※CoRich運営事務局はテーマの真偽について調査を行っておりません。募集情報に応募する前に、投稿者のプロフィールや公式ウェブサイト等をよくご確認ください。

冬のワークショップ テーマは五感と想像力

Bbs 5579
STONEψWINGS 冬のワークショップ開催!!


 冬のワークショップ開催! 今年は、全ての演技表現において大事な想像力に焦点を当てて、特別な内容でお届けします。想像力は、演技の下支えになったり、豊かにしたり、真実味を与えたりします。リアルな演技表現には欠かせないものです。視覚だけではなく、五感全てを演技に応用する術を探ってみましょう。


【日時】
2011年12月11日(日)

【時間】
PM4:30〜9:30 
*途中、夕食休憩と適宜休憩が入ります。

【場所】
スタジオフェザー スタジオA (後楽園・飯田橋)

【定員】
10名
*先着順。

【対象】
16才以上 初心者可

【参加料】
5000円
学割4500円

【申し込み方法】
メールで、住所・氏名・年齢・メールアドレス・簡単な演技経験・参加希望日を明記して、office@stone-wings.com までお送りください。
先着順です。定員に達しますと、キャンセル待ちになります。



■想像力と五感を磨いて、豊かでリアルな演技に導く

 想像力は全てのベース

 考えてみて下さい。芸術とは全て想像力の賜物です。当然、演劇においても想像力はとても大事で、俳優は五感のイメージを常に使って演技をしています。いくら技術を磨いても、想像力や五感のリアリティーに乏しければ機械的で死んだ演技にしかならないでしょう。


 脳力も進化させるイメージトレーニング

 脳科学者の苫米地英人氏は、脳力開発および願望実現にイメージワークを使います(彼はメソッド演技も教えるそうです)。実は、演劇の訓練は想像力を頻繁に使い、頭の回転を促すものも多く、脳力開発にも適しています。

 五感をリアルに感じ、その能力を伸ばすトレーニング

 スタニスラフスキーのシステムの中でも五感を取り上げています。通常、演技の際でも五感を同時に全て使うことはなく、個別に使うものですが、五感を全て同時に感じるトレーニングを行うことで、その場に存在するリアリティーを最大限に高めます。


 五感同時感覚を演技の中で

 演技においては、動きや感情も伴い、会話もしなくてはいけません。フォーカスが多くなると、五感を感じにくくなります。演技の中でどれだけ実践できるチャレンジしてみましょう。


http://www.stone-wings.com/actingschool
  • Res 3222

    想像力と五感に特化したトレーニングなんて、
    探してもそうそう受けることはできません。

    そんなスペシャルなプログラムでお送りする
    STONEψWINGSアクティングスクールの冬のワークショップ。

    去年の感情についても大事でしたが、
    今年の想像力と五感についても、本当に見つめ直してほしいものです。

    演技のリアリティーや、手応えにもろに関わってきます。


    さて、ワークショップのテキストが仕上がりました。


    色々な特殊で面白いワークの数々です。
    是非体験してほしいと思います。

    ユニークなことに、この中の共感覚を使った五感のトレーニングは、夢や願望の実現にも応用できるアファメーション的な要素を持っています。


    日程は、12/11(日)PM4:30~9:30
    定員は10名まで。

    参加費は5000円です。
    学生さんは4500円になります。

    詳しくはhttp://www.stone-wings.com/actingschool/winterworkshop11.html

    2011/12/05 16:12

このページのQRコードです。

拡大