演劇

MONO第36回公演

床下のほら吹き男

MONO

吉祥寺シアター(東京都)

他劇場あり:

2009/02/06 (金) ~ 2009/02/15 (日) 公演終了

休演日:2/10(火)

上演時間:

小さな嘘をついた
すぐにそのことを忘れた
しばらくして……人から衝撃的な質問を受けた
私は気づく
小さな嘘が今や回収不可能なものに姿を変えていることに

そうした偽りの上に成り立つ日常と呼ばれるもの
床下で繰り広げられている世界のようなもの
光の中にある闇、闇に差し込む光
床...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2009/02/06 (金) ~ 2009/02/15 (日)
劇場 吉祥寺シアター
出演 水沼健、奥村泰彦、尾方宣久、金替康博、土田英生、亀井妙子(兵庫県立ピッコロ劇団)、ぼくもとさきこ(ペンギンプルペイルパイルズ)、松田青子、山岡徳貴子(魚灯)
脚本 土田英生
演出 土田英生
料金(1枚あたり) 2,300円 ~ 4,000円
【発売日】2008/11/29
前売 3,800円  当日4,000円
学生 2,800円 (前売・当日とも/MONOのみ取扱)
★2/6は割引料金→ 前売 3,300円 当日3,500円 学生
2,300円
【全席指定】 
サイト

http://c-mono.com/stage.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 小さな嘘をついた
すぐにそのことを忘れた
しばらくして……人から衝撃的な質問を受けた
私は気づく
小さな嘘が今や回収不可能なものに姿を変えていることに

そうした偽りの上に成り立つ日常と呼ばれるもの
床下で繰り広げられている世界のようなもの
光の中にある闇、闇に差し込む光
床の上と下で繰り広げられる滑稽話

MONO結成20年の新作。
その他注意事項
スタッフ 舞台監督:藤吉成三・北澤佳奈子
舞台美術:柴田隆弘
照明:吉本有輝子
音響:堂岡俊弘
衣裳:權田真弓・ 大野知英 [iroNic ediHt DESIGN ORCHESTRA]
演出助手:磯村令子
宣伝美術:西山英和[PROPELLER.]
制作助手:田平有佳
制作:垣脇純子・本郷麻衣
企画・製作・主催:有限会社キューカンバー
協力:株式会社LOG  魚灯 兵庫県立ピッコロ劇団 ペンギンプルペイルズパイルズ 真昼  radio mono 

[情報提供] 2008/10/11 13:21 by 華崎

[最終更新] 2013/03/05 23:23 by 華崎

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

このページのQRコードです。

拡大