てっくぱぱの観てきた!クチコミ一覧

1-20件 / 81件中
緋ノ廻ル輪

緋ノ廻ル輪

劇団虚幻癖

シアターKASSAI(東京都)

2019/05/22 (水) ~ 2019/05/26 (日)上演中

満足度★★★

鑑賞日2019/05/23 (木) 19:30

110分休憩なし、10分押含む。
サルトルの「出口なし」や、映画「キューブ」のような、不条理な世界の中で、人間の業の深い部分を描いている脚本、舞台に展開される世界観は、興味深かった。
ただ、意図的な演出のか判別がつかなかっだか、役者さんのセリフや感情が、繋がったものになっておらず、半ば叫ぶようなセリフになっているため、表面的にはあまり上手い演技に見えず観ている側の感情が付いていかなかった。万人受けする舞台ではないが、独特の世界観がある。

YELL!

YELL!

TEAM 6g

シアターグリーン BOX in BOX THEATER(東京都)

2019/05/22 (水) ~ 2019/05/26 (日)上演中

予約受付中

満足度★★★★★

鑑賞日2019/05/23 (木) 14:00

戯曲の中に、過去の名作な話の影を、いくつも感じつつ。・・・涙腺が決壊しました。マチネに観たものだから、池袋の街を歩くのが、ちょっとはばかられ。後半の展開の妙、役者さんの演技、そしてお話。最高の作品でした。

ネタバレBOX

前半は、ダムに沈む村、田舎に生きる人の人間関係を描く話で。このお話だけでもかなり引き込まれましたが、これで終わってしまうのかと思ったら。
後半の畳みかけるような展開が、鮮やか過ぎて。父子の別れのシーンで終わりかな、と思ったので、ラストの蛍のくだりは、もう少しコンパクトでもよかったかな、と思いましたが、
生涯印象に残るような舞台でした。
あの日見た星空はきれいだった

あの日見た星空はきれいだった

アンティークス

シアター711(東京都)

2019/05/22 (水) ~ 2019/05/26 (日)上演中

満足度★★★

鑑賞日2019/05/22 (水) 19:30

105分。休憩なし。
劇団15周年との事。前説で、これまでの公演のオマージュ的な集大成な話、との説明あり。劇団が一貫して「どうしようもない別れ」と、「その別れの原因のどうしようもなさに対する救済」を描いているのは、とても、とても、よく理解できるのだけれども。いろんな要素があり過ぎて、どうも焦点を定められず。

向井坂良い子と長い呪いの歌

向井坂良い子と長い呪いの歌

少女都市

シアターグリーン BASE THEATER(東京都)

2019/05/21 (火) ~ 2019/05/26 (日)上演中

満足度★★★★

鑑賞日2019/05/21 (火) 20:00

105分休憩なし。

ネタバレBOX

「演劇」をモチーフにしているが、「演劇」の話ではない、と感じた。
人は自分という檻から逃れる事は出来ない。もし、その人間が囚われたものが「演劇」なら、自らが捉えている「演劇」からは出ていくことはできない。才能の無さにもがき、聞こえない神の救いの声にもがく。
芝居の全編を通して描かれている苦悩は、人間としての「箱庭で遊ぶ苦悩」そのもの。その感覚を「演劇」のモチーフを借りて表現しているように受け取った。
その意味で、苦悩は普遍的だから、どこか予想可能。誰かの箱庭の中に連れられて、手を引かれて案内をされた印象だった。

中野亜美の、向こう側にいってしまっている演技が凄い。目が離せなかった。
やまいだれにやまいだれ

やまいだれにやまいだれ

久保と人間

サンモールスタジオ(東京都)

2019/05/14 (火) ~ 2019/05/19 (日)公演終了

満足度★★★★

97分休憩なし。
ラストに向けて突如立ち上がってくる世界、世界観が鮮烈。思わずニヤリとしてしまった。パラレルワールドというのか、人間は何かを捨てる事で生きてる、って事かな。選ばれなかった世界の物語。

死んだら流石に愛しく思え

死んだら流石に愛しく思え

MCR

ザ・スズナリ(東京都)

2019/05/09 (木) ~ 2019/05/15 (水)公演終了

満足度★★★★★

鑑賞日2019/05/09 (木) 19:30

115分。休憩なし。
殺人鬼の話なのに、いつしか自分の事として重ねて捉えて観てしまう。とにかく重くて、苦しくて、観ていて、どんよりと、やり場のない切ない気持ちにさせられた。笑のシーンも、腹から笑うというよりは、若干乾いた笑いになってしまっていたように思う。終演して現実に戻った時、どこか安堵してしまった自分がいた。

フェアウェル、ミスター・チャーリー

フェアウェル、ミスター・チャーリー

theater 045 syndicate×劇団820製作所

スタジオ「HIKARI」(神奈川県)

2019/05/02 (木) ~ 2019/05/05 (日)公演終了

満足度★★★

鑑賞日2019/05/02 (木) 19:00

130分休憩なし。
映画の世界が現実にはみ出してくるファンタジーなお話。現実と虚構が入り乱れ、虚構に取り込まれていく。横浜の雰囲気の描写は、シーン単体として観ると、異国情緒とお洒落さとハードボイルドが適度に混ざっていて光っているものの、芝居を見終えたのちに振り返ると、どうも設定が難しく、どこか取ってつけた感が否めなかった。お話全体を1時間くらいにキュッとまとめて、現実に映画が溢れ出した、という物語へのフォーカスでもよかった気がする。
持ち前のアクションのカッコよさは健在だが、前回公演の完成度からすると、少し物足りなさも感じた。

ト音

ト音

劇団5454

赤坂RED/THEATER(東京都)

2019/03/27 (水) ~ 2019/04/07 (日)公演終了

満足度★★★★

鑑賞日2019/04/01 (月) 13:00

123分休憩なし。

ネタバレBOX

ミステリーのような要素が多い中、最終的には「イマジナリー・フレンド」に翻弄されている姿が露になっていくのは非常に面白い。
個人的には、古典の先生の松永渚の怯え切った表情とセリフがツボだった。
 「舞い上がれ、レジャーシート」「ばいびー、23区の恋人」

「舞い上がれ、レジャーシート」「ばいびー、23区の恋人」

マチルダアパルトマン

すむぞう外苑前スタジオ(東京都)

2019/04/12 (金) ~ 2019/05/12 (日)公演終了

満足度★★★★

鑑賞日2019/04/28 (日) 11:00

「ばいびー、23区の恋人」65分休憩なし。
基本的には、シチュエーションコメディに属する話だとは思うが、その枠だけに収まっているかというと、コメディだけでもなく。
町子と、友達の明里。全ての彼氏の所へ、二人で赴いて、別れを告げに行く。この二人の掛け合いが、とても面白い。何気ない会話で、どこか世界をのっぺりと捉えていて、何処か深刻な風でもあるが落ち込訳でもない二人。馬鹿らしい二人の会話が、緻密。
男たちに別れを言い渡す中で見えてくる、町子の男とか、世界に対するモノの見方と、幼馴染で親友(?)の明里との関係性が微笑ましく。狭い空間の劇場だったこともあり、なんだかその空間に同席させてもらっていることに、気が付くと愛おしさを感じ始めてしまう。そんな時間を過ごすことができた。

 「舞い上がれ、レジャーシート」「ばいびー、23区の恋人」

「舞い上がれ、レジャーシート」「ばいびー、23区の恋人」

マチルダアパルトマン

すむぞう外苑前スタジオ(東京都)

2019/04/12 (金) ~ 2019/05/12 (日)公演終了

満足度★★★★

鑑賞日2019/04/28 (日) 14:00

「舞い上がれ、レジャーシート」65分休憩なし。
ピクニックの登場人物対する捉え方が、もうストイックにぶっ飛んでいて、初っ端から全くどうしたらいいんだよ、と観ているほうは笑うしかない。演者も、何だか目が何処か虚無を見つめている風だし。
最初のうちは、あまりにぶっ飛んだ世界にただ笑うしかなかったけれど、後半になってくると、何だか観客も慣れてくるのか、このぶっ飛んだ世界の一部になってきたような気がして、どこまでブッ飛んでいても、微笑ましく思えてくる。そんなカオスな世界を描いた、面白い作品だった。

ミラクル祭’19(ミラフェス’19)

ミラクル祭’19(ミラフェス’19)

新宿シアター・ミラクル

新宿シアター・ミラクル(東京都)

2019/04/20 (土) ~ 2019/04/29 (月)公演終了

満足度★★★★★

鑑賞日2019/04/25 (木) 20:00

A Version。79分休憩なし。
2話オムニバス。
「ペルソナ・サークル」
最初、役がコロコロと代わるし、とにかく人数が多いし、性別も関係なく役が代わるものだから、覚え切れないこともあって何だかイライラが増してくるのだが。探偵の種明かしのあたりからは、もう笑いが止まらなくて、周りを気にせず一人笑いよじれてしまった…。
こういう「芝居の世界の壊し方」って、初めて観たかもしれない。確かに、ネタバレしたら面白くない。「その他大勢の没個性」っていうのは、何だか一つテーマになり得るような気もする。フラフラと軸を揺らされながら、心地よいカオスに迷い込ませてくれた。

「海月は溶けて泡になる」
いわゆる「出オチ」じゃないか、と思ったが、そこから展開する物語が、とても深くて、切ない。
価値観やモノの見方の違いからくる、本当にどうしようもない「分かりあえなさ」。そんな、誰でも陥ってしまいそうな「思い込み」と「分かりあえなさ」が、とても目立って効いていた物語だった。
「エリが自分勝手」っていう結論に見えてしまいそうなのが、自分的にはとても痛くて、見ていられない部分だった。確かにエリは自分勝手なのかもしれない。でも、今はこうして、舞台として客観的に三人の関係を観ているけれど、自分がその渦中にいいるとき、自分が客観的にモノをみているかどうかなんて、どう判別できるのだろうか、などという考えが頭をよぎる。
30分の短編なのに、いろいろな事を考えさせられた時間だった。

ブロードウェイミュージカル「キンキーブーツ」

ブロードウェイミュージカル「キンキーブーツ」

アミューズ/フジテレビジョン/サンライズプロモーション東京

東急シアターオーブ(東京都)

2019/04/16 (火) ~ 2019/05/12 (日)公演終了

満足度★★★★

鑑賞日2019/04/25 (木) 14:00

150分。(75分-休憩20分-55分)
ミュージカルにもある程度のストーリー性を求めている自分としては、経営危機の靴工場が女装用のブーツを作り出したら再起したっていうストーリーは、ちょっと安直かなぁ、という気はする。ゲイの性癖に対する捉え方とか、「自分をありのままに受け止める」っていうセリフも何だか唐突に出た感がある。その点では、ちょっと肩透かしだった。加えて、楽曲がシンディ・ローパーだというのも期待していたけれど…思っていたほど耳に残る曲というのはなくて。
衣装…ドラッグクイーンのローラを取り巻く衣装とダンスは、どういう訳か心躍る。ビジュアルとしては、とても楽しい。モブのダンスシーンを観るだけでも、このミュージカルには価値があるのかなと思った。

ミラクル祭’19(ミラフェス’19)

ミラクル祭’19(ミラフェス’19)

新宿シアター・ミラクル

新宿シアター・ミラクル(東京都)

2019/04/20 (土) ~ 2019/04/29 (月)公演終了

満足度★★★

鑑賞日2019/04/24 (水) 20:00

B.Version。65分休憩なし。
2話オムニバス。
『名前の無い名前を呼ぶ冒険』
転校してきた不安と、レッテルを貼られている不良の辛さと、そこに産まれる友情を、ミクドクっぽい(?)演出で、軽快に走り回るのは、観ていて清々くて軽快。なぜ名前で呼べないんだろうか、という問い。動機に対する障壁が、今一つ理解できずで、ああ、こういう関係性もあるよな、っていう風に淡々と観ていたら、物語が終わってしまったかなぁ。

『ルージュド・ガールと落下傘』
先輩の魅力はヒシヒシと感じるんだけれど、それ以上迫るものが見当たらずなので、細かい動作とか、表情に、惚れていくのを楽しむお芝居になってしまった。気が付くと、猫多ユウ演じる先輩の魅力を、みんなで眺めるお芝居、っていう風にとらえてしまった。物凄く味のある女優さんだと思ったけれど。もう少し深い物語を、演劇に元ている自分としては、物足りない、という感情が圧倒的に心の中を占めてしまった。

H&ERO

H&ERO

Peachboys

シアター711(東京都)

2019/04/23 (火) ~ 2019/05/06 (月)公演終了

満足度★★★★

117分。休憩なし。
次から次へと、衣装が伴ってろいろなパロディが登場しての、下ネタコメディ。711の狭い舞台と楽屋で、ここまでいろんなバリエーションで見せてくれるのは、凄いの一言。舞台を観終わっても、笑い過ぎて疲れた記憶しか残らない。観終わった後、内容なんて何も頭に残っていない。それくらい、お馬鹿一直線。でも、ここまで頭を無にして、笑わせてくれるのは、物凄い爽快感。

ヒトハミナ、ヒトナミノ

ヒトハミナ、ヒトナミノ

企画集団マッチポイント

駅前劇場(東京都)

2019/04/10 (水) ~ 2019/04/21 (日)公演終了

満足度★★★★

鑑賞日2019/04/18 (木) 19:30

103分休憩なし。
iaku、横山拓也の作品。前回観た「逢いにいくの、雨だけど。」もそうだったけれど。登場人物たちが陥ってしまう疑問や状況は、誰が悪いわけでもなくて。人間の性だから、どうしてもそういう状態に陥ってしまう。それは仕方のないことなんだけれど。そこで、前向きに生きていく姿を描く。・・・これが本当にうまいなぁ、と思う。
「介護」と「性」の問題っていう、テーマの難しさももちろんなんだけれど。それ以上に、ほぼ主人公の加藤虎ノ介が、自分なりに自分に正直に生きていく姿が感動だった。後半、涙腺が半開になってしまい、しかもハンカチが見つからず、に困った。
演出の観点では、ちょっと粗さが目立ったかなぁ。特に「間」が不自然と思う場面が少なくなかった。セリフの解釈をもう少し綿密に詰めていけば、別の会話のトーンや間が見つかるんじゃないか、という事を、観ながらその場で思う。つまり、架空の別バージョンをその場で想像してしまった。余計なお世話かもしれないけれども。あと、インゲンを掃除するシーンは、そこまで長くかけなくてもいいかなとも思う。

みなとみらい

みなとみらい

虹の素

STスポット(神奈川県)

2019/04/17 (水) ~ 2019/04/24 (水)公演終了

満足度★★★

鑑賞日2019/04/17 (水) 19:00

77分。休憩なし。
平成の30年間。横浜みなとみらいの街を思い起こさせながら、「みな」と「みらい」の二人の、そして二人をとりまく周りの人々の青春を、懐かしい歌と共にテンポよく描いていく様は軽快。
一方、セリフの内容が、作者が語りたいテーマをそのまま語ってしまっているように感じる場面が多いからか、どうにも感情移入ができないまま終わってしまった。結局、なぜ二人は解散するのか、言葉上では理解するものの、感情として付いていくことがでなかった。

pinky

pinky

神奈川県演劇連盟

神奈川芸術劇場・大スタジオ(神奈川県)

2019/03/27 (水) ~ 2019/03/31 (日)公演終了

満足度★★★★

鑑賞日2019/03/28 (木) 19:30

115分休憩なし。ラブホを舞台にした3劇団のオムニバス。

●劇団820製作所「森が燃える」
突然、ハードボイルドなの来た。どういう経緯でこんな「吹き溜まり」に集まってしまったんだろう、と想像するのが楽しかった。

●劇団スクランブル「Leave!」
静かな演劇っぽいというか、人間が生きている中のある瞬間を、上手く切り取ったような芝居。Sitcom要素が満載で、クスクス笑いが止まらなかった。

●演劇プロデュース『螺旋階段』「静的コンプレックス」
不条理劇っぽい作り。ハセガワさんをめぐる物語だが、観終わった時に、それぞれにそれぞれの「ハセガワさん」を思い描いているのが面白い。

一つ一つの作品を、もう少し突っ込んでみたいな、という思いが強かったのと。作品の性質上、小じんまりした場所で公演した方が、役者の息遣いを感じられて更に面白くなるんじゃないかな、と思った。

ロボットとわたし  ご来場ありがとうございました。

ロボットとわたし  ご来場ありがとうございました。

演劇ユニットG.com

ウエストエンドスタジオ(東京都)

2019/03/27 (水) ~ 2019/03/31 (日)公演終了

満足度★★★★★

鑑賞日2019/03/27 (水) 19:00

145分休憩なし。
チャペック「R.U.R.」を大きく根幹にした作品。物語の構造はとても古くて、あまたSF作品で語りつくされているはずなのに、何だか2019年の今演じられることが必然であるように感じる。ロボット・AIが現実味を帯びるという昨今の情勢もしかりだが、階級闘争的な変化も実は起っているからではないか、と感じる。
舞台演出は鮮烈。特に照明の世界観と、舞台衣装のアンマッチさが面白い。しばらく頭から離れなさそう。
上演時間が長い上、途中ちょっと冗長な部分があるのが残念ポイント。

ナイゲン【劇団ミックスドッグス】

ナイゲン【劇団ミックスドッグス】

劇団ミックスドッグス

ひつじ座(東京都)

2019/03/26 (火) ~ 2019/03/31 (日)公演終了

満足度★★★★

鑑賞日2019/03/26 (火) 19:00

120分。休憩なし。
前回の観劇同様、ミックスドッグスらしいエネルギーと速度感は健在。高校生を演じるリアリティみたいなところは、とても納得感があり。白熱議論の120分は、テンポもよくて楽しい。
一方、「ナイゲン」という物語、前評判高くてちょっと期待しすぎたかな。最近「議論の会話劇」を何本か観たけれど、比べるとどうしても「単層構造」な物語であることが気になる。深みが欲しい。

桜の森の満開のあとで

桜の森の満開のあとで

feblaboプロデュース

新宿シアター・ミラクル(東京都)

2019/03/21 (木) ~ 2019/03/27 (水)公演終了

満足度★★★★

鑑賞日2019/03/22 (金) 20:00

115分休憩なし。
議論の会話劇。濃厚な時間。とても面白かった。物語の構造としては、「十二人の怒れる男」や「12人の優しい日本人」に似ている理屈ものだけど、大学のゼミの設定が加わると劇中劇的な要素もあり全然違って見える。若い俳優さんがやるとリアル。資料見ながら観劇したのは、初めてかも。

このページのQRコードです。

拡大