演劇

唐組・第42回公演

ジャガーの眼・2008

デザイン:2008年 第41回公演「夕坂童子」より 撮影:首藤幹夫

0 お気に入りチラシにする

演劇

唐組・第42回公演

ジャガーの眼・2008

劇団唐組

三鷹の森ジブリ美術館横・木もれ日原っぱ(東京都)

他劇場あり:

2008/10/04 (土) ~ 2008/10/19 (日) 公演終了

上演時間:

さあ、この路地を抜けてみよ! ジャガーの眼に射抜かれて……

── 肉体の一部を追うものはなく、追われようとする一部もない
この言葉とともに、あの『ジャガーの眼』が帰ってきた!
物語は、しがない青年・しんいちが、肉体市場で角膜を購入し、移植したことから始まる。
その角膜が、かつての持...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2008/10/04 (土) ~ 2008/10/19 (日)
劇場 三鷹の森ジブリ美術館横・木もれ日原っぱ
出演 劇団唐組
脚本 唐十郎
演出 唐十郎
料金(1枚あたり) 3,500円 ~ 3,600円
【発売日】2008/09/07
前売券3500円 当日券3600円
※入場整理券(前売券と引き換え)及び当日券は、午後1時より受付にて発行致します。
※独立した幼児以外の幼児は入場をご遠慮ください。
サイト

http://homepage3.nifty.com/shibai/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 さあ、この路地を抜けてみよ! ジャガーの眼に射抜かれて……

── 肉体の一部を追うものはなく、追われようとする一部もない
この言葉とともに、あの『ジャガーの眼』が帰ってきた!
物語は、しがない青年・しんいちが、肉体市場で角膜を購入し、移植したことから始まる。
その角膜が、かつての持ち主の恋人のくるみを呼び寄せ、青年を平凡な日常から、冒険的な非日常へと導く。
サンダル探偵社の田口は、助手くるみの依頼を受け、“幸せのリンゴ” を追って路地に立つ。その前に現れた男・扉の押す車椅子には、田口がかつて愛した等身大の美しい人形・サラマンダが乗せられていた……。
外科病棟で移植手術を繰り広げる、肉体植民地・Dr.弁。所有者の人生に関与し、人の体で三度も生きる “ジャガーの眼” はそんな彼らを取り込んで鋭く輝いてゆく……。
『唐版・臓器交換序説』とも謳われたこの作品が、寺山修司没後25年を経た今年、『ジャガーの眼・2008』としてよみがえる!
その他注意事項
スタッフ 作・演出:唐十郎
出演:劇団唐組

[情報提供] 2008/09/20 11:44 by CoRich案内人

[最終更新] 2011/11/29 18:12 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大