Access
団体 劇団新人類人猿

ゲキダンシンジンルイジンエン

(石川県)

劇団新人類人猿

アクセス数(17)<直近30日間>

お気に入り(0)

団体 劇団新人類人猿

ゲキダンシンジンルイジンエン

(石川県)

1986年金沢市で設立。同年、明治40年に建てられた銀行跡、町民文化館にて『千年の夏』(作:太田省吾)を上演し旗揚げ。
1990年、稽古場兼劇場として拠点となる《P・SPACE》を開設し、床一面に水を張った〈水の劇場〉、舞台上を砂で覆った〈砂の劇場〉など数々の印象的シーンを生み出す。

...

もっと読む


お知らせ

すべて見る

動画1

すべて見る

基本情報

所在地 〒9201302
石川県金沢市末町15−6−2
カテゴリ 演劇
公式サイトURL http://www.amy.hi-ho.ne.jp/psfin/
設立 1986年
受賞歴
メンバー
活動紹介 1986年金沢市で設立。同年、明治40年に建てられた銀行跡、町民文化館にて『千年の夏』(作:太田省吾)を上演し旗揚げ。
1990年、稽古場兼劇場として拠点となる《P・SPACE》を開設し、床一面に水を張った〈水の劇場〉、舞台上を砂で覆った〈砂の劇場〉など数々の印象的シーンを生み出す。

野外劇や移動劇、音楽とのセッションやダンスとのコラボレーションなど演劇の多様な可能性を模索する中で、空間や場所の持つ力と俳優の身体とが激しくぶつかり合うことで生まれる関係性を重要視。

台詞を極力減らすことで〈台詞として語られる物語に依存せず〉、物語性を視覚言語として俳優と舞台に内包させることで〈舞台上にイメージを描き出す〉という独自のスタイルに至る。



1994年、床一面に張られた水が「鏡花世界の沼に見えた」と形容された『KYO-KA -この夏の異郷-』を東京ベニサンピットで上演。

以降は石川県のみに留まらず、1995年名古屋公演、1999年「日・チェコ国際共同藝術展」(プラハ)、「仙台演劇祭」、2001年「マージナル・シアター・フェスティバルin SENDAI」、2003年「ハイナー・ミュラー/ザ・ワールド」(東京)などに参加。
2004年からの充電期間を経て、2008年『プラスチックローズ』(作:太田省吾)にて活動再開。同年より3年間の長期ワークショップ演劇身体塾を始動。
2012年には東日本大震災をテーマとした『制御不能』を滋賀にて上演。
2013年~2016年金沢市で「太田省吾フェスティバル」を企画上演。
2017年、宮沢賢治『春と修羅』を原作とした『REPT』を金沢21世紀美術館にて上演。

2018年7月、昨年と同じ『春と修羅』を原作とした『人や銀河や修羅や海胆は』をせんだい演劇工房10-BOXにて上演予定。


これまでに上演した作品は、稽古場でのエチュードから生み出された「シーン」を構成し作品化するオリジナルの他、太田省吾、サミュエル・ベケット、芥川龍之介、岡本章、マーティン・シャーマン、岸田理生、泉鏡花、ハイナー・ミュラーなど。
問い合わせ先 076-229-0881

[情報提供] 2011/11/04 12:43 by ruijinen

[最終更新] 2018/03/26 18:33 by ta96(たくろー)

お気に入りに登録するとCoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
好きな団体を応援しましょう!

所属メンバー3

ta96(たくろー)

ta96(たくろー)(0)

役者・俳優 舞台監督 その他(指導・トレーナー)

表現とは、眼に見えるもの以上に「俳優や舞台から発せられ...

ruijinen

ruijinen(0)

演出 美術

どうぞ宜しく!

新人類人猿 金沢制作部

新人類人猿 金沢制作部(0)

制作部ブログ担当しております

お気に入り登録者0

このページのQRコードです。

拡大