Access
団体 ジャパンシンフォニア

ジャパンシンフォニア

()

ジャパンシンフォニア

アクセス数(1)<直近30日間>

お気に入り(0)

団体 ジャパンシンフォニア

ジャパンシンフォニア

()

ジャパン・シンフォニア」は音楽監督、井上喜惟の「国内のみならず、日本から海外に向け本格的な音楽を発信するオーケストラを作ろう。」という提唱のもと、2003年秋に発足した。

その主軸メンバーには音楽監督、井上喜惟同様に長い年月欧州での研鑽、演奏活動暦を持ち、現在も海外と日本を行き来している...

もっと読む


お知らせ

すべて見る

写真0

すべて見る

動画0

すべて見る

基本情報

所在地
カテゴリ その他
公式サイトURL http://www.japansinfonia.com/
設立 -
受賞歴
メンバー
活動紹介 ジャパン・シンフォニア」は音楽監督、井上喜惟の「国内のみならず、日本から海外に向け本格的な音楽を発信するオーケストラを作ろう。」という提唱のもと、2003年秋に発足した。

その主軸メンバーには音楽監督、井上喜惟同様に長い年月欧州での研鑽、演奏活動暦を持ち、現在も海外と日本を行き来している音楽家たちが集まった。また、メンバーの多くも最近海外から帰国したり、欧州での留学・演奏経験者である。充分な準備による音楽的な方向性の相互理解を通し、「オーケストラは巨大な室内楽」であるという、本来の原点に立ち返ることをポリシーとして掲げている。その意味でも他のオーケストラとはひと味もふた味も違うものがある。

2003年12月の第1回定期演奏会ではロシアの巨匠ピアニスト、エフゲニー・モギレフスキーをソリストにシュニットケのピアノ協奏曲、ワイルの交響曲第2番を取り上げ、音楽誌で「スケールの大きな音楽作り」「不思議で面白いオーケストラ」と評された。聴衆からは「大事件に立ち会った」「今年のベスト」「エキサイティングな演奏団体が生まれた」等のコメントが寄せられた。2004年に行われた定期演奏会ではさらに多くの音楽評論家、音楽ファンから「まるで昔のウィーン・フィルのようだ・・・。」「こんな楽団が日本にあるのか?」と絶賛と驚きの声があがっている。

2009年シーズンよりコンサートミストレスに植村理葉を招き、第12回定期演奏会(2009年4月)の公演は「より柔軟で
しなやかな響きが会場に充満した。」と絶賛された。

問い合わせ先

[情報提供] 2011/07/16 12:53 by BIJファミリーコンサート事務局

[最終更新] 2017/01/02 08:08 by BIJファミリーコンサート事務局

お気に入りに登録するとCoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
好きな団体を応援しましょう!

所属メンバー1

BIJファミリーコンサート事務局

BIJファミリーコンサート事務局(0)

BIJファミリーコンサート事務局です。

お気に入り登録者0

このページのQRコードです。

拡大