演劇

『應典院舞台芸術祭 Space×Drama×Next 2019』「いのちに気づく演劇プログラム」

同郷同年

0 お気に入りチラシにする

演劇

『應典院舞台芸術祭 Space×Drama×Next 2019』「いのちに気づく演劇プログラム」

同郷同年

光の領地

浄土宗應典院 本堂(大阪府)

2020/03/26 (木) ~ 2020/03/29 (日) 開幕前

上演時間: 約1時間30分(休憩なし)を予定

田切、谷上、中本は同じ年、同じ町に生まれた「同郷同年」の中年男性である。農業、薬剤師、電力会社社員とそれぞれ職業は違っていたが、成人しても三人のつながりは子供のころと同様に深かった。ところが故郷の繁栄のために放射性物質の最終処分場の誘致に乗り出したことで、三人の「同郷同年」は危機にさらされる。...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2020/03/26 (木) ~ 2020/03/29 (日)
劇場 浄土宗應典院 本堂
出演 酒井高揚、イシダトウショウ、アンディ岸本
脚本 くるみざわしん(光の領地)
演出 髙橋恵(虚空旅団)
料金(1枚あたり) 2,500円 ~ 3,500円
【発売日】
前売券:3000円
当日券:3500円
18歳以下・應典院寺町倶楽部会員:2500円
未就学児無料
サイト

http://spacedrama.jp/next/hikari/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 3月26日(木)19:30
3月27日(金)14:00★/19:30
3月28日(土)14:00★/18:00
3月29日(日)13:00★/17:00
※受付・開場は開演の30分前
*★の回は終演後に下記のゲストをお招きし、以下のテーマで作家とのアフタートークをおこないます。
27日14時「生まれの縛り」ケイン樹里安さん(大阪市立大学都市文化センター研究員)
28日14時「分断される町・村」佐藤大介さん(ノーニュークスアジアフォーラムジャパン)
29日13時「国策—満州と原発」安岡健一さん(大阪大学文学研究科准教授)
説明 田切、谷上、中本は同じ年、同じ町に生まれた「同郷同年」の中年男性である。農業、薬剤師、電力会社社員とそれぞれ職業は違っていたが、成人しても三人のつながりは子供のころと同様に深かった。ところが故郷の繁栄のために放射性物質の最終処分場の誘致に乗り出したことで、三人の「同郷同年」は危機にさらされる。交錯する様々な思惑に翻弄され、二転三転の末、捻じれた「同郷同年」は三人を飲み込み、ひき千切ってゆく。

その他注意事項 関連企画「同郷同年」戯曲塾 講師:くるみざわしん
劇作のコツをわかりやすくお伝えします!全2回。申込不要。どちらか1回の参加も可能。
2月12日(水)「人物設定。キャラクターとは」
3月11日(水)「状況設定。場所と時間をどうする」
いずれも19時30分〜21時(開場19時)/会場:浄土宗應典院研究室A/参加費:500円
スタッフ 舞台監督 今井康平(CQ)
音響 大西博樹
照明 浦部喜行(浪花グランドロマン)
舞台美術 竹腰かなこ
宣伝写真 藤井智美
宣伝美術 JAM.cover
制作協力 広瀬ふゆ 他

[情報提供] 2020/01/29 20:22 by 広瀬ふゆ

[最終更新] 2020/02/13 22:38 by 広瀬ふゆ

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大