てっくぱぱの観てきた!クチコミ一覧

1-20件 / 59件中
三人の姉妹たち

三人の姉妹たち

タテヨコ企画

小劇場 楽園(東京都)

2019/03/14 (木) ~ 2019/03/24 (日)上演中

満足度★★★

鑑賞日2019/03/19 (火) 19:30

舞台セット、空気感、登場人物が非常に魅力的。12年の歳月を人々と共に観る、という点では非常に面白かったが、終演後何か心に残ったかといわれると、特に何も残らずだった。
途中、出演者の感情の吐露が、突如、説明的でわざとらしかったように感じる。ナチュラルな世界と演技の物語の中に、伝えたいテーマを溶かしきれなかったことが要因か。

チンチンの冒険

チンチンの冒険

演劇ユニット「巨乳の彼女を創る」

新宿眼科画廊(東京都)

2019/03/14 (木) ~ 2019/03/19 (火)公演終了

満足度★★★★★

最初から最後まで、笑い続け。笑いよじれて、疲れ果てて。観終わったら、滅茶苦茶お腹空いてた。身も蓋もなく一言で言ってしまえば、テーマは「モラトリアムの終わりへの抵抗」。要は「若いエネルギーの爆発」。悲哀と切実さが、上半身裸の肉体と下ネタに、巧妙に隠されているように感じる。
舞台時間全般を通した肉体のキレの良さが凄まじく、舞台表現としての完成度レベルが、非常に高い。1000円は明らかに安すぎる。4000円でも安い。

ハルサメ

ハルサメ

あひるなんちゃら

駅前劇場(東京都)

2019/03/14 (木) ~ 2019/03/18 (月)公演終了

満足度★★

「笑い」の仕掛けを理解はできるものの、開演10分を過ぎたあたりから、心から笑えなくなってしまった。つまらない訳ではないのだけれど、何かがありきたりというか、中途半端。楽しいけれど、笑うに笑えない時間に、疲れ果ててしまった。

鯨を捕る

鯨を捕る

ワンツーワークス

赤坂RED/THEATER(東京都)

2019/03/14 (木) ~ 2019/03/24 (日)上演中

満足度★★★★★

鑑賞日2019/03/14 (木) 19:00

112分休憩なし。
テーマとしては、ありふれた、何度も描かれてきたテーマだとは思うけれど。人が生きる中で背負う、どうしようもなさや、弱さみたいなものを、非常に、鮮やかに、描いていたように思う。最後のシーンでは、涙止まらず。

この素晴らしき世界

この素晴らしき世界

しゅうくりー夢

ザ・ポケット(東京都)

2019/03/13 (水) ~ 2019/03/17 (日)公演終了

満足度★★★★

鑑賞日2019/03/13 (水) 19:00

132分。休憩なし。

ネタバレBOX

チラシの通り、不幸の連鎖。ストーリーに救いの部分が少なくて、観ていてかなり辛くなってしまう。個人的には、後ろ向きだけで終わる話が好きではないので、不満が残ったけれど、舞台作品としてはしっかりしていて、楽しめた。役者さんが皆さん好演。救いのない死の匂いのする世界を、リアリティを持って感じられた。
AMERICA

AMERICA

大統領師匠

シアターシャイン(東京都)

2019/03/06 (水) ~ 2019/03/10 (日)公演終了

満足度★★★★

鑑賞日2019/03/07 (木) 19:30

105分。10話オムニバスコメディ。コメディというか、演劇的なコントに近いかも。バカバカしいものからシュールなものまで、10話それぞれ、いろんな角度の笑いでせめてくるので、観ていて飽きなかった。各話の場転も鮮やか。
様々な笑いの中でも、「シュールな笑い」の話が、個人的には好き。三木聡が脚本を書いていた頃、中期くらいのシティボーイズを思わせる感覚。もっとシュールさを突き詰めて欲しい。

はなにら

はなにら

MONO

吉祥寺シアター(東京都)

2019/03/02 (土) ~ 2019/03/10 (日)公演終了

満足度★★★★

家族から離れるって何だろう、自立って何だろう、結婚って何だろう。あえて、血のつながっていない家族たちと、その自立を描くことで、そんな事を観ているものに考えさせてくれるお話。基本はコメディ。一人一人のキャラクターがしっかりしていて、ジワジワと暖かくなっていく。その感覚を非常に楽しめた。
ちょっと説明っぽいセリフが多くて、ナチュラルと不自然の「ムラ」に戸惑った。観劇に慣れていない人にとっては、分かり易くてとても親切な舞台だと思う。

『コンサート・リハーサル』

『コンサート・リハーサル』

時々自動

神奈川芸術劇場・大スタジオ(神奈川県)

2019/02/28 (木) ~ 2019/03/03 (日)公演終了

満足度★★★

鑑賞日2019/02/28 (木) 19:30

事前学習を怠って、不意打ち。KAATで「前衛」の芝居を観るとは思わなかった。音楽、ダンスその他、表現の迫力は凄まじい。白井晃のアフタートークで、普段自分が見ている芝居が「意味まみれ」で「様式的」であることに気が付いた。積極的に観たいとは思わないけれど、一度は経験するが面白い。

サンカイ

サンカイ

やみ・あがりシアター

サンモールスタジオ(東京都)

2019/02/27 (水) ~ 2019/03/03 (日)公演終了

満足度★★★★★

鑑賞日2019/02/27 (水) 19:30

各階で繰り広げられる人間関係が、とにかく生々しくて。一つひとつの階の話だけでも、結構おなか一杯になりそうな濃さで、各々1時間くらいの短編芝居になりそうなのに。それが6階分。そりゃ居場所なくて、空き部屋に逃げるよね。前半の丁寧な部分と、後半の各階の並行した物語のテンポの取り方が、非常に心地よくできていた。

ピルグリム2019

ピルグリム2019

サードステージ

シアターサンモール(東京都)

2019/02/22 (金) ~ 2019/03/10 (日)公演終了

満足度★★★★

鑑賞日2019/02/26 (火) 19:00

鴻上尚史の芝居らしく、時代を捉えつつも、どこか空騒ぎ的で。でも作品各所に散りばめられているテーマのようなものはジワジワと刺さり、しかもどこか希望を感じさせてくれる作品だった。
「繋がり孤独」というテーマと、共同体とそこから排除される中の「分裂する二つの自分」というテーマ。この2テーマが、どこか分裂しかけているようにも感じる。前者は時代の中で移ろう部分だが、後者は普遍性を持っているテーマ。後者のテーマだけでも、お話としては成立し得るのではないか。

ネタバレBOX

初演よりも、再演の新国立劇場の時よりも、お話は格段に分かり易くなっている。
特に、姉さん…タンジェリン・ドリームの下りは、とても丁寧な説明がなされている。一方、過去の脚本では、わかり難くても感覚的に理解していた事を考えると、分かり易くなったことが、良いことなのかはよく分からなかった。
Opus No.10

Opus No.10

OM-2

ザ・スズナリ(東京都)

2019/02/22 (金) ~ 2019/02/24 (日)公演終了

満足度★★

鑑賞日2019/02/22 (金) 19:30

舞台美術、プロジェクターをはじめとする照明の使い方、その他の仕掛けが、観客の度肝を抜く点は、見ていてすごいな、と思うものの。
私の好きなタイプとは、真逆の演劇でした。

ネタバレBOX

詳しい区分はよく知らないが、今回の作品については「アングラ演劇」に属するものなのだろうか。(あまり興味がないので、正しい分類かは不明)
自分が、白塗りの男女を舞台で観ることになるとは、予想だにしていなかった。
わが町

わが町

下北沢演劇祭

北沢タウンホール(北沢区民会館)(東京都)

2019/02/21 (木) ~ 2019/02/24 (日)公演終了

満足度★★★★

3幕構成を、休憩を挟まず上演。オリジナルのアレンジはありつつも、ワイルダーの「わが町」をそのままに、90分に短くまとめた作品。
公募の市民劇という事もあり、「粗削り」な役者が多かったとは思うが、何よりも尊い「日常」がしっかりと描かれていて、最後のシーンにしっかりと心動かされ、涙した。「市民劇団」が私たちの町の演劇として「わが町」を演じるという構造が、作品全体の表現として、非常にハマっていた。

ネタバレBOX

原作がグローバーズ・コーナーズという町を舞台にしていたが、当作では「中北沢」が舞台。ちょっと無理のある設定、どっちつかずの設定になっている部分があり、観客にとって設定が効果的だったかは疑問だが、演者にとっては、少し設定の古いこの本を表現するのに適した設定だと感じた。
新しい星

新しい星

甲斐ファクトリー

シアターグリーン BASE THEATER(東京都)

2019/02/20 (水) ~ 2019/02/24 (日)公演終了

満足度★★★★

鑑賞日2019/02/20 (水) 19:30

SF要素の強い、デストピアな物語。学者の視点の科学的根拠から、普通の人々の視点まで、会話のやり取りを積み重ねて、SFな話を積み上げていく様は、緻密で鮮やか。
半面「会話劇」の要素が強すぎて、SFの要素にはアンマッチな面も。フィクションらしさを、舞台ならではの照明や音響の表現で煽って欲しかった。

台所太平記~KITCHEN  WARS~

台所太平記~KITCHEN WARS~

劇団ドガドガプラス

浅草東洋館(東京都)

2019/02/16 (土) ~ 2019/02/25 (月)公演終了

満足度★★★★

鑑賞日2019/02/19 (火) 19:00

レビュー、ショー、吉本新喜劇的な要素が強い、大衆喜劇的な芝居。その中で、役者さん、特に女優さんの個性や魅力がいっぱい詰まっている。歌あり、ダンスありのエンターテイメント。楽しい時間を過ごせた。客入れ前から、キッチリ盛り上げてくれるのも好印象。

肉体改造クラブ・女子高生版

肉体改造クラブ・女子高生版

劇団ハーベスト

小劇場B1(東京都)

2019/02/18 (月) ~ 2019/02/24 (日)公演終了

満足度★★★

三話オムニバス。
難解なのか、私が年老いたのか、思った以上に古城十忍作品を理解できず。

AFTER塩原JUNCTION

AFTER塩原JUNCTION

塩原俊之自主企画興行

イズモギャラリー(東京都)

2019/02/15 (金) ~ 2019/02/19 (火)公演終了

満足度★★★★★

鑑賞日2019/02/15 (金) 19:30

3話オムニバス。濃密な会話劇の空間を、思う存分楽しめました。

『笑の太字』​
「笑の大学」への愛と、コメディへの決意と、絶妙なオマージュ。笑が止まらず、その決意には涙。最高でした。

『天気予報を見ない派』
追憶と喪失感との切り取り。時間を解いて、また紡ぐ感覚。切なすぎて。らまのだらしい、時間の切り取り方。

『いまこそわかれめ』
大和田あずさが、活き活きとしてて可愛いくて。そんな彼女に「救われる」彼の視点の物語。決意より「懐かしさ」みたいな言葉を、正しく形にしてくれたような印象の舞台でした。

『呼ばれぬ者の声を聴け』『散歩道』

『呼ばれぬ者の声を聴け』『散歩道』

演劇ユニットくものした

荻窪小劇場(東京都)

2019/02/14 (木) ~ 2019/02/17 (日)公演終了

満足度★★★

鑑賞日2019/02/14 (木) 19:00

「呼ばれぬ者の声を聴け」「散歩道」の2話オムニバス。
「散歩道」は、時間の流れの表現がとても面白い。半面、既婚の身としては、もっとドロドロした生活も、描いた方がいいのではないか、という思いも持つ。
旗揚げ公演という事もあり、脚本・劇場運営・その他、各所に粗削りな部分を多く感じた。一方、どこか目の離せない一面も持つユニット。今後に期待。

いつかそのアレをキメるタイム

いつかそのアレをキメるタイム

シベリア少女鉄道

赤坂RED/THEATER(東京都)

2019/02/06 (水) ~ 2019/02/19 (火)公演終了

満足度

鑑賞日2019/02/13 (水) 20:00

元ネタを知らないことが問題なのか、観る私の感性の問題なのか不明だが、周りの客は大爆笑の中、私はその中に入ることができなかった。

僕らの力で世界があと何回救えたか

僕らの力で世界があと何回救えたか

タカハ劇団

小劇場B1(東京都)

2019/02/08 (金) ~ 2019/02/14 (木)公演終了

満足度★★★★

鑑賞日2019/02/13 (水) 14:00

「若い時分の後悔」をSFなお話に昇華させる事で、他者に対する「喪失感」を際立たせて提示した作品。
単に「青春の後悔」を描くストーリーはたくさんあるけど、この作品は並行世界への喪失感と、出会えなかった世界に対する恋焦がれる気持ちを、絶妙にフィクションの中に組み込んで、観る側に喪失感を一層際立たせて投げかけていた。
とはいえ、観る側の想い次第で、「青春」以外の視点でも、様々な捉え方ができる作品だと思う。
光の使い方が奇麗。

PARTY PEOPLE

PARTY PEOPLE

艶∞ポリス

駅前劇場(東京都)

2019/01/31 (木) ~ 2019/02/11 (月)公演終了

満足度★★★

役者さんの演技が特徴的で個性的で繊細で、役者さんを見ている分には飽きない芝居だった。
半面、群像劇を狙っているからなのか、話に抑揚のない「のっぺり」とした印象を受ける。パリピ(?)の周りに集まる人々を通して、お金と人間について表現したいのだろうと思うけれど。お金に関する結論が、かなり安直なモノに落ち着いてしまっている印象を受けた。

このページのQRコードです。

拡大