アトリエ・センターフォワード

銀座みゆき館劇場(東京都)

2008/12/16 (火) ~ 2008/12/21 (日) 公演終了

上演時間:

川を挟んで内線状態にあるふたつの町。
その川の橋に狙いをつけるスナイパーと見張りの民兵たち。
みんなその川辺で育った。人を笑わすのが仕事だった者、鉱山労働者、少年。
ユーモアとともに生きている「普通の人々」が狂気の渦に巻き込まれていく…。
そして、恋人たちは命を賭して愛を証明する。
...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2008/12/16 (火) ~ 2008/12/21 (日)
劇場 銀座みゆき館劇場
出演 安藤瞳、井上智之、井上裕朗、眞藤ヒロシ、椿真由美、豊田茂、中山一朗、馬場恒行、矢内文章、和田啓作
脚本 矢内文章
演出 矢内文章
料金(1枚あたり) 2,500円 ~ 4,000円
【発売日】2008/10/25
前売り¥3800  当日¥4000  ※プレビューは前売・当日とも¥2500
サイト

http://www.centerfw.net/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 川を挟んで内線状態にあるふたつの町。
その川の橋に狙いをつけるスナイパーと見張りの民兵たち。
みんなその川辺で育った。人を笑わすのが仕事だった者、鉱山労働者、少年。
ユーモアとともに生きている「普通の人々」が狂気の渦に巻き込まれていく…。
そして、恋人たちは命を賭して愛を証明する。
勝つ側の論理と負ける側の論理。
「超暴力的な経済活動」にはどれだけの犠牲が必用だというのか?
ぼくたちにはどんな選択があるというのだろう?
 「選びなさい。憎しみか…それとも…」
これは、遠くて近い世界の出来事。
その他注意事項
スタッフ 作・演出/矢内文章
演出助手/カトウシンスケ 美術/宇野奈津子
照明/石島奈津子 音響/橋本絢加 ヘアメイクアドバイザー/鎌田直樹
舞台監督/井関景太 制作/松本恵美子 プロデューサー/冨士山和夫
主催/アトリエ・センターフォワード  OPTLAND ENTERTAINMENT JAPAN

[情報提供] 2008/10/27 12:20 by CoRich案内人

[最終更新] 2008/10/27 12:23 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大