャヤの19区の中を歩き回ったり、そこで踊ったりするという日課を儀式として執り行なうことで、アーティストがコミュニティと関わり、その一部になろうとするプロジェクトです。ある場所において、あるひとつの身体の存在、移動、逸脱にどの程度の空間が与えられているか? 動き回る「スペクタクル」としてこの地域で18ヶ月存在し続けることで、レンシンとコミュニティの間にダンスについての/ダンスを通しての対話が生まれています。

TPAM2020では、レンシンはこの儀式を横浜のある地域で1週間執り行ない、最終日にそのプロセスを共有します。

ジューン・タン
その他注意事項 共有セッション:英語(13:00の回は同時通訳あり)
スタッフ プロジェクト:Lee Ren Xin

助成:Krishen Jit Astro Fund, Dance Nucleus, INXO Arts Fund, CENDANA Development Fund

[情報提供] 2020/02/10 14:38 by CoRich案内人

[最終更新] 2020/02/10 14:38 by CoRich案内人

この公演に関するツイート

初日1週間前から「団体名」と「公演タイトル」を含むツイートを自動表示します。
(ツイート取得対象にするテキストは公演情報編集ページで設定できます。)

  1. 先日のTPAMではリー・レンシン『セクション19–地域でのダンス儀式』に立ち合った。 記憶違いでなければ座・高円寺でのレクチャーで鳥公園の西尾さんが紹介していたアーティスト。 踊り続けることに〈?〉を浮かべがちの勘の悪い観客な… https://t.co/aatgqbtJX7

    2日前

  2. リー・レンシン『セクション19 – 地域でのダンス儀式』(共有セッション)。マレーシアのダンサー、レンシンは近所の小路で毎日ささやかなダンスを踊り続けることを通してそこに住む人々(多くは外国人労働者、その子供たち)との交流を続けている。(続く

    3日前

  3. TPAM 2020 リー・レンシン「セクション19 - 地域でのダンス儀式」 (@ kosha33 in Naka-Ku, Yokohama-Shi, Kanagawa) https://t.co/nvbrXWaAyc

    3日前

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大