演劇

公益財団法人神奈川芸術文化財団

高知県立美術館(高知県)

他劇場あり:

2007/02/15 (木) ~ 2007/02/18 (日) 公演終了

上演時間:

ベッドで ねながら きく おしばい

『親指こぞう -ブケッティーノ』の劇場は、茶色い木の小屋です。赤いカーテンをくぐって中に入ると、あるものは、たくさんの小さなふるぼけたベッドと裸電球ひとつだけ。お姉さんが優しく「ベッドに横になって、毛布にもぐりこんで。お話の時間よ」と声をかけてくれる。...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2007/02/15 (木) ~ 2007/02/18 (日)
劇場 高知県立美術館
出演 ともさと衣
脚本 シャルル・ペロー
演出 キアラ・グイディ
料金(1枚あたり)
【発売日】
サイト

http://www.kanagawa-arts.or.jp/theater_performance/event20081212-14.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 ベッドで ねながら きく おしばい

『親指こぞう -ブケッティーノ』の劇場は、茶色い木の小屋です。赤いカーテンをくぐって中に入ると、あるものは、たくさんの小さなふるぼけたベッドと裸電球ひとつだけ。お姉さんが優しく「ベッドに横になって、毛布にもぐりこんで。お話の時間よ」と声をかけてくれる。さあ、お姉さんのお話が始まった。「むかしむかし、あるところに、貧しい木こりの夫婦がいました...」。お話のあいだ、家の扉があくところでは「ギィーッ、ギィーッ」と本物の音が鳴るし、森の中をさまよい歩いている時は、落ち葉を踏みしめる音が「カサ、カサ」と聞こえてくる。うわぁ、人喰い鬼の家に迷いこんじゃった!それじゃ、この「ゴッツン、ガタ、コッツン、ガタッ」という足音はもしかしたら、人喰い鬼の足音!?

このお芝居は、イタリアで上演されていたものを、日本版に作り変え、女優・ともさと衣が出演するものです。木くずを敷き詰めた中に並んだ50個のベッドが客席。お姉さんが、シャルル・ペローのおとぎ話「親指こぞう」を朗読する声を寝ながら聞いていただきます。物語の中の音がほんとうに劇場に響くなど、本の中に入ったような感覚が味わえる不思議なお芝居。途中、怖いシーンもありますが、いままでにない体験をしていただけることでしょう。その新鮮な面白さを、保護者の皆さまもお子さまと一緒にお楽しみください!
その他注意事項
スタッフ 原作:シャルル・ペロー
翻訳:とよしま洋
演出:キアラ・グイディ
音響・美術デザイン:ロメオ・カステルッチ
オリジナル版脚色:クラウディア・カステルッチ
オリジナル版チーフ・ノイズメーカー:カルメン・カステルッチ
オリジナル版企画製作:ソチエタス・ラファエロ・サンツィオ
演出補:遠藤吉博
舞台監督:有馬則純
日本版チーフ・ノイズメーカー:田畑祭
日本版音響:相川晶、畠山慎一

[情報提供] 2008/09/23 00:35 by CoRich案内人

[最終更新] 2009/01/02 20:26 by こりっち管理人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大