Access
団体 アンサンブル デルフィヌス事務局

アンサンブル デルフィヌスジムキョク

(埼玉県)

アンサンブル デルフィヌス事務局

アクセス数(1)<直近30日間>

お気に入り(0)

団体 アンサンブル デルフィヌス事務局

アンサンブル デルフィヌスジムキョク

(埼玉県)

スペインが南米を征服していく過程で、スペインのバロック音楽が南米に流れ込みましたが、それまでの南米の文化にも音楽はあり、ケーナという楽器はヨーロッパの現代の楽器の祖先よりかなり以前から使われていたことが分かっています。宣教師が持ち込んだリコーダーを、インカの人が瞬く間に上手に演奏してスペイン人...

もっと読む


基本情報

所在地 〒3580803
埼玉県入間市上藤沢406-7-102
カテゴリ その他
公式サイトURL http://oumigakudou.com/cn26/cn12/pg3159.html
設立 2019年
受賞歴
メンバー 笠松泰洋、岩川光、宮崎蓉子、伊藤美恵、福澤宏
活動紹介 スペインが南米を征服していく過程で、スペインのバロック音楽が南米に流れ込みましたが、それまでの南米の文化にも音楽はあり、ケーナという楽器はヨーロッパの現代の楽器の祖先よりかなり以前から使われていたことが分かっています。宣教師が持ち込んだリコーダーを、インカの人が瞬く間に上手に演奏してスペイン人を驚かせた、という逸話もあるそうです。実は高度に発達していた南米の音楽が、逆にヨーロッパのバロックに影響を与えた面がある、という研究がされているそうです。Cappella Mediterraneaというバロック演奏の団体は、そういった面からバロック音楽を捉え直すという趣旨ですでにヨーロッパで大きな活躍をしています。私自身、ペルシアあたりに起源がある音楽の歴史、という観点で、アジアとヨーロッパの音楽を考えてきましたが、そこに、アフリカ大陸とアメリカ大陸の文化の影響、という視線も加えて、音楽を捉え直してみたい、という気持ちがあります。そしてその一つの結果として新しい音楽を作りたいと思ったのです。こういった発想は、世界的なケーナ奏者で作曲家の岩川光氏との出会いにより影響されたものです。
(笠松泰洋)
問い合わせ先 アンサンブル デルフィヌス事務局 sinlogue0111@gmail.com

[情報提供] 2019/09/16 23:47 by アンサンブル デルフィヌス 事務局

[最終更新] 2019/09/19 16:54 by アンサンブル デルフィヌス 事務局

お気に入りに登録するとCoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
好きな団体を応援しましょう!

お気に入り登録者0

このページのQRコードです。

拡大