演劇

さいたまネクスト・シアター 世界最前線の演劇3 [ヨルダン/パレスチナ]

演劇

さいたまネクスト・シアター 世界最前線の演劇3 [ヨルダン/パレスチナ]

朝のライラック

彩の国さいたま芸術劇場

彩の国さいたま芸術劇場・NINAGAWA STUDIO(大稽古場)(埼玉県)

2019/07/18 (木) ~ 2019/07/28 (日) 開幕前

休演日:7月22日(月)

上演時間:

絶望の淵に立つふたり
緊迫の一夜の物語

世界最前線の演劇シリーズ第3弾となる本作は、イスラーム国支配下のとある町で若い夫婦を襲った2015年9月の実話に着想を得て書かれました。宗教的にも社会的にも決して冒してはならない禁忌を孕んだニュースは、故郷パレスチナに心を寄せて活動する作者ガンナ...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2019/07/18 (木) ~ 2019/07/28 (日)
劇場 彩の国さいたま芸術劇場・NINAGAWA STUDIO(大稽古場)
出演 竪山隼太、手打隆盛、堀源起、松田慎也、茂手木桜子、中西晶、鈴木真之介、占部房子(小野事務所)
脚本 ガンナーム・ガンナーム
演出 眞鍋卓嗣
料金(1枚あたり) 2,000円 ~ 3,000円
【発売日】
<整理番号付自由席>
一般:3,000円
メンバーズ:2,700円
U-25:2,000円
※U-25:公演時25歳以下対象/劇場のみ取扱/入場時に身分証をご提示ください。
サイト

https://www.saf.or.jp/arthall/stages/detail/6666

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 7月18日(木)19:00
7月19日(金)14:00
7月20日(土)14:00
7月21日(日)14:00
7月22日(月)休演日
7月23日(火)14:00
7月24日(水)14:00
7月25日(木)14:00
7月26日(金)19:00
7月27日(土)14:00
7月28日(日)14:00
説明 絶望の淵に立つふたり
緊迫の一夜の物語

世界最前線の演劇シリーズ第3弾となる本作は、イスラーム国支配下のとある町で若い夫婦を襲った2015年9月の実話に着想を得て書かれました。宗教的にも社会的にも決して冒してはならない禁忌を孕んだニュースは、故郷パレスチナに心を寄せて活動する作者ガンナーム・ガンナーム氏を強く突き動かしました。
過激さで世界を震撼させる武装組織の支配下で、恐怖に包まれ暮らす人びとの声にならない叫び。同時代に失われていく無数の命とその痛みを言葉に変え、明るい未来が訪れるよう祈りを込めて描かれた本作に、どうぞご期待ください。

あらすじ
舞台は武装組織ダーイシュ(※)の支配下にある、中東の架空の町テル・カマフ。この町に住む夫婦、ドゥハー(「朝」の意)とライラクはともに芸術教師をしている。学校は軍事拠点にされ、生徒たちが次々と戦闘に加わり、町が支配の闇に包まれていく中、美しいライラクを手に入れようとする軍司令官と町の長老は、それぞれに非情な選択をドゥハーとライラクに迫る。

※ダーイシュ(Da'ish)とは「イスラーム国」を名乗る組織の他称。「イラク・シャームのイスラーム国(al-Dawla l-Islamiya fi l-Iraq wa sh-Sham)」のアラビア語の頭文字をとった、否定的な響きを持つ蔑称。同組織を支持しないアラブ人やアラビア語メディアは「イスラーム国」ではなく、「ダーイシュ」という呼称を用いることが多い。
その他注意事項 *全公演、終演後アフタートークあり
スタッフ 翻訳:渡辺真帆

[情報提供] 2019/05/21 18:30 by CoRich案内人

[最終更新] 2019/05/21 18:30 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大