演劇

トリガーライン 第5回劇場公演

La Fiesta

Trigger Line

明石スタジオ(東京都)

2009/11/20 (金) ~ 2009/11/24 (火) 公演終了

上演時間:

トリガーラインが贈る、第5回劇場公演は、1996年ペルー在日本大使館公邸占拠事件をモチーフに、占拠した武装グループ、大使館公邸で囚われになった人質達、交渉にあたる政府交渉役のそれぞれの人間模様をお送りします。
「命がけで状況に向き合い、命がけ他者と向き合い、命がけで自身と向かうことを余儀なく...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2009/11/20 (金) ~ 2009/11/24 (火)
劇場 明石スタジオ
出演 林田一高、北川竜二、小松竜夫、涌井啓育、野々目良子、藍原直樹、尾川止則、日澤雄介、武藤文香、細目晃裕、平井えり花、奈良部夏子、柳澤由佳、さとうえりな、伊藤奈緒美、和田武
脚本 林田一高、水端兄(構成)
演出 林田一高
料金(1枚あたり) 3,000円 ~ 3,000円
【発売日】2009/10/27
前売り、当日共に 3000円
サイト

http://trigger-line.com

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 トリガーラインが贈る、第5回劇場公演は、1996年ペルー在日本大使館公邸占拠事件をモチーフに、占拠した武装グループ、大使館公邸で囚われになった人質達、交渉にあたる政府交渉役のそれぞれの人間模様をお送りします。
「命がけで状況に向き合い、命がけ他者と向き合い、命がけで自身と向かうことを余儀なくされた時、人は何が本当に大切なのかを知ることになる。」 ワークショップによって選ばれた16名のキャスト、そして、トリガーラインにはなくてはならないスタッフ陣が、可能な限りの創造力を駆使してお送りする作品にご期待下さい。
その他注意事項
スタッフ 美術  松本謙一郎
照明  松本永(光円錐) 吉村愛子(Fantasista?ish.)
音響  角張正雄(Soundcube) 
舞台監督  大地洋一 
演出補  北川竜二 柴田哲行
制作  塚原正和 水端兄 トリガーライン

協力 亀屋万年堂 トランクス 神之門隆広 堀内経光永
     紫村祐樹 舞台美術研究工房六尺堂

[情報提供] 2008/10/25 02:54 by トリガーライン

[最終更新] 2008/10/28 03:56 by トリガーライン

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー2

ゆーすけ

ゆーすけ(4)

初出演です。

coneoflight

coneoflight(2)

照明 その他(空間デザイン)

照明デザインをやっています。

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大