Access
団体 大阪女優の会

オオサカジョユウノカイ

(大阪府)

大阪女優の会

アクセス数(90)<直近30日間>

お気に入り(0)

団体 大阪女優の会

オオサカジョユウノカイ

(大阪府)

2003年3月20日にアメリカによるイラク攻撃が始まりました。
平和を願う演劇人としてこれに反対し、同時にわが国で進められた「有事法制」にも反対の意思を示した東京に呼応して、関西でも、演劇人による集会が4月12日に開催されました。
これを機に、毎年戦争を風化させない為の創造活動をしようと、...

もっと読む


お知らせ

すべて見る

写真0

すべて見る

動画0

すべて見る

基本情報

所在地
大阪府
カテゴリ 演劇
公式サイトURL https://ameblo.jp/oosakajoyu
設立 2003年
受賞歴 平成28年度 大阪文化祭賞奨励賞
メンバー 河東けい(関西芸術座)、金子順子(コズミックシアター)、佐藤榮子(劇団息吹)、末永直美(VOCE企画)、山本つづみ、条あけみ(あみゅ〜ず・とらいあんぐる)、他、賛同するメンバー
活動紹介 2003年3月20日にアメリカによるイラク攻撃が始まりました。
平和を願う演劇人としてこれに反対し、同時にわが国で進められた「有事法制」にも反対の意思を示した東京に呼応して、関西でも、演劇人による集会が4月12日に開催されました。
これを機に、毎年戦争を風化させない為の創造活動をしようと、関西芸術座の河東けい、劇団きづがわの赤松比洋子(故人)、劇団大阪の堀江ひろゆきらが中心となって、他へ呼びかけました。
その年の夏、第1回“あきらめない、夏”「大阪女優の会」として8月16日、地人会の上演台本『この子たちの夏』を棚瀬美幸演出で上演。
20代から80代、新劇、小劇場の女優たち、時には男優も交えて、毎年、夏に公演を続けてきました。
「演劇は非戦の力」、演劇の命は言葉です。言葉の対極に暴力があります。「あらゆる暴力に反対し、平和を願う」演劇人の集まりです。
このような活動に対し、平成28年度 大阪文化祭賞奨励賞を受賞しました。
大阪女優の会の、この“あきらめない、夏”は今年で16年目を迎えます。
私たち女優の会は、劇団、所属団体、プロ、アマチュアの枠を超えた創造交流の場です。公演活動の中で、先輩や仲間から多くを学び、演劇人としての資質を高め、表現者としての力を向上させたいと願っております。
伝統的な新劇と若い小劇場の交流が力強く進み、その輪は年々大きくなっています。
母体を持たない大阪女優の会は、毎年、女優の会の主旨に賛同したメンバー有志で集まりを持ち、ディスカッションし、次の作品のテーマ含め、演出などを協議し決定、全員の協力に基づいて制作が進められます。
初参加の方も例外ではなく、公演に向けて様々な役割を担いながら作品創りをしています。
《大阪女優の会 上演実績》

第一回 『この子たちの夏』
構成/木村光一 演出/棚瀬美幸(南船北馬一団)
日時:2003年8月16日(土)
会場:谷町劇場 

第二回 『広島第二県女二年西組』
作/関千枝子 構成/岩田直二 演出/東口次登(人形劇団クラルテ)
日時:2004年8月7日(土)・8日(日)
会場:スタジオ315

第三回 『明日』
原作/井上光晴 脚色/小松幹生 演出/堀江ひろゆき(劇団大阪)
日時:2005年8月13日(土)・14日(日)
会場:谷町劇場

第四回 茨木のり子の世界から『りゅうりぇんれんの物語』他
原作/茨木のり子 構成・演出/芳﨑 洋子(糾~あざない~)
日時:2006年8月12日(土)・13日(日)
会場:ドーンセンター 視聴覚室

第五回『ハテルマ・ハテルマ』
作・構成/栗原省 構成・演出/菊川徳之助(創造集団アノニム)
日時:2007年8月10日(金)~12日(日)
会場:谷町劇場

第六回『夕凪の街 桜の国』
原作/こうの史代 構成・演出/キタモトマサヤ(遊劇体)
日時:2008年8月8日(金)~10日(日)
会場:谷町劇場

第七回『夕凪の街 桜の国』
原作/こうの史代 構成・演出/キタモトマサヤ(遊劇体)
日時:2009年8月7日(金)~9日(日)
会場:京都 東山青少年活動センター
日時:2009年8月15日(土)・16日(日)
会場:そごう劇場

第八回『女優の会 遠くの戦争~日本のお母さんへ~』
作/篠原久美子
岡真理(『The Message from Gaza~ガザ 希望のメッセージ~』より一部引用)
パタンナー/樋口ミユ(劇団Ugly duckling) 演出/池田祐佳理(劇団Ugly duckling)
日時:2010年8月6日(金)~8日(日)
会場:LIVE CaFe道頓堀ZAZA

第九回『朗読劇 戦争童話集』
作/野坂昭如 構成・演出/山口茜(トリコ・Aプロデュース)
日時:2011年8月4日(木)~6日(土)
会場:ドーンセンター パフォーマンススペース

第十回『核・ひばく・人間』
構成台本/非戦を選ぶ演劇人の会 構成・演出/岩崎正裕(劇団太陽族)
日時:2012年8月16日(木)~18日(土)
会場:ドーンセンター パフォーマンススペース

第十一回『核~いま、私たちが立っている場所~』
作/石原 燃(燈座) 演出/岩崎正裕(劇団太陽族)
日時:2013年8月9日(金)~11日(日)
会場:ドーンセンター パフォーマンススペース

第十二回『ヒロシマ』
作/関千枝子 構成/岩田直二(『広島第二県女二年西組』より)
作/井上ひさし(『少年口伝隊』より)
構成・演出/内藤裕敬(南河内万歳一座)
日時:2014年8月15日(金)~17日(日)
会場:ドーンセンター パフォーマンススペース

第十三回『かさをささない人』
~現在が「戦前である」という仮説を検証するための朗読劇~
構成・演出/空ノ驛舎(空の驛舎)
日時:2015年7月31日(金)~8月2日(日)
会場:ドーンセンター パフォーマンススペース

第十四回『あたしの話と、裸足のあたし』
構成・演出/樋口ミユ(Plant M)
日時:2016年7月29日(金)~31日(日)
会場:ドーンセンター パフォーマンススペース

第十五回『あきらめない、世界を〜不寛容世界からの脱却〜』
脚本:伊地知克介 岩崎正裕 小原延之
構成・演出:岩崎正裕
日時: 2017年9月8日(金)〜10日(日)
会場:ドーンセンター パフォーマンススペース

第十六回『テキスト 闇教育」
日時:2018年7月27日(金)〜29日(日)
作/くるみざわしん(光の領地) 
演出/増田雄(モンゴルズ・シアターカンパニー)
会場:ドーンセンター パフォーマンススペース
問い合わせ先 oosakajoyunokai@gmail.com

[情報提供] 2018/04/26 12:13 by 秋津ねを

[最終更新] 2019/04/19 20:12 by 秋津ねを

お気に入りに登録するとCoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
好きな団体を応援しましょう!

所属メンバー2

秋津ねを

秋津ねを(4)

役者・俳優 演出助手 制作 その他(ケータリング)

「大阪女優の会」所属メンバーです。

☆つづみ☆

☆つづみ☆(0)

「大阪女優の会」メンバーです。

お気に入り登録者0

このページのQRコードです。

拡大