らんぼるの観てきた!クチコミ一覧

1-20件 / 416件中
体温

体温

白米少女

オメガ東京(東京都)

2019/10/03 (木) ~ 2019/10/06 (日)公演終了

満足度★★★★★

シーンが変わるごとに主役がかわり紡がれる物語は暖かみのあるありふれた日常の欠片たちでその繋がりは観ていて心地よいものでした。出逢えてよかった作品。

ホテル・ミラクル7

ホテル・ミラクル7

feblaboプロデュース

新宿シアター・ミラクル(東京都)

2019/10/04 (金) ~ 2019/10/14 (月)公演終了

満足度★★★★

4作品それぞれの味わいがあって楽しめた。1本目のエロさの裏にある愛のかたちや4本目の男女の差異にかかわる愛しかたなどがよかった。時間は長かったが納得のいくものだった。

瀬戸の花嫁 再再演

瀬戸の花嫁 再再演

ものづくり計画

ザ・ポケット(東京都)

2019/08/21 (水) ~ 2019/08/25 (日)公演終了

満足度★★★★

島の集団お見合いのお話でコメディ。温かみのある時間が流れていて気持ち良い観劇でした。

しだれ咲き サマーストーム

しだれ咲き サマーストーム

あやめ十八番

吉祥寺シアター(東京都)

2019/07/19 (金) ~ 2019/07/24 (水)公演終了

満足度★★★★★

華やかで楽しいワクワクする舞台でした。遊び人というかダメ男というかまさに落語のキャラクターだった。生演奏も良き。満足感のあるお芝居、堪能しました。

窮屈なユメ

窮屈なユメ

TOMOIKEプロデュース

駅前劇場(東京都)

2019/01/16 (水) ~ 2019/01/20 (日)公演終了

満足度★★★

わちゃわちゃしちゃうのわかるし、あの時こうしといたらというのは日常茶飯事だし、不遇に感じるのも共感できるがヒロインのそれはその場でトリップするのでレベルがちがう。そのへんの面白さはあったがフィールドが現実に転がっているもの過ぎて、舞台で体感しなくてもいいかなとも思えた。

ネタバレBOX

トラウマの原因が予想を裏切り意表をついてて、そうきたかって思った。ただ主人公は妄想癖があり感受性が強いのかな、大人になるにつれ共生、昇華できる範囲かなとも思えるのだが。
俺ずっと光ってるボーイ、健之助

俺ずっと光ってるボーイ、健之助

桃尻犬

OFF OFFシアター(東京都)

2019/01/16 (水) ~ 2019/01/20 (日)公演終了

満足度★★★★

序盤のトーンは冷めてる印象なのにキャラに注視させられる面白みがある。後半の展開はジェットコースターに乗ってるみたいに目が離せない。物語の人物としての桜子は好きだ。現実では遠慮したいが。

こっちとそっち

こっちとそっち

劇団時間制作

萬劇場(東京都)

2018/11/14 (水) ~ 2018/11/25 (日)公演終了

満足度★★★

辛い辛い、全体的ににネガティブでとても苦しい。

ネタバレBOX

最後に小さな光りがさす終わりかただったが、この後もそう簡単にはそれぞれの呪縛から抜け出せないと思わせる人達ばかりでした。
享保の暗闘~吉宗と宗春

享保の暗闘~吉宗と宗春

雀組ホエールズ

シアターグリーン BOX in BOX THEATER(東京都)

2018/11/14 (水) ~ 2018/11/25 (日)公演終了

満足度★★★★

雀組ホエールズ初の時代劇とのことでしたが、史実に幅をもたせ、楽しませるシーンや見せ所を丁寧に作っており見ごたえがある作品になってました。また今に繋がる尾張名古屋の気質というかそういったものが形成されたその一端を垣間見たような気持ちにもなりました。

デストロイヤー花

デストロイヤー花

次世代PROJECT!!

CBGKシブゲキ!!(東京都)

2018/10/27 (土) ~ 2018/11/04 (日)公演終了

満足度★★★★

チラシのような華やかさがあるステージで2時間20分も長く感じないぐらいに楽しめました。

ビシバシと 叩いて渡る イシバシ君

ビシバシと 叩いて渡る イシバシ君

劇団ジャブジャブサーキット

ザ・スズナリ(東京都)

2018/10/26 (金) ~ 2018/10/28 (日)公演終了

満足度★★★

全体的にふわっとした感じでそこがよいとも言えるんですが、ミステリー部分もふわっとしてたのでそこは盛り上げてストンと落としてほしかったな。

セイラム

セイラム

sortie

新宿眼科画廊(東京都)

2018/10/12 (金) ~ 2018/10/16 (火)公演終了

満足度★★★★

物語を自分なりにでもぴったりはめ込めたかはあやしいところだが、新宿眼科画廊は別の空間であったしそこに生きている人達はミステリアスで時間の流れがちがっていたように感じられた。

くらげの骨

くらげの骨

フロアトポロジー

新宿スターフィールド(東京都)

2018/10/24 (水) ~ 2018/10/28 (日)公演終了

満足度★★★

仄暗い海底に誘われるように…
ユラユラフラフラするクラゲのように…
生きているのか?
死んでいるのか?


ネタバレBOX

深海探査と日常との曖昧さと浦島太郎のエッセンスがないまぜになって混沌へと誘うダークファンタジーというべきか?
Mad Journey

Mad Journey

@emotion

ブディストホール(東京都)

2018/07/01 (日) ~ 2018/07/08 (日)公演終了

満足度★★★

西遊記をベースとした物語で殺陣を含めて楽しめたが、西遊記の世界と現実世界とのリンクはだいぶ強引な気もするし、こういう構造は目新しさに欠けるのでそこはもうひと工夫ほしいかな。

ネタバレBOX

恋人を亡くした女性がそれを受け入れられなくて、彼が生き続ける世界を見続けているというお話でした。彼女の精神世界では彼が孫悟空として旅を何度も何度も繰り返し行われているようですが死んでいる彼が物語の世界から彼女の精神に働きかけ事実を受け入れさせるというストーリーは最近よくみられる夢オチと同じように少しがっかりな終わりかたでした。個人的には西遊記の物語に足し引きしたりアレンジを利かせるだけで十分楽しめるのになあと思ってしまいました。
月いちリーディング / 18年7月『人魚の瞳、海の青』

月いちリーディング / 18年7月『人魚の瞳、海の青』

日本劇作家協会

座・高円寺稽古場(B3F)(東京都)

2018/07/07 (土) ~ 2018/07/07 (土)公演終了

満足度★★★★★

月いちリーディング、今回はじめて行ってきました。戯曲のブラッシュアップを目的に実際にリーディングというかたちで俳優が演じそのあとに観客参加のディスカッションが行われるという形式。気になる人は配信があるのでそちらを参考にして参加されるとよいでしょう。タイミングが合えばまた参加したい。今回は発言してませんがアンケートもあったのでそちらに少し書かせてもらいました。

サイキックバレンタイン

サイキックバレンタイン

たすいち

新宿シアター・ミラクル(東京都)

2018/04/29 (日) ~ 2018/05/06 (日)公演終了

満足度★★★★

個人的にはあまりハズレがない団体だと思っています。今回も安定の面白さでした。たすいち12ヶ月シリーズの2月作品の再演でしたが他の作品もまたやってもらいたいな。

ピヨピヨレボリューション公演『Gliese』

ピヨピヨレボリューション公演『Gliese』

オフィス上の空

ザ・ポケット(東京都)

2018/04/03 (火) ~ 2018/04/08 (日)公演終了

満足度★★★★★

初演と比べるとスマートになった気がするし見やすかった。歌も良かったしダンスも見入ってしまう出来映えだった。全員キャラが立っていたし細かい演技も楽しめる舞台だった。Wキャストは春名風花さんで、割りと普通の女の子役ははじめて見た気がする。

秘密公表機関

秘密公表機関

劇団あおきりみかん

シアターグリーン BOX in BOX THEATER(東京都)

2018/03/16 (金) ~ 2018/03/18 (日)公演終了

満足度★★★

特殊能力を持つ人がいい感じに世間に公表するのを助ける政府機関のお話。遠回しに外堀を埋めて周りが受け入れられるような計画を提案していく。複数の能力者が登場しオムニバスのように話が進むのですが途中で頭が混乱してしまうようなところがあったのが少し残念なところ。最後に向かっての展開やラストでわかる結末は面白かった。

ネタバレBOX

水滴のところがなんだろうと思ってたら後から水の演出があってびっくり。濡れたテーブルとイスのまんま話が進んでたようなので、ほかの役者が濡れないかが気になって意識がそっちにとられてしまった。
闘争・オブ・ザ・リング

闘争・オブ・ザ・リング

カラスカ

上野ストアハウス(東京都)

2018/03/07 (水) ~ 2018/03/12 (月)公演終了

満足度★★★★★

初演を観てすごく面白かったので今回も期待して観劇しました。今回もやはり面白かった。小ネタを散りばめた演出や勘違いドタバタやホラーサスペンス的な要素など盛り込みのコメディでした。

卒業式、実行

卒業式、実行

Aga-risk Entertainment

サンモールスタジオ(東京都)

2018/02/17 (土) ~ 2018/02/25 (日)公演終了

満足度★★★★★

ほんとに面白かった。スピード感、ハラハラ感、内容の濃さ、そしてなんといっても役者一人ひとりが上手くて、すべての役者さんの演技をそれぞれに目を向けてどんなシーンも見逃したくないぐらいにすべてを同時に観ていたかった。(絶対無理だけど)

疫病神

疫病神

ピヨピヨレボリューション

北とぴあ つつじホール(東京都)

2018/02/21 (水) ~ 2018/02/25 (日)公演終了

満足度★★★★★

初期の頃は歌やダンスで引き付けるエンタメ色の強さが目立つ劇団という認識でした。いわゆるライブstyle演劇という作風がそこまで私にはまってなかった感じで少し間を空けてました、今作は久しぶりに観たのですが重いテーマながら主人公の掘り下げや作品の作り込みがしっかりした上でさらに歌とダンスもレベルアップしていてとても満足感のあるものに仕上がってました。今後もよい作品を期待します。

このページのQRコードです。

拡大