反復する、イクツカノ時間と、交わる、イクツモノ時間の中で、僕等にできる、イクツカノこと。 公演情報 反復する、イクツカノ時間と、交わる、イクツモノ時間の中で、僕等にできる、イクツカノこと。」の観てきた!クチコミ一覧

満足度の平均 4.2
1-8件 / 8件中
  • この演出は、好みが分かれる
    観客席側に演出家用の机を設置して、お客さんはいないものとして、リハの状況を見せる。
    個人的には、嫌いではないのだけども。

  • 満足度★★★

    白々
    千秋楽の後も客入れするんかいって

    ネタバレBOX

    浅間山荘事件をモチーフに、浅間山荘に飛び込んで人質を助けた男は、破壊されつつある建物のすき間から届く月光を見て、幼い頃に遊んだ秘密基地から見た風景を思い出すという情緒的な話をややこしくしたようなお芝居を、練習したり、本番前にも手直ししたりして、さあ客入れしようとするところまでを描いた話。

    浅間山荘事件はテレビの生中継で見ていました。弁当が凍るほどの寒さ、カップヌードル普及の要因になったことは有名な話です。

    開場前、開演前の様子を描く手法は、アドリブ風にやればやるほど白々しく感じます。

    女優さんの声量は素晴らしかったです。
  • 満足度★★★★

    挑戦
    エンジンも良い、ステアリングも良い、サウンドも魅力的。さて、乗りこなせているのか、乗り回されているのか、前後左右上下今昔に暴力的なまでの不安定をバランスしつつ、それでもこの小空間の神様を信じてひたすら付いて回る。壁を越え、音を'見て'、薄目で伺い、また壁を越え、・・・消されるチョークで描き続けるのだ、「チェッ!」

  • 満足度★★★

    かも。
    どこがどう面白かったか、具体的に言え、と問われると困る。

    だが、なんか面白い。

    なんかありそう。

    展開が拡散的で、完成度という意味では程遠いが、このグループは将来、傑作を作るかも。


    リフレインの意味は、よくわからなかった。

  • ごめんなさい。
    私には合いませんでした。

    ネタバレBOX

    私には良さが全くわかりませんでした。
    芝居と稽古をないまぜにしているのも何がしたいのかわからなかったし、
    ストーリーも全然意味不明、
    『反復』も効果的に使われているとは思えませんでした。
    早く終わってくれないかと時計ばかり気になりました。
    時間と交通費の無駄でした…残念です。

    舞台が終わった後に、演出家(役?)が
    「ありがとうございました」とは言いましたが、
    役者はそのまま素に(素に戻った演技?)戻ってお辞儀もせず、
    時間を割いて観に行ったお客に対しての感謝の気持ちとかはないの?
    と、ちょっと不快になりました。
  • 満足度★★★★★

    ちょっとすごいものをみたんじゃないかと、、、
    演劇ユニットそめごころ「反復する、イクツカノ時間と、、、」をみた。

    90分。

    寒さのせいで、自分の体調か、なにかのテンションがおかしいせいなのかもしれない。
    作品中のすべての要素や構成がつながって、中盤で一度目がうるみ、その後、落涙すること2度、、、
    なんなんだ、これは、、、

    ちょっとすごいものをみたんじゃないかという気がしている、、、

    ネタバレBOX

    以下コチラ
    http://sakuteki.exblog.jp/22809713
  • 満足度★★★★★

    今、観た方がいいです
    観てきた。

    いや、「観てしまった」というかんじ。

    新しい才能を観るというのは、
    こういうことなんだなと。

    結成3年目、平均年齢23歳という若い、
    というより幼い、そんな彼らだけど、
    その幼さが、そして少しの荒さが、
    それすら芝居の要素となって
    世界を創っていく。

    幼く、荒く、小さく、
    けれども、とても澄んだ世界。

    一方で、小憎らしいほど計算された仕掛け。
    観客を何度も緊張させたり弛緩させたり、
    そうしているうちに、観客も一緒に
    世界を創っていることに気づく。

    今、観た方がいいです。
    何年かしてもしかして再演があったとしても、
    今、このときのこの作品は観られません。
    それが演劇だよな、と再確認しました。

  • 満足度★★★★★

    反復する、
    福岡の若手劇団が愛媛に来ると聞いて、観劇。
    1回目観たとき、なんだか凄いもの観てる気がして、もう少ししっかり観たいと思って2回観に行きました。

    家に帰って、作品を頭の中で反復する度に、
    作品中に語られたことや、演出、舞台の光景が、
    モチーフにされた事件以外の事柄にも、どんどんイメージが結びついて行っています。
    これはどこまで計算されて作られているんだろうか・・

    面白かった、と言うより、凄かったです。
    また劇団の作品を観たいので、愛媛や、近辺に来てくれることも期待。

このページのQRコードです。

拡大