※CoRich運営事務局はテーマの真偽について調査を行っておりません。募集情報に応募する前に、投稿者のプロフィールや公式ウェブサイト等をよくご確認ください。

艶∞ポリス、実験公演(仮)「コメディを作り上げる」

  • いとうかな いとうかな(5)

    カテゴリ:ワークショップ告知 返信(1) 閲覧(190) 2021/10/18 16:41

Bbs 65978
演劇作品だけに止まらず様々な映像作品の脚本を手がける艶∞ポリス主宰・岸本鮎佳による少人数制5日間の演劇ワークショップを開催致します。

グループに分かれてのワークショップ、岸本監修の台本のない即興演技に演出をつけ、それぞれの個性を最大限に活かした10〜15分ほどの1シチュエーションのコメディ作品を作り上げます。
最終日には完成した作品をプロのカメラマンが撮影し、後日YouTubeで配信致します。

また今回正式なオーディションではございませんが、ワークショップにご参加いただいた方の中から今後の艶∞ポリスへのご出演をお声がけさせていただく可能性がございます。

***

これまで、何回もワークショップを行ってきましたが、良い役者さんに出会えて、ワークショップの中で面白い作品を作り上げても、その場の皆さんで共有して終わり、というのは勿体ないと感じていました。これをちゃんと作品として作り上げて、プロの方に撮影していただき、一つの作品として公開する。
役者さん一人一人が、プロモーションにも使えるような映像を作りたいと思いました。
これは、従来のワークショップとは一線を画する新しい試みで、皆で一緒に作品を作り上げる実験公演です。
私は「コメディ」とは丁寧なお芝居の上に成り立つものであり、もっとも難しいジャンルだと考えています。
台本はありません。
5日間役者と演出家で、「笑わせる」のではなく、「思わず笑ってしまう」ような、ごく自然な会話劇を作り上げること。
演出によって引き出された一人一人の役者の個性が乗ることで、一つの作品として唯一無二の作品になると信じております。
一人でも多くの役者さんと一緒に作りあげられたら嬉しいです。

岸本鮎佳

***

【ワークショップ詳細】

参加人数(定員制):
各回5名×4回 計20名

日程:
11月7日(日)、13日(土)、14日(日)、16日(火)、17日(水)の計5日間。

スケジュール:※時間帯は主催側で決定し、ご連絡いたします。
7日(日) ワークショップ(2時間)
①11:00~13:00 ②13:30~15:30 ③16:30~18:30 ④19:00~21:00
13日(土) 作品制作(2時間)
①11:00~13:00 ②13:30~15:30 ③16:30~18:30 ④19:00~21:00
14日(日) 作品制作(2時間)
①11:00~13:00 ②13:30~15:30 ③16:30~18:30 ④19:00~21:00
16日(火) リハーサル(2時間)
①11:00~13:00 ②13:30~15:30 ③16:30~18:30 ④19:00~21:00
17日(水) 撮影(3時間)
10:00~21:00(グループごとに時間を割り振ります)

参加費用:
25000円(指定日までに振り込み)

会場:
11月7日(日)、13日(土)、14日(日)、16日(火) 
都内某スタジオ ※ご応募いただいた方に改めてお知らせいたします。
11月17日(水)
アトリエ第Q藝術(https://www.seijoatelierq.com/)
小田急線成城学園駅から徒歩3分

応募条件:
全日程参加可能な方。
※もしNGがある方は予めその旨をお伝えください。
※事務所にご所属の方は、映像配信がございますのであらかじめ許諾を取った上でご応募ください。

応募締め切り日:
11月2日(火) 23:59
※定員に達し次第、募集を終了致します。

お問い合わせ:tsuyapolice@gmail.com

岸本鮎佳(きしもと・あゆか)プロフィール
劇作家・演出家・女優。演劇ユニット「艶∞ポリス」主宰。女性独特かつ綿密な人間観察を土台に作り上げる会話劇を得意とし、笑いを織り交ぜたスタイリッシュな作風で幅広いファンをつかむ。主宰する舞台では、脚本、演出、出演をこなし、近年は映像の脚本、監督も手掛けるなど、その多彩な才能を発揮。最近の主な作品は、テレビ大阪「ホメられたい僕の妄想ごはん」脚本、オーディオドラマ「白村颯太に好かれたいby Audio Movie」脚本など。

艶∞ポリスとは?
「ああ、こんな女いる!」と誰もが思うような、日常に存在するキャラクターを作り上げ、女性特有の視点から、思わずクスッと笑ってしまうような、分かりやすく、精度の高い物語作りに定評がある。コンプレックスのフィルターを通し、気まずく、切なく、恥ずかしい、人とも距離感を、何気ない会話からあぶり出すのが特徴。 ”女の喜劇”を演じる演劇ユニット。
  • オーディション実施者は合格者になるべく早く契約書を提示し、正式な契約を結びましょう。双方が納得できる公平で健全な関係を築き、突然の参加キャンセルなどのトラブルを回避しましょう。
  • オーディション合格者はなるべく早く実施者から契約書を受け取り、よく読んだうえで正式な契約を結びましょう。想定外のチケット販売ノルマやグッズ買取の強要などから身を守りましょう。
  • こちらよりご応募ください!

    https://forms.gle/bTxXf477Yh368XpPA

    皆様のご参加お待ちしております!

    2021/10/18 17:58