※CoRich運営事務局はテーマの真偽について調査を行っておりません。募集情報に応募する前に、投稿者のプロフィールや公式ウェブサイト等をよくご確認ください。

劇団ING進行形 4月 アリスフェス出品 出演者募集

  • ジョーカー ジョーカー(0)

    カテゴリ:出演者募集 返信(1) 閲覧(317) 2011/12/13 22:56

Bbs 5742
最近、上野ストアハウスで、結成20周年の楽園王さんと合同公演で古典作品を発表したばかりですが、
今回は、アリスフェスのための完全オリジナルとなります。


劇団ING進行形
『ロング・アゴー』
アリスフェスティバル出品作品

2012年04月06日(木)~08日(日)
上演場所:新宿タイニイアリス

客演☆募集・・・性別・年齢不問

上演作品は、寓話のような物になる予定。
面接し、W.S.を体験していただいた後で、
双方の同意があれば、ご出演となります。

稽古場所:都内池袋近辺
稽古開始:2月中旬から
稽古時刻:18時半くらい(3~4時間)
遅刻・早退・欠席、可。

氏名・年齢・性別・連絡先
演劇経験の有無(あれば具体的に)

rady_homepage@yahoo.co.jp
まで送信ください。
数日後までに必ず、ご連絡いたします。

【公式HP】
http://ing.nobody.jp/

【動画】
http://www.youtube.com/watch?v=JeyzvvEFmgY

【物語冒頭】
昔々・・・というにはまだ早い、ある島のお話。
その島には村が二つあり、片方に不幸が訪れる。
突然、ほとんどの人々が死んでしまったのです。
ダンスのような痙攣と、妙な咳を誰もがし出し、
倒れてしまったのです。原因不明の死と言える。
謎の発作が起きなかった主人公は、死体の中に、
立ち尽くしていた。すると、青年が起き上がる。
生き残りは二人だけかと途方にくれていた矢先、
遠くから声がする。おっさんが生き残っていた。
主人公は確かめる。この蠅のような音はなんだ。
おっさんと青年は首を傾げる。聞こえないのだ。
村に起きた悪夢を伝えるべく、もう一方の村へ、
主人公は走り出した。


【劇団ING進行形】
2004年、日大芸術学部在学中に結成。
構成団員は20代後半の男女。
ストリートダンスなどから派生した、
あらゆる身体動作を取り入れた作風。
目に視えにくい情念や衝動を具象化すべく、
演舞(ダンサブル・アクション)を提唱中。
虚構の身体、それに見合った科白術を意識。
そのため、極めて自然な日常的な発話より、
抑揚のついた唄い廻しが多く見受けられる。
昨今日本で主流の演劇と一線を画するため、
癖強い誇張表現は賛否渦巻き、物議醸すが、
ここ数年は、シアターΧ国際舞台芸術祭や、
利賀演劇人コンクールなどで、作品を発表。

ご連絡、お待ちしております。


  • Res 3316

    残るは男性1名!
    目に留まったかた、是非ご応募ください。

    氏名・性別・年齢・連絡先・演劇経験有無など
    rady_homepage@yahoo.co.jp
    までお送りください。


    【作品概要】

    昔々・・・というにはまだ新しく、
    最近・・・というには少し遠い日。
    目に見えぬ何かが皆を襲っていた。

    ダンスのような痙攣と咳をし始め、
    混乱する間もなく次々倒れていく。

    一人の男に耳障りな音が聞こえる。
    無数の蠅が縦横無尽に飛び交う音。
    他の者にその音は聞こえていない。

    原因不明。でも伝えなければ……。
    男は走り出す。妙な使命感を抱き、
    親交のなくなったもう一つの村へ。

    これはある広い島に起きた昔の話。

    美しい海。長い岬。生い茂る山々。
    幸福の島。その伝承があるように、
    自然から様々な恩恵を受ける人々。

    彼らの身に突如降りかかった災い。
    なぜ彼らだったのか。その理由や、
    災いの原因は解き明かされません。

    ING的寓話。少々ファンタジー。
    上演時間は1時間15分程度を予定。
    抑揚の利いた言葉。躍動する身体。
    新宿タイニイアリスで紡ぐ演劇詩。


    2012/01/13 14:20

このページのQRコードです。

拡大