歌喜劇『おしりと御飯』 公演情報 歌喜劇『おしりと御飯』」の観てきた!クチコミ一覧

満足度の平均 3.8
1-5件 / 5件中
  • 満足度★★★★

    いやはや
    このフライヤーにこの題名で、この会場。
    何が出て来る事かと思ったら、目の前でめくるめく世界が繰り広げられ、気が付いたら終わってました^^;

  • 満足度★★★★

    楽しい作品
    劇名にチラシ、その裏に書いてある説明、場所…どんな奇抜なものが演じられるのかとドキドキしながら行きましたが…始まってみれば意外(?)とちゃんとした劇でした。ミュージカルあるある的な内容でもありながら、しっかりと歌い上げていて、演技もしっかりしていて、けど場所がカラオケパブ、という落差も面白みがありました。すごく楽しかったです。

  • 満足度★★★★★

    夢現のボレロ
    場末感200%の会場で、オジサンたちがこういうタイトルのお芝居をやるということなので、下ネタ度の高い強引な作品かと思ったら、結構上品で趣味のいい、カワイイ笑い満載の90分でした。憎めない。

  • 満足度★★★

    アカペラ歌喜劇
    「歌喜劇」と銘打った、随所で歌が入るコメディー作品で、後に何も残らない様などうでも良い物語を中年男性7人が本気で演じているのが楽しかったです。

    ヤクザの親玉の身代わりに刑務所に入っていた男が出所し、裏稼業から足を洗って居酒屋のアルバイトを始める話で、感動させる場面も入れずにひたすら笑いを取ろうとする潔さと緩さが気持ち良かったです。
    ドタバタな展開で台詞も大きな声だったのに、うるささが感じられなかったのが不思議でした。
    歌喜劇という名の通り、ミュージカルのパロディー的な歌が沢山あるものの、全て伴奏無しのアカペラで歌われ、独特の雰囲気がありました。

    馬鹿馬鹿しい内容にも関わらず演技は手を抜いていなくて、それぞれの役者が複数の役をキャラクターをはっきり打ち出しつつ演じて分けていました。
    特に松之木天辺さんが演じた、ラジカセから流れる音楽に乗せてホットパンツ姿でベジャール版『ボレロ』を本格的に踊る謎の人物のインパクトが強烈でした。

    会場は、赤のベルベット生地の椅子やエンボス柄の壁紙等、古びた昭和の雰囲気が色濃く残る内装のパブで、くだらない内容にマッチしていました。バーカウンターや入口のドアも巧みに劇中に取り込んで使っていて印象的でした。

  • 満足度★★★

    全編バカバカしい歌喜劇♪
    チラシ通りのいきなりおしりから!
    全編、バカバカしく仕上がっています♪

    何でしょうか?この肩の力を抜いた様な笑いは~(^^)
    役者さんも肩の力を抜いた様な演技だから
    お客さんもリラックスして笑いが起こるんでしょうね♪

    歌喜劇とある様にお世辞にも上手くとは言えない歌を奏でる
    ミュージカル調⁈が盛り込まれて展開されます!

    後半はちょっと飽きつつも…
    最後まで肩の力を抜いた様なまったりした楽しいお芝居♪


    当日の挨拶文にある歌喜劇と言う新しいジャンルを確立する
    キャンペーン真っ只中とある様にこれからだと思います!

    見ていて肩の力を抜いた感じとミュージカルの時は歌詞などはバカバカしくても歌などメッチャ上手く歌って
    ギャップがある方がお芝居にメリハリが出るかなぁと感じたりもしました

    また楽しい劇団に出会いました♪

このページのQRコードです。

拡大