演劇

京都芸術センター 舞台芸術賞2007 受賞者公演

dracom祭典2008『ハカラズモ』

京都芸術センター

京都芸術センター(京都府)

他劇場あり:

2008/09/13 (土) ~ 2008/09/14 (日) 公演終了

上演時間:

 優れた舞台はそれ自身独立したひとつの宇宙である。舞台を構成するすべてのものの自明性を疑い、新しい自らの法則で果敢に丁寧に紡がれる空間、私たちはその未知の宇宙に戸惑いを覚えながら、身体の内奥で徐々に呼応する。筒井潤の「dracom」の舞台は、劇的ではなく日常の、濃密ではなく希薄な空間、言葉と動...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2008/09/13 (土) ~ 2008/09/14 (日)
劇場 京都芸術センター
出演 穴見圭司、筒井潤、村山裕希、河合良平(インテレ-P)、小坂浩之(桃園会)、松岡里花、横尾文恵、佐野洋子(声の出演のみ)
脚本 筒井潤
演出 筒井潤
料金(1枚あたり) 2,200円 ~ 2,500円
【発売日】2008/07/12
前売/2,200円 当日/2,500円
日時指定自由席
サイト

http://www.kac.or.jp/theatre/dracom2008_hakarazumo.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明  優れた舞台はそれ自身独立したひとつの宇宙である。舞台を構成するすべてのものの自明性を疑い、新しい自らの法則で果敢に丁寧に紡がれる空間、私たちはその未知の宇宙に戸惑いを覚えながら、身体の内奥で徐々に呼応する。筒井潤の「dracom」の舞台は、劇的ではなく日常の、濃密ではなく希薄な空間、言葉と動作の微妙なずれ、そのずれが生み出す新しい身体性、熱唱ではないもれうたのイメージの言葉たち。それらが見事に四次元的凝結をなし未知の宇宙を構成する。演劇の可能性を感じ表現者として勇気づけられた。
松本雄吉(維新派)

 新作をどうするか悩んでいたとき、なにかの参考になるかと思い、友人から借りていたビデオを見ることにした。大野一雄さんと太田省吾さんの対談だった。しばらくは二人のやりとりに夢中になっていたが、軽い目眩のような感覚におそわれ始めたので、のめり込むのをやめて、画面から身を引き、冷静になって観察した。…映像が、音声から徐々に遅れてゆき、その差はどんどん開いていっている…。嘘かと思った。しかしこれが本当だったから、結果、私は今、心地よい責任を勝手に感じている。    筒井潤
その他注意事項 ■ 京都公演 ■
14日13:00終演後、アフタートークあり(ゲスト:松本雄吉[維新派])

■ 東京公演 ■
※11日14:00終演後、16:00〜 演劇計画『演出家フォーラム』(主催:演劇計画)を実施。
パネリスト:小崎哲哉(『REAL TOKYO』『ART iT』発行人兼編集長)、筒井潤、松田正隆(劇作家・演出家)、白井剛(振付家・ダンサー/AbsT)、森山直人(演劇批評家)ほか
※12日18:30終演後、アフタートークあり(ゲスト:森山直人 [京都造形芸術大学准教授/演劇批評])
スタッフ 出演:穴見圭司、筒井潤、村山裕希、河合良平(インテレ-P)、小坂浩之(桃園会)、松岡里花、横尾文恵、佐野洋子(声の出演のみ)
作・演出:筒井潤 舞台監督:浜村修司 美術:柴田隆弘 照明:葛西健一 音響:上山朋子 映像操作:リング池田 宣伝美術:三澤敏博(絡繰堂) 制作:dracom、木原里佳 制作協力:小倉由佳子

[情報提供] 2008/09/20 11:54 by CoRich案内人

[最終更新] 2008/10/11 21:32 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大