※CoRich運営事務局はテーマの真偽について調査を行っておりません。募集情報に応募する前に、投稿者のプロフィールや公式ウェブサイト等をよくご確認ください。

≪キャスト・ダンサー募集≫2020年12月 江戸と今が繋がる舞台 咲匂-SAKO-企画公演『はら、はらり(仮)』プロジェクト

Bbs 60346
〜*〜*〜*〜

咲匂-SAKO-企画公演『はら、はらり』
オーディション募集要項

公式募集サイト
https://peraichi.com/landing_pages/view/haraharariad

〜*〜*〜*〜

時は江戸。
愛する人を失った悲しみから心を閉ざして生きていた遊女・一蓮は、武士の吉三郎と出会う中で、笑って愛して生きる、そんな生き方をもう一度選びたいと葛藤する。

時は現代。
金がない、職がない、希望がない、一体どうやって生きればいいのか、わからない。恋人とも不安を分かち合えず、ひとり苦しむミイ。彼女の前に現れたのは、不可思議な「オンナ」。

すべての女たちの魂は「オンナ」となり、時代を超え、一蓮とミイ、ふたりの間を行き来する。
未来へと、縁の糸を託すために・・・。

遊郭という廓、現代社会という廓に閉じ込められた人々が、もがき傷つけあいながらも逞しく、自分の生き方を選ぶ覚悟を見つけていく物語。



《募集要項》
◆オーディション開催日
2020年
4月20日(月) / 4月22日(水)

◆募集内容
2020年12月18日〜23日上演
舞台公演『はら、はらり(仮)』
出演キャストおよびダンサー

◆資格
プロアマ不問(但し、事務所に所属している場合は、必ず事前に参加許可の確認を事務所に取れていること)

◆オーディション参加費
無料


《公演に関する概要》
◆本番
2020年12月18日〜23日
ダブルキャスト 全10公演(内5公演出演)
ラゾーナ川崎プラザソル
https://www.plazasol.jp/index.html

◆稽古
主に東京23区内(合格者にのみご連絡)
・10月 顔合わせ・本読み稽古・ワークショップ(4時間×10日ほど)
・11月〜本稽古開始(週6日程度、配役ごとのシーン稽古、参加必要日は事前にご連絡致します)
・12月 集中稽古(1週間程度の予定)

《オーディション詳細》
公式募集サイト
https://peraichi.com/landing_pages/view/haraharariad

◆日時
【ダンサー】
4/20(月)13:30〜15:00

【キャスト】
①4/20(月)15:10〜16:40
②4/22(水)18:30〜20:00
③4/22(水)20:10〜21:40
※いずれかにご参加頂きます
※どうしても都合のつかない時間帯がありましたら、応募時にご連絡ください

◆場所
新宿区内
(書類審査を通過した方へメール返信にてご連絡致します)

◆お持ち物
・動ける服装
・室内履き(裸足にもなれるようにご準備ください)
・筆記用具

◆審査内容
【ダンサー】
◎振付審査(当日振付家より振り写しがあります)
◎フリーダンス審査(1分程度のフリー演技をご準備ください)

【俳優】
◎自己紹介・自己PR(1,2分ほど)
◎テキスト課題 ダイアローグ・モノローグ
(書類審査を通過した方に、事前にメールにて課題をお送りいたします)

◆応募方法
メールにて下記内容をお送りください。
※漏れによる機会損失を防ぐため、指定タイトルでの送信にご協力ください

タイトル:
【2020年12月】オーディション応募(氏名)
内容:
1, 氏名・ふりがな
2, ご連絡先 電話番号
3, 学歴
4, 経歴
5, お写真(上半身・全身 各1枚)
6, 志望動機

宛先:sako.bloom@gmail.com(統括プロデューサー黒咲)

※ 事務所に所属している場合は、必ず事前に参加許可の確認を事務所にお取りください

◆ご応募締切
4月12日(日)23:59まで
※3日以内に必ずご連絡致します。返信がない場合は、受信設定をご確認の上、再度お問い合わせください。

◆お問い合わせ
咲匂-SAKO- 統括プロデューサー
黒咲ちよこ宛にご連絡ください
sako.bloom@gmail.com
※企画書の閲覧をご希望の方は、メールにてお送り致します。お問い合わせください。


《募集キャスト詳細》
【ダンサー】
・ダンス経験者(コンテンポラリーダンスメインの振り付けになります)
・コロスとして多少のセリフを発語することに抵抗のない方

【キャスト】
・舞台、映像、レッスンなどで演技経験のある方
・プロフェッショナルとしての意識と協調性を持って、作品作りに取り組める方
・着物の所作が出来る方、優遇。(時代劇、日本舞踊、殺陣などの経験がある方は、プロフィールにその旨をご記載ください)

◆女性キャスト
ミイ・・・現代の主人公。派遣会社と水商売のダブルワークで、恋人との生活を支えている。(20代前半~半ば)

吉乃・・・武家の娘。盲目である。実の兄に異常なまでの執着を持つ。(20代前半)

紫花魁・・・主人公・一蓮の今は亡き姉花魁。絶対的な幸福の象徴として、一蓮の記憶の中で生き続ける。(20代半ば~後半)

◆男性キャスト
ユウ・・・主人公・ミイの恋人。過去の事故が原因で、脚に障害を持っている。(20代前半)

吉三郎・・・主人公・一蓮と恋に落ちる武士。一途な性格で暴力が苦手。身分などなく、人と人との対話ができる未来を夢見ている。(20代前半〜半ば)

忠光・・・一蓮の姉花魁、紫の間夫。紫に身請けを申し入れる。(30代半ば〜後半)

※年齢は目安。その年齢に見えれば実年齢は不問です

◆ダンサー
オンナ・・・全てのオンナたちの魂。形を変えながら、一蓮とミイの間を行き来する。(年齢不問)


《ご出演条件》
実力・配役により異なります。
選考通過後の面談にてご相談。


~*~*~*~


◆企画者 
菅沼萌恵(じっぽん-Jippon-/咲匂-SAKO-)

1986.4.15生まれ
1997年~2005年 川口少年少女ミュージカル団在籍。松山雅彦氏に師事し、
在籍中にイギリスのThe Unknown Theater Companyとの合同公演など多数のミュージカルに出演。

2008年劇団熱血天使(現・じっぽん-Jippon-)の旗揚げに参加。以後、熱血天使の全公演、イベントの企画を行う。
≪近年の主な公演≫
2016年『戦国北条記~虹は東に~』小田原にて公演。1日で1,400名動員。小田原市観光協会、小田原法人会後援。地元企業の協賛を多数頂く。
2016年『天地に咲く』上演。山口県萩市観光協会の後援。「萩にゃん」を迎え、萩市物産展開催。
2017年「風の松原の再生と共に歩む会」共催『風の松原~明日を植えるひと』を秋田・東京の 2 ヶ所で上演。能代市、能代市教育委員会などから後援を受け、地元新聞に計 11 回掲載されるなど、地域を巻き込む盛り上がりを見せた。
2018年『ヒミコ~知られざる旅』 全国邪馬台国連合会の後援のもと上演。
2019年 千葉県佐倉市役所へ企画提案。 「古民家で和らいぶ」開催

一方で、女性の為のキャリアアップスクールIRISを一期生として卒業。
経営、マネジメントにも興味を持ち、積極的にセミナーや講演会にも参加。
演出や企画面に生かしている。


◆脚本・演出家
今井夢子(椿組/Manhattan96)

東京都出身。
14 歳よりタップダンス、16 歳よりジャズダンスと演劇を学び、学生時代よりダンサー・女優として活動。ストレートプレイ、ミュージカル、時代劇、 ダンスイベントなど多数出演。2012 年より俳優として椿組に所属。
2014 年より、自身のユニットであるManhattan96 を旗揚げ。企画・脚本・演出・振付を務める。以降、ミュージカルや会話劇の脚本提供、演出も積極的に行う。

2018 年より活動の場をヨーロッパに広げ、パリにてコーポリアルマイムを学んだ後、スペインセビージャのフィジカルシアターカンパニー SENNSA TEATRO LABORATORIO に初のアジア人メンバーとして抜擢される。
現在、日本とヨーロッパで、俳優・振付家・脚本家・演出家としてマルチに活動中。


◆振付師 
巽徳子(Dance Company MKMDC)

振付家・ダンサー・俳優
日本大学芸術学部演劇学科卒
Dance Company MKMDC 所属
大学時代から芝居と並行してジャズダンスをはじめ、バレエ・コンテンポラリー・ストリートダンスと、幅広く学ぶ。
踊り手と観客の感情を揺さぶる繊細かつ激しい振付が持ち味。演劇的な要素をダンスにも数多く取り入れ、近年踊る役者としての活動にも磨きをかけている。
所属するDance Company MKMDCは、舞台・CM・アーティストPVなどへの振付やダンサー派遣を行い、カンパニー主催の公演や発表会を行うなど、都内を中心に積極的に活動している。


~*~*~*~

新着テーマ

このページのQRコードです。

拡大