※CoRich運営事務局はテーマの真偽について調査を行っておりません。募集情報に応募する前に、投稿者のプロフィールや公式ウェブサイト等をよくご確認ください。

「AR演技メソード」年内最後の「特別演技ワークショップ! 」12月14日(土)「ネットドラマ」キャスティングオーデション含む

Bbs 58445
日本発のオリジナル演技メソード
「AR(アクション・リアクション)演技メソード」特別演技ワークショップ!開催!

この「ワークショップ」は、2020年に予定している「ネットドラマ」のキャスティングオーデションも含まれています。
ドラマ出演に興味のある方は是非ご参加下さい。

このドラマでは監督が「AR演技メソード」を使い、俳優の表現を最大限に引き出します。
今まで色々な演技メソードを習得しても、監督や演出家がその技術に理解がないと、俳優と監督との間で微妙なズレが生じてしまうことがありました。

今回のドラマでは、「AR演技メソード」考案者が脚本、監督を行いますので、俳優の資質を最大限に引き出す事に挑戦致します。これは世界的にみても余り例がない試みです。
同時に、2020年を「AR演技メソード」元年として、この演技メソードを全国展開していく予定です。

その第1弾として「AR演技メソード」を使ったドラマ制作に挑戦致します。


【東京開催】
■曜日:12月 14日(土) 18:30~21:30 (開場18:15~)
■人数:8名
■会場:小田急線「狛江駅」周辺施設、徒歩5分
■講師:勝然武美(AR演技メソード)考案者
■費用:3,000円

【申し込みフォーム】
https://ws.formzu.net/fgen/S19094233/
または
http://www.stars-corp.com/act/acting12.html
※携帯からお申込みの方は、info@stars-corp.comの受信可能にして下さい。


①「目的から表現は生まれる」
世界的に有名な演技テクニックは「メソード演技」「マイズナーテクニック」「ウタ・ハーゲンテクニック」「イヴァナ・チャバック」などがありますが、「AR演技メソード」は、これらの演技テクニックを基礎として、また重複しないように考案されたのが特徴です。
既に他の演技メソードを学んでいる方でも、この演技アプローチを学ぶことで、新しい発見があると思います。

②「AR演技メソードが生れた理由?」
この「AR演技メソード」は、考案されてから14年の歳月が経ちました。
昔、ニューヨークの演技ワークショップに参加した時、「日本人らしさの演技」って何だろう?と考えていました。
西洋人と日本人、人間としては同じだが何かが違う?
その相違点を日本人の強みに変える新しい演技メソードがあればいいんだ!
それが「AR演技メソード」の始まりです。

③「コミュニケーションスキルや脳科学から生まれた演技テクニック」
そこで、NLP(神経言語プログラミング)、コーチング、ヒプノセラピーなどの認定資格を取得して、日本人特有の「禅」や「様式美」などを取り入れ考案されたのが「「AR演技メソード」です。だから私たち日本人のリソース(資質)を引き出すことが出来ます。 経験の中で磨き上げられ、実践の中で鍛えられたのが「AR演技メソード」です。

④「2020年の「ネットドラマ」でAR演技メソードが結果を出します!」
「AR演技メソード」は、「日本人として世界に通用する俳優」目指し、その可能性を引き出すことを目的にしています。また「AR演技メソード」は、映像に役に立つスキルが多く含まれていますので、映画やドラマの出演を目指している方には最適です。
最後に、演技経験がない方でも無理なく安心して学ぶことが出来るの「AR演技メソード」の魅力です。

【こんな方にお勧め致します】
■演技の基礎から勉強したい方
■新しい演技方法を学びたい方
■プロの俳優を目指している方


【講師プロフィール】
■勝然武美(かつしかたけみ)
俳優、演出家、演技コーチ、劇作家、脚本家、監督、プロデューサー
http://www.stars-corp.com/act/profile/katsushikatakemi.html
株式会社スターズ 代表取締役/ 俳優養成所「俳優塾」塾長
日本アカデミー賞協会正会員 /日本演出者協会会員

AR演技メソード(考案者)

このページのQRコードです。

拡大