CoRich舞台芸術アワード!2016

「「ヴルルの島 」」への投票一覧

1-6件 / 6件中

※投票内容を「非公表」に設定しているメンバーは表示されません。

投票者 もらったコメント
オヤジ♪オヤジ♪(5191)

9位に投票

箱の選択を間違えた公演だった様に思える・・・♪
コクーンも目指していますから、目指していましたに変わったのだから・・・♪
おぼんろのスタイルが生きる箱で演らなければ・・・一番良いのは専用劇場を持つ事だが・・・♪

mikimiki(993)

2位に投票

内容はよくなかったが、表現力はいい。

hinataboccohinatabocco(42)

1位に投票

なにかを贈る、贈られるという、関係性の基本で幸せになれるような作品。

ちろちろ(188)

3位に投票

前年、初めて末原拓馬くんの舞台を観て、興味を持ち、2016年に初めておぼんろの舞台を観た。2016年に上演された他の2作品もとても良かったが、中でも「ヴルルの島」が一番良かった。ファンタジーな作品なので、小さな子供が観ても楽しいと思う。

うさぎライターうさぎライター(1425)

7位に投票

美しい物の中で暮らしたい、汚いゴミは遠くの島へ捨ててしまえという、いつかどこかの国が言い出しそうな設定が巧い。ポンコツロボット「アゲタガリ」のキャラが秀逸。言葉少なく一本調子なのに、一番泣かせるのはなぜだろう。人間が忘れてしまった「ブレない一途な思い」を体現しているからではないか、と思った。メンバーが紡ぐおぼんろの世界観が鮮やかに打ち出された作品。

RezarRezar(654)

5位に投票

このページのQRコードです。

拡大