※CoRich運営事務局はテーマの真偽について調査を行っておりません。募集情報に応募する前に、投稿者のプロフィールや公式ウェブサイト等をよくご確認ください。

danke12月本公演「遊戯唄ーはないちもんめー」出演者募集(2020/8/18締め切り)

2020年12月23日(水)~12月27日(日)全10回公演
劇場 上野ストアハウス(約118席)
※新型コロナウイルス感染予防対策としてガイドラインに則って客席数は変動致します

の出演者を広く募集いたします。
本公演は一部ダブルキャストを予定しております。

プロアマ問わず広く募集をさせて頂きますので何卒宜しくお願い申し上げます。

<公演概要>
■タイトル:『遊戯唄ーはないちもんめー』

とある私立高校のお話。その高校は昼と夜で別の顔を見せていた。
昼はフレッシュな高校生が、
夜は何かを抱えた大人達が、
それぞれ思い思いに高校に通って勉学に励んでいる。それがこの鹿王学園高等部の売りでもあった。

ある日、高校を運営している偉い人の元に一通のメール。
「制服をやめてください。」
伝統がある学園の制服を誇りに思うたくさんの偉い人や卒業生は大反対。
私服登校がしたい学生は大賛成。

話し合いが膠着状態になった頃、ひとりの偉い人は言いました。

「じゃあ、日本らしく多数決で決めちゃいなよ。来週の金曜日の放課後、署名数の多かった方で決めちゃうよ。」

制服を脱ぎたい在校生、
制服を着たい在校生、
それは私服登校をしている夜間部学生をも巻き込んで、署名争奪戦の火蓋を切る鶴の一声だった。

1人でも多く署名を集めろ。

ほらほら、
勝って嬉しいはないちもんめ、負けて悔しいはないちもんめ、
あの子が欲しい あの子じゃ分からん 相談しましょ そうしましょ。
決まった――――――――。あなたが欲しい―――。

dankeが送る唄シリーズ第3弾は「はないちもんめ」。
人の居場所はどうやって決まるのか、人の価値は何なのか、概念を問う。


■脚本・演出:小島夕侑(danke)
■劇場:上野ストアハウス
■日程:2020年12月23日(水)~12月27日(日) 全10公演


<募集内容>
■男女キャスト 数名
【一般生徒】
生徒会長…学園の生徒会長として就任しているが影が薄く、生徒の中でも生徒会長と認識している人は少ない。
生徒会副会長…生徒会副会長として就任しているが、所属している部活動に熱心過ぎてあまり生徒会執行部として機能していない。
生徒会副会長…学園の生徒としての誇りが高く、制服着用にプライドを持っている。
運動部生徒…常にジャージで行動したい、制服反対派のリーダー。
文化部生徒…オカルト研究会所属。パソコンを始めとするメカおたく。
一般生徒…真面目で引っ込み思案。ファッションには疎いので制服で助かっている。制服賛成派。
【夜間部の学生】
学級委員長…夜間部の学級をまとめている。責任感の塊。33歳。主婦。
苦学生…昼間はバイトをかけもちしながら高卒認定を受けて安定した職に就きたい25歳。
ピアニスト志望…才能はあるが家庭の事情で中卒で働いていた。音大入学のために昼間に働きながら通っている19歳。
土方の現場職…大工として中卒から働いていたが、高校を卒業して建築学を専攻できる大学に入学するために通っている29歳。
元不良…いきすぎた暴力により高校を中退したが、婚約者が出来て区切りとして高校を卒業する決意をした30歳。
など
【学園について】
昼間の学園に通っている生徒は多くが富裕層の子息、令嬢。
夜間部設立は前学園長就任時。

※唄シリーズ
過去に「かごめかごめ」「かくれんぼ」等、昔からある遊び歌を元にしたお話のシリーズ。
「かごめかごめ」では過去も今も変わらない「縁」や「情」を。
「かくれんぼ」では「いつまで」「頑張り続ける」のか分からない未来の闇を描いてきた。
第3弾では人の価値観や概念を「はないちもんめ」を通して描き出す。

→唄シリーズ「KAGOMENO唄」=https://unitdanke.wixsite.com/kagomenouta
      「遊戯唄―もう、いいよ―」=https://unitdanke.wixsite.com/asobiuta


<スケジュール>
2020年8月23日 一般オーディション
10月中旬 情報公開・チケット予約開始
2020年11月21日(土)顔合わせ・本読み(都内施設)
11月~12月13日 週2~5日:13:00-17:00もしくは18:00-22:00
12月14日(月)~20日(日)週7日:10:00-22:00(都内スタジオにて集中稽古)

(※9月末~12月のどこかでビジュアル撮影を致します)

12月21日(月)小屋入り・場当たり
12月22日(火)場当たり・ゲネプロ
12月23日(水)初日

<オーディション参加費>
■オーディションに係る交通宿泊費は自費となります。

<合格後にかかる費用>
■ビジュアル撮影、顔合わせ、稽古、本番に係る交通宿泊費は自費となります。
■衣装はこちらで基本ご用意致しますが、靴やインナー等個人のサイズのもの、一般的にお持ちのもの(デニムやTシャツ等)はご用意頂く可能性がございます。

<報酬や給与、賞金や賞品、手当など>
■チケットノルマ15枚
■チケット売上1枚目から500円バック
■チケット売上30枚達成で+10,000円
■舞台衣装ブロマイド、公演当日のチェキ撮影での各個人売り上げ3割バック

<応募資格>
◆プロ、アマ問わず。
(事務所所属者は許可を得てからご応募下さい。)
◆満16歳以上の心身共に健康な男女。経験不問。
◆顔合わせ、稽古、公演に(極力ほぼ)参加可能であること。
◆上記スケジュールを極力優先して頂けること。
※稽古期間中のNGに関しましてはご相談させていただきます。
◆お芝居を本気で楽しめればOKです。
◆ダブルキャストの場合逆班時のお手伝いが可能。
(強制ではありません。)

◆誠実であること。

<応募方法>
以下の必要事項を記入の上、写真(バストアップ、全身)を添えてメールにてご応募ください。
どこかに所属されている場合、事務所や劇団のプロフィール添付でのご応募も可能です。

・お名前(ふりがな)
・生年月日(年齢)
・所属事務所・劇団名
・身長
・特技
・経歴
・連絡のとれるメールアドレス
・二次オーディション希望日時(下記参照・第3希望まで)
 or ビデオ審査希望か否か
・応募理由

<応募先>
danke 
アドレス 
danke.audition※gmail.com
(担当 小島)

※を@マークに変換。
合否のご連絡はメールにて行います。

メールでの書類選考を第1次とし、合格者にのみ8月20日24:00までにオーディションの日時、
場所をお知らせいたします。
直接お会いするオーディションを最終オーディションとさせて頂きます。
オーディションは20分程度です。
また、新型コロナウイルス感染対策として、各部3名までを上限とし、
会場入場時に非接触型体温計による検温、除菌にご協力をお願い致します。
また、オーディション中はこちらでご用意いたします透明のマウスガードを着用して頂きます。
各部終了後、会場の消毒・換気を徹底致します。

会場までの道中がご心配な方、スケジュールが合わない方は
別途こちらでご指定します内容を収録して頂き期日までに提出という形のビデオ審査も導入致します。
(ビデオ審査提出締め切りは8月25日の予定です。)
その場合、ビデオ審査を2次審査とさせて頂き、3次審査はオンライン通話(ZOOMやスカイプ)による質疑応答とさせて頂き合格を判断させて頂こうと思っております。
こちらの詳細はお問合せ頂きますようお願い申し上げます。

オーディション日
8月23日(日)①10:30 ②11:15 ③12:00 ④13:15 ⑤14:00 ⑥15:15 ⑦16:00

応募締め切り 2020年8月18日23:59

お問い合わせ
問い合わせメールアドレス
entertainmentunit.danke@gmail.com

このページのQRコードです。

拡大