Access
団体 MODE

モード

(東京都)

MODE

アクセス数(1)<直近30日間>

お気に入り(3)

団体 MODE

モード

(東京都)

主宰 松本修が、89年に企画ごとにキャスト・スタッフを募る演劇集団MODEを設立。チェーホフ、ベケット、ワイルダー等の海外戯曲を独自のワークショップで再読・再構成して上演する。

また、柳美里、坂手洋二、平田オリザ、宮沢章夫、松田正隆らの同時代の劇作家の書き下ろし作品も演出。

96年...

もっと読む


基本情報

所在地 〒1620842
東京都新宿区市谷砂土原町3-3-203
カテゴリ 演劇
公式サイトURL http://www.mode1989.com/
設立 -
受賞歴 読売演劇大賞優秀作品賞・同優秀演出家賞、東京都優秀児童劇選定優秀賞、湯浅芳子賞、毎日芸術賞千田是也賞、紀伊國屋演劇賞個人賞などを受賞。
メンバー 松本修
活動紹介 主宰 松本修が、89年に企画ごとにキャスト・スタッフを募る演劇集団MODEを設立。チェーホフ、ベケット、ワイルダー等の海外戯曲を独自のワークショップで再読・再構成して上演する。

また、柳美里、坂手洋二、平田オリザ、宮沢章夫、松田正隆らの同時代の劇作家の書き下ろし作品も演出。

96年~98年、北海道演劇財団常任演出家。97年~01年、世田谷パブリックシアターのアソシエイト・ディレクター。同劇場では01年に1年間にわたるワークショップを経て『アメリカ』(原作カフカ)を創作。以降、同手法で『城』、『変身』、『審判』を舞台化。02年からの「現代日本戯曲再発見シリーズ」では、別役実、唐十郎、竹内銃一郎、山崎哲などの戯曲を新演出、また09年から近松門左衛門の浄瑠璃作品の新演出も手掛ける。


【松本修 主な演出作品】『逃げ去る恋』、『きみのともだち』、『わたしが子どもだったころ』、『魚の祭』、『ぼくのイソップものがたり』、『プラトーノフ』、『ガリレオの生涯』、『アメリカ』(『失踪者』)、『城』、『変身』、『審判』など。
問い合わせ先 03-3268-0273

[情報提供] 2007/01/22 22:33 by camin

[最終更新] 2014/03/05 17:15 by こりっち管理人

お気に入りに登録するとCoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
好きな団体を応援しましょう!

お気に入り登録者3

mode

mode(3)

センスが良い。

kadooo

kadooo(1)

お世話になっております。

johnny

johnny(348)

特に出演する俳優が良いですよね。

このページのQRコードです。

拡大