※CoRich運営事務局はテーマの真偽について調査を行っておりません。募集情報に応募する前に、投稿者のプロフィールや公式ウェブサイト等をよくご確認ください。

【MICOSHI COMPLEX】 ”いつものメンバー”になってくれる方募集!!!

Bbs 64704

はじめまして、MICOSHI COMPLEXと申します。
2014年に旗揚げし、7年目というラッキーな節目を迎える劇団です。

この度は、
私たちの今後の活動に長く付き合ってくれる、
 ”いつものメンバー” を募集いたします。

MICOSHI COMPLEXを旗揚げする以前も以後も、
「劇団」という体制はもう終わった、
などという話をよく耳にしてきました。

ユニットの乱立、フリーの俳優の増加。
確かに「劇団」はもう流行らないのかもしれません。

しかし考えてみれば、あのドラマもあの芝居も、
愛されているのは、いつものキャストに、いつもの脚本・演出家、
そしていつものスタッフじゃないでしょうか。


それって劇団と一緒じゃん。


時代は変わっても、創作活動を長く共にすることで生まれる
「劇団力のようなもの」を信じています。


『もっとお互いを知る時間は長い方がいいなと、知った上でないと
できない演劇があると信じて、私は劇団をやっています。
だからこそ信頼できるメンバーと今後作品作りをしていきたいと考えています。』
                       − 主宰・早川貴久 −


ということで、MICOSHI COMPLEXでは、

劇団員はちょっと難しくても、
 ”いつものメンバー” になってくれる方を大募集いたします!!!

【募集要項】

“いつものメンバー”とは

今後(だいたい2年から3年くらい)継続的に参加してくれる、
俳優・スタッフ(作家、ドラマトゥルク、舞台監督、音響、照明、
衣装、演出部、演出助手、制作...など何でもOK)

必ずしも、すべての劇団公演に参加できなくてもOKです。(要相談)
その間、他の舞台に出られないとか、そんなことはないです。
興味を持っていただけたら、まずはお話だけでもしましょう。

演劇経歴は不問です。(ただし未経験の場合は、継続意思があること) 

■参加費等

   参加費・劇団費等は必要ありません。

■応募方法

 必要事項をメール本文にご記入のうえ、メールアドレスまでご応募ください。

   1 お名前、フリガナ
   2 生年月日、ご年齢
   3 電話番号
   4 メールアドレス
   5 プロフィール・履歴(添付ファイルでも可)
   6 備考(事前に伝えたい事や相談したい事など)

■応募先

   micoshi.complex@gmail.com(制作担当:伊藤)

※件名に「いつメン応募」とご記入ください。
※応募以外にもご質問等ございましたらお気軽にお問い合わせください。
※メールフィルター等を設定されている方は、
PCからのメールを受け取れるようにしていただくようお願いします。

■応募後の流れ

 応募後3日以内にご返信いたします。
 その際、詳細を送らせていただき、面談日を設定いたします。

 (こちらから連絡が無い場合は、お手数ではございますが、
 お問い合わせください。)



あなたのご応募を、心よりお待ちしております!!!


■参考

劇団HPより抜粋
http://micoshicomplex.main.jp/index.html

●MICOSHI COMPLEXとは?

2014年に旗揚げ。とにかく「笑い」にこだわった作品を生み出す。
でも、思いの外社会派。

●今後の予定と目標

・2021年10月、第六回公演 @下北沢OFF•OFFシアター

・来年以降は年2〜4回程度の公演
・3年以内に駅前劇場くらいの劇場での公演ができるようになること

・メンバーそれぞれが、演劇や個々の目標によって、
 それだけで生活ができるようになることを目指しています。


主宰/早川貴久
日本大学芸術学部演劇学科演出コース卒業。2012年、当時大人計画研究生による劇団「こまつな」の第一回公演の作・演出を担当し、2013年より鴻上尚史主宰の「虚構の劇団」演出部として同劇団に参加。第12回公演「天使は瞳を閉じて」では演出助手を担当。
近年は、演出助手として座・高円寺劇場創造アカデミー修了上演「大いなる平和2章」(2020年 演出:生田萬)、「断片/ペール・ギュント」(2021年 演出:佐藤信、生田萬)などを担当し、他に脱出ゲーム「さよなら、僕らのマジックアワー」の演出協力や、外部公演のドラマトゥルク、劇団カツコの関野翔太との演技ワークショップ、イメージビデオのディレクターもこなすなど活動の幅を広げている。

脚本家/岡田寛司
中島らも原作オムニバス映画「らもトリップ」の一編「クロウリング・キング・スネイク」
「過去を描いた伊藤さんの話」(第5回ショートストーリーなごや大賞映像化作品)
「友達」(イギリス・レインダンス映画祭2013、ドイツ・ニッポンコネクション2014/スペシャル・メンション受賞、第9回 大阪アジアン映画祭 公式招待、SKIPシティ国際Dシネマ映画祭/長編コンペティションノミネート作)などの脚本を担当する。

制作/伊藤彩奈
2016年より、他団体の公演にも制作部として参加している。
オーストラ・マコンドー「息が苦しくなるほどに跳ぶ」/マコンドープロデュース「祖国は我らのために」/江古田のガールズ「解散」「極楽」/「山口ちはる」プロデュース「千に晴れる」「単純明快なラブストーリー」/シタチノ「BEYOND CHAIN」「カツロ」「いえないアメイジングファミリー」/ものづくり計画「夜を、徘徊」「天狗ON THE RADIO」/Ojisan+「女女女女嘘女女女女」 ほか
  • オーディション実施者は合格者になるべく早く契約書を提示し、正式な契約を結びましょう。双方が納得できる公平で健全な関係を築き、突然の参加キャンセルなどのトラブルを回避しましょう。
  • オーディション合格者はなるべく早く実施者から契約書を受け取り、よく読んだうえで正式な契約を結びましょう。想定外のチケット販売ノルマやグッズ買取の強要などから身を守りましょう。

このページのQRコードです。

拡大