※CoRich運営事務局はテーマの真偽について調査を行っておりません。募集情報に応募する前に、投稿者のプロフィールや公式ウェブサイト等をよくご確認ください。

DULL-COLORED POPワークショップ/オーディション開催

  • 谷賢一 谷賢一(105)

    カテゴリ:ワークショップ告知 返信(2) 閲覧(957) 2009/03/27 20:59

■DULL-COLORED POP ワークショップ/オーディション
~DCPOPの稽古方法を紹介したり、今年一緒にお芝居やる人を募集したり~

DULL-COLORED POPの夏以降の本公演、および谷賢一演出の外部演出公演(2009年夏)へ向けて、ワークショップオーディションを開催致します。ワークショップのみの参加も可能です。

内容は、ワークショップの理論的地盤となる後期スタニスラフスキー・システムにおける身体的行動の方法の概説(20~30分程度)に始まり、その実験的訓練として即興やショート・テキストを用いたシーン作りを予定しております。

日本ではあまり紹介されることのない後期スタニスラフスキー・システムのエッセンスをわかりやすく解説した上で、それを実践的に試してみようと思っています。経験・年齢不問ですので、お気軽にご参加下さい。


 場所:都内某所(参加者にのみお伝えします)
参加費:2,500円
 日時:2009年4月12日(日) 10:00~13:00
    2009年4月13日(月) 18:00~21:00(全2回)
申込み:氏名・連絡先・簡単なプロフィールを書き
    添えて、下記連絡先までご連絡下さい。
    info@dcpop.org / 070-6488-7500


<DULL-COLORED POPとは>
DULL-COLORED POPは、2005年11月に第1回公演『東京都第七ゴミ処理施設場ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド』にて旗揚げされた、劇団員平均年齢25歳のまだ若い劇団です。

2005年11月~2008年10月にかけて、計7本の本公演と1本の単独企画公演の他、主宰の谷による脚本提供や外部演出、劇団員による客演などで活動しています。

旗揚げ3年目とは言え、新宿タイニイアリス主催のアリスフェスティバルに2年連続参加、過去3作品がすべてCoRich! 舞台芸術・注目公演ランキングにて1位獲得、4×1h リーディング公演では気鋭の若手注目作家の数々を抑えて提供作品が2位に輝くなど、徐々に、しかし確実に評価を勝ち得ています。2009年のCoRich! 舞台芸術まつりでは、6.5倍の高倍率と並み居る強豪をかきわけ、一次選考を通過。虎視眈々と優勝を狙っています。

作風としては、精神病やチェルノブイリ原発事故、監禁事件や麻薬、リストカットなど、極限状態にある人間の心理をテーマに選び続けています。近年の流行りである現代口語演劇に背を向け、どの作品でも一貫して独白を多用し、また作風に合わせて台詞の文体を変えるなど、脚本へのこだわりは強く、高い評価を受けています。
  • 「夏以降の本公演」と書きましたが、
    今年は四月末の本公演の後、計二本の本公演を予定しています。
    http://stage.corich.jp/stage_detail.php?stage_id=10281

    谷賢一外部演出と書いた公演は、
    2009年7月にSTスポット主催公演として上演される、
    DULL-COLORED POP谷賢一VS柿喰う客中屋敷法仁の演出デスマッチ
    『二人で狂う、二本立て(仮)』を指しています。

    いずれもすでにかなりの構想がありますが、
    出演者に関してはまだ未定の部分が多くあります。
    DULL-COLORED POPでは新しい出会いを求めています。
    ぜひお気軽にお問い合わせ下さいませ。

    2009/03/27 21:02
  • 当ワークショップオーディションですが、定員オーバーのため、募集を締め切りました。ご応募頂いた方々、どうもありがとうございます。定員オーバーになっちゃった方々、大変申し訳ございません。でも、これ以上多いとまともなワークショップにならない気がするので、ここまで!とさせて頂きます。

    また五月か六月にやるかもしれないので、よかったらそのときどうぞよろしくお願いします。

    2009/04/09 03:29

このページのQRコードです。

拡大