Access
団体 護送撃団方式

ゴソウゲキダンホウシキ

(東京都)

護送撃団方式

アクセス数(2)<直近30日間>

お気に入り(13)

団体 護送撃団方式

ゴソウゲキダンホウシキ

(東京都)

 劇団名の由来となっている【護送船団方式】とは、日本における政治用語の一つ。
簡単に言うと、官庁の行政指導を用いて中小機関の保護を図ろうとするもの。
だが、実際は国からの一方的な方針によって経営されるため、外資からはしばしば「最も成功した社会主義の国」と揶揄されることがある―。
 この...

もっと読む


お知らせ

すべて見る

動画2

すべて見る

劇団HP http://www.gosogekidan.com/ 舞台「伽羅倶璃‐カラクリ‐」のオープニング動画(480p,ロングver.)です。 2013年9月 護送撃団方式(ごそうげきだんほうしき)第五回公演@王子小劇場にて。 次回は2014年4月9日(水)~4月13日(日) 護送撃団方式第五回公演 舞台「髄...

基本情報

所在地 〒2070013
東京都東大和市向原4-1-14
カテゴリ 演劇
公式サイトURL http://www.gosogekidan.com/
設立 2010年
受賞歴
メンバー 關根史明、古山彩美、ふちのももこ、佐々木隼世、岡崎めぐみ、小林進吾
活動紹介  劇団名の由来となっている【護送船団方式】とは、日本における政治用語の一つ。
簡単に言うと、官庁の行政指導を用いて中小機関の保護を図ろうとするもの。
だが、実際は国からの一方的な方針によって経営されるため、外資からはしばしば「最も成功した社会主義の国」と揶揄されることがある―。
 この【護送船団方式】を作品に置き換えると、物語や核心を一方的に観客に提示してしまう『わかり易い芝居』だと私たちは解釈しました。私たちはこの方式に異議を唱え、それとは違ったタイプの作品の創作を目指しています。

 それが【TakeOut芝居】。

 その【TakeOut芝居】という方法で、この【護送船団方式】を【“撃”ち破る】という意味を込め、私たちは【護送撃団方式】を旗揚げしました。

※Take out芝居とは?
 観劇中、作品のメッセージを『伝える』のではなく、『渡す』。
つまり。
「お客様に作品の核心を一方的に見せず、様々な解釈の自由を持ってもらう」
「作品のメッセージを答えとして見せるのではなく、そのチラリズムを美学とする」

これらをコンセプトとした作品です。

◆活動歴◆
2010年7月 旗揚げ公演 「芥」
2011年11月 第2回公演 「パンドラの鐘」
2012年9月 第3回公演 「山鳴~ヤマナラシ~」
2013年9月 第4回公演 「伽羅倶璃」 
2014年4月 第5回公演 「髄-zui-」
2015年1月 第6回公演 「メンタルトレーナーのくせに」

2016年7月 第7回公演@2016年5月7日(土)10:00~情報解禁!
護送流「和風エンターテイメント」第2段!!
大正浪漫ファンタジー! 乞うご期待。
問い合わせ先 info@gosogekidan.com

[情報提供] 2010/04/08 17:32 by 2号

[最終更新] 2017/01/04 03:26 by 關根史明(護送撃団方式)

お気に入りに登録するとCoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
好きな団体を応援しましょう!

所属メンバー9

しんご

しんご(0)

6尺です。頑張ります。

ふっちー

ふっちー(0)

おなかいたい。

ざっきー

ざっきー(0)

ふざけてない。

お気に入り登録者13

かりりん

かりりん(0)

応援しています。

つかけん

つかけん(1)

山田ジャパンの山田能龍さんが作・演出をした「メンタルト...

佐伯さやか@おきく

佐伯さやか@おきく(0)

役者・俳優 脚本 演出 制作

第二回公演からのお付き合いです(*^^*)

このページのQRコードです。

拡大