Access
団体 ペルセパッサ・オイリュトミー団

ペルセパッサ・オイリュトミーダン

()

ペルセパッサ・オイリュトミー団

アクセス数(2)<直近30日間>

お気に入り(0)

団体 ペルセパッサ・オイリュトミー団

ペルセパッサ・オイリュトミーダン

()

2004年5月に笠井叡のオイリュトミーシューレ天使館・第二期卒業生を中心に、ドイツ・シュトゥットガルト・オイリュトメウムを卒業した谷合ひろみ、笠井禮示が加わり結成。バッハ、ベートーヴェンなどの古典音楽から現代音楽までの幅広い音楽オイリュトミー作品、R.シュタイナーの言葉をはじめ、エドガー・アラ...

もっと読む


基本情報

所在地
カテゴリ 舞踊・バレエ
公式サイトURL http://persephassa.blog.drecom.jp/
設立 2004年
受賞歴
メンバー
活動紹介 2004年5月に笠井叡のオイリュトミーシューレ天使館・第二期卒業生を中心に、ドイツ・シュトゥットガルト・オイリュトメウムを卒業した谷合ひろみ、笠井禮示が加わり結成。バッハ、ベートーヴェンなどの古典音楽から現代音楽までの幅広い音楽オイリュトミー作品、R.シュタイナーの言葉をはじめ、エドガー・アラン・ポーや三島由紀夫、澁澤龍彦、与謝野晶子などの作品を言葉のオイリュトミーとして発表してきた。2005年7月に発表した舞台作品「鱗粉神話」では、R.シュタイナーの「神秘学概論」をベースに、言葉の強弱を生かした朗唱と打楽器とのコラボレーションに取り組み、オイリュトミーの作品の新たな方向性を提示する。同年9月に愛知芸術文化センタープロデュース笠井叡振付によるダンスオペラ3「UZUME」に出演、ダンス、オイリュトミー、歌のコラボレーションによる意欲的な舞台として話題を呼んだ。音楽オイリュトミーの群舞作品・ベートーヴェンの「ピアノ・ソナタ第32番」は代表的なレパートリーとして各地で上演、好評を博す。また舞台活動と並行してオイリュトミーの体験ワークショップも企画・開催し、オイリュトミーの普及・発展に広く努めている。
問い合わせ先 persephassa@ezweb.ne.jp 

[情報提供] 2009/11/20 17:39 by CoRich案内人

[最終更新] 2016/12/28 17:00 by CoRich案内人

お気に入りに登録するとCoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
好きな団体を応援しましょう!

お気に入り登録者0

このページのQRコードです。

拡大