フジテレビジョン

東京国際フォーラム ホールC(東京都)

2009/01/24 (土) ~ 2009/02/08 (日) 公演終了

上演時間:

1912年4月、イギリスのサウサンプトン港。
タイタニック号がニューヨークに向けて出港しようとしている。
組員の無線士、造船会社のオーナー、設計士、船長らが現れ、
続いて乗客がやって来る。

世界的な大富豪が名を連ねる一等船室のエリートたち。
二等船室は、中産階級の人々。そして、新...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2009/01/24 (土) ~ 2009/02/08 (日)
劇場 東京国際フォーラム ホールC
出演 松岡充、岡田浩暉、宮川浩、戸井勝海、Kimeru、諏訪マリー、入絵加奈子、華城季帆、浜畑賢吉、大澄賢也、光枝明彦、藤木孝、宝田明、他
作曲 モーリー・イェストン
脚本 ピーター・ストーン
演出 グレン・ウォルフォード
料金(1枚あたり) 6,000円 ~ 12,600円
【発売日】2008/09/27
SS席 12,600円 / S席 8,500円 / A席 7,000円
※全席指定・税込 ※未就学児の入場は御遠慮願います。
※平日公演は各1,000円引き。
サイト

http://www.titanic2009.jp/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 1912年4月、イギリスのサウサンプトン港。
タイタニック号がニューヨークに向けて出港しようとしている。
組員の無線士、造船会社のオーナー、設計士、船長らが現れ、
続いて乗客がやって来る。

世界的な大富豪が名を連ねる一等船室のエリートたち。
二等船室は、中産階級の人々。そして、新天地アメリカで一旗揚げようと希望に
燃える三等船室の移民たち。
誰もが、夢の豪華客船の歴史的処女航海に参加できる喜びに浸っている。
航海は順調に進む。
やがて、運命の4月14日を迎えた。

ディナーを終えた乗客たちは、それぞれ自分の時間を楽しんでいた。
その日の深夜。
船の見張り番が、突然氷山が目前に接近してくるのを発見した。
緊急事態に直面した船長、設計士、気船会社のオーナーは、
お互いに罪を擦り付け合う。
一方乗客は、女性と子供を優先して救命ボートに乗り込んだ。
運命は、幸せな家族の未来を無残にも引き裂く・・・。
そんな中、一緒に最期の時を迎えることを選択する老夫婦の姿もあった。

すべての救命ボートが船を後にすると、
タイタニック号は身も凍るような静寂感に包まれるのだった・・・。
その他注意事項
スタッフ ◆出  演
松岡充  岡田浩暉 宮川浩 戸井勝海 Kimeru
諏訪マリー 入絵加奈子 華城季帆  浜畑賢吉 大澄賢也 光枝明彦 藤木孝  宝田明 他
◆演  出 グレン・ウォルフォード
◆作曲・作詞 モーリー・イェストン
◆脚  本 ピーター・ストーン

◆翻訳・訳詞・演出補 寺﨑 秀臣
◆音楽監督 清水 恵介
◆振  付 佐々木信彦
◆美  術 島川 とおる
◆照  明 高見 和義
◆音  響 実吉 英一
◆衣  裳 十川 ヒロコ
◆ヘアメイク 田中 エミ(studio AD)
◆舞台監督 ダイ・レクト
◆制  作 杉田 靜生(Planning Office GS)
◆企  画 松野 博文
◆プロデューサー 種田 慶郎(フジテレビジョン) 萩原 義久(フジテレビジョン)

◆お問合せ テレドーム 0180-993-898(24時間テープ案内)
◆主  催 フジテレビジョン 朝日新聞社 ぴあ
◆企画・製作 フジテレビジョン

[情報提供] 2008/09/25 22:04 by CoRich案内人

[最終更新] 2010/06/12 01:12 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

このページのQRコードです。

拡大