演劇

SIS Company

Bunkamuraシアターコクーン(東京都)

2007/04/05 (木) ~ 2007/04/29 (日) 公演終了

休演日:月曜休演

上演時間:

わずか10ヵ月の間に150点もの錦絵を創作し、忽然と歴史から姿を消した東洲斎写楽。どこか現代の社会状況に似たカオスと閉塞感に満ちた元禄の江戸を舞台に、熱き情熱と狂気をはらんだ男たちの壮絶な生き様に迫ります!鈴木勝秀の構成・演出、そして、堤真一をはじめとする充実の俳優陣ならではの劇空間に、是非、...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2007/04/05 (木) ~ 2007/04/29 (日)
劇場 Bunkamuraシアターコクーン
出演 堤真一、高橋克実、長塚圭史、キムラ緑子、七瀬なつみ、西岡徳馬
脚本 矢代静一
演出 鈴木勝秀
料金(1枚あたり) 5,000円 ~ 8,500円
【発売日】2007/02/25
【チケットメイト専用先行販売】2007/2/18(日)

S¥8,500 A¥6,500 コクーンシート¥5,000(税込)
チケットメイト、一般発売共に、1回の受付で2枚まで。
サイト

http://www.bunkamura.co.jp/shokai/cocoon/lineup/shosai_07_sharaku.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 わずか10ヵ月の間に150点もの錦絵を創作し、忽然と歴史から姿を消した東洲斎写楽。どこか現代の社会状況に似たカオスと閉塞感に満ちた元禄の江戸を舞台に、熱き情熱と狂気をはらんだ男たちの壮絶な生き様に迫ります!鈴木勝秀の構成・演出、そして、堤真一をはじめとする充実の俳優陣ならではの劇空間に、是非、ご期待ください!
その他注意事項
スタッフ 作:矢代静一、構成・演出:鈴木勝秀、美術:二村周作、照明:倉本泰史、音響:井上正弘、衣装:前田文子、ヘアメイク:高橋功亘、演出助手:長町多寿子、舞台監督:瀧原寿子、プロデューサー:北村明子、企画・製作:シス・カンパニー

[情報提供] 2007/01/25 12:12 by こりっち管理人

[最終更新] 2007/10/30 14:54 by こりっち管理人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

このページのQRコードです。

拡大