凡人の言い訳

デザイン:渡邊まな実

0 お気に入りチラシにする

小田尚稔の演劇

新宿眼科画廊(東京都)

2020/04/10 (金) ~ 2020/04/15 (水) 開幕前

上演時間: 約1時間40分(休憩なし)を予定

「凡人の言い訳」は、プラトン(Plato:BC427-347)の『ソクラテスの弁明(Apology of Socrates)』(岩波文庫に所収の『クリトン(Crito)』も含めて)を題材にしながら、「よく生きる」ということについて考えたくて書いた戯曲です。
プラトンは「よく生きる」ということ...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2020/04/10 (金) ~ 2020/04/15 (水)
劇場 新宿眼科画廊
出演 郷田明希
脚本 小田尚稔
演出 小田尚稔
料金(1枚あたり) 2,300円 ~ 2,800円
【発売日】2020/01/01
全席自由席・日時指定
予約2500円 当日2800円 学生2300円
サイト

http://odanaotoshi.blogspot.com

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 2020年4月10日(FRI)-4月15日(WED) [全10回公演を予定]
4/10 (FRI) 19:15-
4/11 (SAT) 15:00- /19:15-
4/12 (SUN) 15:00- /19:15-
4/13 (MON) 15:00-/19:15-
4/14 (TUE) 15:00- /19:15-
4/15 (WED) 13:00-
説明 「凡人の言い訳」は、プラトン(Plato:BC427-347)の『ソクラテスの弁明(Apology of Socrates)』(岩波文庫に所収の『クリトン(Crito)』も含めて)を題材にしながら、「よく生きる」ということについて考えたくて書いた戯曲です。
プラトンは「よく生きる」ということについて次のように書いています。「一番大切なことは単に生きることそのことではなくて、善く生きることである〔略〕また善く生きることと美しく生きることと正しく生きることとは同じだということ」『ソクラテスの弁明 クリトン』(岩波文庫、久保勉訳、1927年、74頁)。
この演劇作品は、登場人物である三十路手前の女性の晩秋から春先へと季節が移り変わる数ヶ月間の日々を切り取った作品でもあります。上演では、彼女が感じたこと、悩んだこと、楽しかった出来事がその都度思い出され、それはさながら走馬灯のように、ときにプラトンの描くソクラテスの言説と併走しながら淡々と語られます。

「凡人の言い訳」も、2016年の初演から今回で四度目の公演です。この作品は出演者一名の演目で、過去に四名の女優さんに演じて頂いております。私自身、稽古も含めたこの作品の上演を恐らくこの世で一番観ているのですが、毎回演じて下さる俳優さんを身近で観ていて、それぞれに演じられる手つきが異なり、その都度発見や感慨を感じております。今まで携わって下さった俳優さん、スタッフさんには感謝しております。今回の上演では、郷田明希さんが演じて下さいます。
初心は変わらず、ご観劇下さったお客様が終演後少し幸せな気持ちになれますように、という心持ちで上演したいと思っております。
その他注意事項 ※ 受付は各回開演の40分前、開場は20分前です。
※4/14(SAT)19:15-の回は、上演の記録映像の撮影を予定しております(客席の一部に撮影用のカメラが入ることをご了承下さい)。
※ 飲食の持ち込みはご自由です(ただし、上演中、なるべく音の出ないようにお願いします)。
スタッフ 音楽 原田裕介
音響 久世直樹
記録映像撮影 南香好
宣伝美術 渡邊まな実
協力 シバイエンジン
企画・制作 小田尚稔

[情報提供] 2019/06/03 13:17 by oda

[最終更新] 2020/01/04 11:14 by oda

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大