Shun.の観てきた!クチコミ一覧

1-4件 / 4件中
イザナキとイザナミ

イザナキとイザナミ

劇団千年王國

in→dependent theatre 1st(大阪府)

2008/10/04 (土) ~ 2008/10/06 (月)公演終了

満足度★★★★★

魔法のような
魔法のような舞台でした。
演劇というよりは、芸能に近いのかもしれない。
音楽も動きも様々な小道具も、すべてが世界と人物を表現するために効果的に使われていました。
素晴らしい。

紫式部が言う前に!

紫式部が言う前に!

ユニット美人

京都市東山青少年活動センター(京都府)

2008/09/12 (金) ~ 2008/09/13 (土)公演終了

満足度★★★★

良かった!
遅刻してしまい前半30分を見れずの観劇でしたが、オムニバスコントだったため後半だけでも存分に楽しめました。
テクニックも十分な上でネタをやりきっているのが素敵です。
前半にやったという話題作のコントを見れなかったことだけが残念。
今回は来年の本公演にむけた準備公演とのことで、本公演も楽しみ。

廃校/366.0【前日譚:メガトン・ロマンチッカー】

廃校/366.0【前日譚:メガトン・ロマンチッカー】

メガトン・ロマンチッカー

千種文化小劇場(愛知県)

2007/03/09 (金) ~ 2007/03/14 (水)公演終了

満足度★★★

初観劇
スケジューリングを失敗し、開演時間より10分遅れての観劇。
ごめんなさい。
 
ファンタジックな演出や空間の装飾はなかなか素敵だと思いました。
一方で、役者さんの演技・間の取り方などに記号的で紋切り型のものが多く、私にはリアルな感覚・手触りのようなものがなかなか伝わってこないように感じられたため、総合して星三つです。
 
ともあれ、企画的な面白さも大きく、ぜひ後日譚も観てみたいと思いました。

ネタバレBOX

声と、後おそらくは顔の表情を頑張って演技をしている役者さんが多かったように感じました。が、円形劇場ということもあって顔が見えない役者さんも多く、後姿や立ち姿などもっと身体でも語ってほしいと思いながら観ていました。
逆にラストの前の懐中電灯のシーンは、姿がはっきりしない分、リアルな高校生らしさを感じて、良かったです。
また、遅れての入場になってしまったのですが、制作・受付周りの方々がしっかりしていて、落ち着いて(?)入場することができました。
ワーニャ伯父さん

ワーニャ伯父さん

地点

アトリエ劇研(京都府)

2007/02/09 (金) ~ 2007/02/12 (月)公演終了

満足度★★★★

面白かったです。
彼の時代の人々の悩み・問題意識が、今の自分にとってもリアルなものに感じられました。
独自の発話法は無機質なものとは感じず、むしろ登場人物の「感情」をあらわすものとして機能していると思いました。
 
上演中は非常に集中して観ましたが、一方で観劇後に何か重たいものが残るということがあまりない感じがしたのも、私にとっては独特でした。

このページのQRコードです。

拡大