STATION 公演情報 劇団離風霊船「STATION」の観てきた!クチコミとコメント

  • 満足度★★★

    さすが老舗劇団!
    離風霊船といえば、時事ネタを独自の視点で、作品に取り入れることで知られている劇団。今まさに現在進行中の災害を、どのような形で、そしてどんな視点で、作品に表現されているのか、すごく楽しみでした。

    この公演には、私が演出した「トランス」で初舞台を踏んだ倉地裕衣</a>が出演してます。なんと老舗劇団である離風霊船に二度続けての出演となりました。

    また、劇団公演への出演が1年ぶりという、伊東由美子さんの演技も楽しみでした。芝居人として男前な(笑)彼女の姿は、本当にかっこいい。久しぶりのホームグランドで、どんなあばれっぷりを見せてくれるのか、わくわくしながら劇場へと向かいました。 

    ネタバレBOX

    おそらく作品を書いている途中で、あの震災が起こり、大橋さんはあの未曾有の災害をどのようにとらえるかをものすごく悩んだのだと思います。

    結果、久しぶりに大橋さんらしい切り口の、作品になっていました。

    人それぞれが生きる価値を見いだし、顔を上げて前を向いて歩いていこう。大丈夫元気になれるよ。

    そんなメッセージが詰まった作品。離風霊船の公演で泣いたのは本当に久しぶりでした。

    また、リブレの大矢敦子さんファンには、注目の舞台美術が!(笑)是非探してみてください。

    「STATION」は群像劇だったので、それぞれのキャラクターを演じる俳優さんたちの、ポテンシャルの高さがすごく印象的でした。物語の中心を担っていた松戸俊二さんの安定ぶりは、さすがでした。

    そして、主宰の伊東由美子さんの演技は印象に残った。なんといううか、自由な感じというか、リラックスしている感じというか。松戸さんとは逆の意味で、安定感がありました。

    松戸さんと伊東さんがいることで、ほかの俳優さんが自由な演技ができるんだろうなということを感じました。

    また、私の娘的存在の(笑)倉知裕衣。おもしろい役をいただき、がんばって取り組んでいたように見えました。そして、瀬戸君は何となく飛び道具的な存在で、 安心して観ていられました(笑)。

    0

    2011/05/14 03:35

    0

    0

このページのQRコードです。

拡大