ちさえの観てきた!クチコミ一覧

1-7件 / 7件中
めぐるめく

めぐるめく

KAKUTA

シアタートラム(東京都)

2010/05/21 (金) ~ 2010/05/30 (日)公演終了

満足度★★★★★

あったかい涙
不器用な愛情 一人ひとり違う愛情表現の形  そして、母の無限の愛情。。。
そういったものが感じられて、心がとってもあったかくなりました◎もう公演終了してしまったけれど、一人でも多くの人に観てほしいと思える素敵な舞台でした!!

ネタバレBOX

一番印象に残ったところは、ロッキーの告白のシーンです。
“ああ、きっとお母さんは、ロッキーの話を「うん。うん。」って聞いて、ロッキーの11年間すべてを包んであげたんだ。。。”って想像ができて、涙が止まりませんでした◎
中盤とラストに出てきた電車のシーンも印象的で、本当に素敵でした☆☆☆
露出狂

露出狂

柿喰う客

花まる学習会王子小劇場(東京都)

2010/05/19 (水) ~ 2010/05/31 (月)公演終了

満足度★★★★★

熱熱熱
3Dアニメを観ているみたいだった(笑)!

女優さん方の技量が凄い。。。!!
あんなに大勢出ているのに、一人ひとり粒だって輝いていました!

個人的に好きか嫌いかでいうと・・・
あまり好きな方面ではないですが

最初から最後まで一瞬たりとも飽きずに楽しませてもらいました◎

『エレベーター音楽』公演終了 ご来場ありがとうございました!!

『エレベーター音楽』公演終了 ご来場ありがとうございました!!

津田記念日

花まる学習会王子小劇場(東京都)

2010/05/12 (水) ~ 2010/05/16 (日)公演終了

満足度★★

チラシの通りの
綺麗な世界観でした◎演出も幻想的で素敵

ただ、空気が動かな過ぎて途中うとうと~とリアルに幻想世界へ誘われてしまいました。。。

「ユー・アー・マイン」

「ユー・アー・マイン」

クロカミショウネン18 (2012年に解散致しました。応援して下さった方々、本当にありがとうございました。)

駅前劇場(東京都)

2010/05/12 (水) ~ 2010/05/16 (日)公演終了

満足度★★★★

はじめて観ました!
全体的にとっても笑える楽しいコメディでした!
なにより、当日受付や、制作、作・演出の方のコメントなど、人の手のあたたかみを大事にしていることが感じられて、劇団に好感が持てました◎

ネタバレBOX

舞台がとっても広く見えました!素敵な内装のモデルルームに期待大!!

それにしても、コメディの一場って本当に難しい…!
笑える雰囲気は必要だけど、押され過ぎちゃうと引いちゃうし…入り込むまでに時間がかかりました

それでも、渦中から一線外れた「休さん」の登場から、今まで仕込んでおいた話が回転しだして、大いに笑わせてもらいました!
衣を付けたフライを熱した油に入れてパチパチ揚げる感じ☆でもやはり、下味の付け方によって、口に入れた時の美味しさの感動も変わってくるのではないでしょうか。。。静かなシーンの感動がいまいち伝わってこなかったです

全体的なお話の流れや構成はお見事ですが、「この小ネタは必要なのか?」と思うところがしばしば・・・
作家さんが詰め込み過ぎたのか、役者さんが生かしきれなかった、「せっかく笑ってたのにぃ…!」て思うときがありました。
勝手ですね(笑)

あああ…書いていること全部自分に返ってきてます(汗)
8割世界が常々ご指摘されていることがことごとくあてはまり、もっと美味しい芝居をつくりたいなと、とても良い刺激を受けました!



赤シャツ

赤シャツ

劇団青年座

可児市文化創造センター(岐阜県)

2010/05/27 (木) ~ 2010/05/28 (金)公演終了

満足度★★★★★

素敵でした
なんだか心が洗われるような、そんな舞台でした

ネタバレBOX

小鈴役、”野々村のん”さんのあのかわいらしさ、胸がきゅうんと締め付けられるあの感じ、どうしたらそんな表現ができるのでしょう・・・!心の機微が伝わりにくい、「本多劇場」という広い劇場でも、その心情がふわぁっと伝わってきました。本当に素敵な女優さんです☆この方が人情物の時代劇でおとっつぁんを亡くした娘の役とか演ったら、お茶の間は涙・涙の大洪水になること間違いなし!と思うのです

そして赤シャツ役の”横堀悦夫”さんの幅の広い演技!どこが本気でどこが建前か何がしたいのかが観ているほうに手に取るようにわかって、それも押し付けではなくこちら側から引き込まれるように!観客を巻き込める素晴らしい役者さんです!


「坊ちゃん」を読んだことがなくても、小学校の頃に読んだっきりで記憶が曖昧でも、十分に楽しめる作品だと思います

心にじんわりじんわり染みわたる、素敵な舞台でした
かたりの椅子

かたりの椅子

ニ兎社

世田谷パブリックシアター(東京都)

2010/04/02 (金) ~ 2010/04/18 (日)公演終了

満足度★★★★★

面白かった。。。
なんと不条理な世の中でしょう・・・!

と思わせるほど
不条理がわかりやすく表現されていて
楽しみながら社会のしくみが学べるというか、
「くそぅ!くそぅ!」と観劇中に何度も思いました。

誰にでも起こりうること。

芸術が枯渇した心の最後の望みであること。

止まらずの国

止まらずの国

ガレキの太鼓

サンモールスタジオ(東京都)

2010/03/25 (木) ~ 2010/03/30 (火)公演終了

満足度★★★★

私も行きたい!
バックパッカーに強い憧れを抱くわたし。
いつの間にかその世界に一緒に居るような
そんな感覚に連れて行ってもらいました

ネタバレBOX

もちろん一人で海外に行ったことないので、海外旅行初心者の役と変わらない知識・感覚しか持ち合わせていないのですが、旅人上級者の会話、やり取りを聞くう
ちに、私も上級者気分に(笑)
どことも知れないその世界に連れて行ってもらってました。

その場その場で交わされる感覚的なもの、ドキリとする瞬間、一緒に体感できてて、役者陣の表現力に完敗!!

私もそうなりたい!ていう憧れと羨望は最後までついて来てて、それが旅人に対してなのか、役者に対してなのか、それとこれとがリンクしていたのか。。。
観終わってすぐはコメントしずらい状態でした。


でもそれだけにラストの
「お祭りの前夜だった」ていうのが「わかった」でおわってしまている感じがして
腑に落ちないままなので、観終わったときの「ふわぁー!!すげーもん観たぜ!」ていう満足感を味わえなかったのが少し残念でした。

このページのQRコードです。

拡大