※CoRich運営事務局はテーマの真偽について調査を行っておりません。募集情報に応募する前に、投稿者のプロフィールや公式ウェブサイト等をよくご確認ください。

【大阪】芝居はPlay =遊びです ―実践演劇ワークショップ―

  • rico rico(0)

    カテゴリ:ワークショップ告知 返信(0) 閲覧(541) 2012/09/04 13:53

Bbs 8050
近畿大学コミュニティカレッジ ワークショップ実践演劇 (講座番号K-1005)
◆開講日◆ 毎週土曜日 9:30から12:00(2時間30分)[後期12回]
9月/8日・15日・29日
10月/6日・13日・20日・27日
11月/10日・17日・24日
12月/1日・8日
途中参加、見学はご相談ください。
◆場所◆  近畿大学コミュニティカレッジ
地下鉄(千日前線/堺筋線)・近鉄『日本橋』駅6番出口徒歩3分
〒542-0073 大阪市中央区日本橋1-8-17 近畿大学会館内
TEL : (06)6213-0501 (電話受付 9:30~17:00 日・月・祝日は除く)
◆受講料◆
24,000円(分納可)
講座開始以降の受講料の返還はいたしませんが、途中から受講される場合は受講料を割引いたします。
◆芝居はPlay = 遊びです◆
楽しい冗談をする気分で稽古をすればいい。
音楽家のように解放的な自由な気分を入口にすれば、演技をするのは簡単です。
難しく考え努力するのは想像=創造の敵です。
ただし、この入り口を入るためには条件があります。
◆役者の条件◆
◎生活をしているという確かな感覚を持っていること。観客は人間を見に来ているのです。
歌手と同じテンションを保ち、言葉の切り替えごとに新しい情景が見えること。
例えば、ジョン・レノン、メレット・ベッカー、トム・ウェイツ、ジャニス・ジョップリンのように。
一曲を芝居のスケッチと考えて、場面ごとに感情と声をつなぐ稽古をする。
◎身体の筋肉の一つ一つが目覚めていること。感情が変わると別の筋肉が動くのを感じ、再現できること。
◎台本を本当の話として読むこと。ゆめ戯曲と考えて遠回りをしないこと。
長台詩は自分との問答です。以上の条件を信じれば、芝居は簡単にできます。
◆講師◆
大橋也寸(おおはし・やす)
現代日本の代表的な演出家。近畿大学名誉教授。近畿大学国際人文科学研究所客員教授。
ジャック・ルコックの演劇システムを学んで劇団雲・演劇集団円、ピッコロ演劇学校などで演出を手がけ、紀伊國屋演劇賞、芸術祭優秀賞を受賞する。
代表作に『人命救助法』(安部公房)、『プラトーノフ』(A・チェホフ)などがある。『オリュウノオバ物語』(中上健二作、嶽本あゆ美脚色)
◆お問い合わせ/申し込み◆
E-mail:jimbunken@itp.kindai.ac.jp
下記の必要事項をご記入の上、お申込みください。
●件名(メールの標題):『コミュニティカレッジ資料申し込み』
●資料申し込みに必要な項目
(1)名前(フリガナ) (2)郵便番号 (3)住所 (4)電話番号
住所:〒577-8502 東大阪市小若江3-4-1
TEL:(06)6721-2332 (電話受付:9:30-17:00、土・日・祝日は除く)
FAX:(06)6721ー2533
近畿大学 大阪コミュニティカレッジ
http://www.kindai.ac.jp/occ/course/k905.html

このページのQRコードです。

拡大