演劇

物忌み団 第七回公演

新・少女函

物忌み団

人間座スタジオ(京都府)

2019/03/23 (土) ~ 2019/03/24 (日) 上演中

上演時間: 約2時間0分(休憩なし)を予定

消えた妹、斗子を探し彷徨い歩く沙太郎。彼はさびれた見世物一座にたどり着く。そこには妹と瓜二つでありながら自らを「オカーチャマ」と言いはる、気の触れた少女がいた。
見世物一座の一人息子であるシイナは、沙太郎の暗い記憶を暴いていく。雪の夜に殺された美しいびっこの男。取れない妹の宝石。消えた中指の...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演スケジュール

03/23 03/24
13:00
18:00

公演詳細

期間 2019/03/23 (土) ~ 2019/03/24 (日)
劇場 人間座スタジオ
出演 犬飼啓吾、倉橋愛実、初夜十三、中井さら、天野若彦、澤本沙織、花峰アイナ、飯田寛子、他
脚本 垣内琳子
演出 垣内琳子
料金(1枚あたり) 1,500円 ~ 1,800円
【発売日】2019/02/05
前売り 1500円
当日 1800円
サイト

https://twitter.com/_monoimi

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 3月23日(土) 13:00/18:00
3月24日(日) 13:00/18:00
(会場は開演30分前からです。)
説明 消えた妹、斗子を探し彷徨い歩く沙太郎。彼はさびれた見世物一座にたどり着く。そこには妹と瓜二つでありながら自らを「オカーチャマ」と言いはる、気の触れた少女がいた。
見世物一座の一人息子であるシイナは、沙太郎の暗い記憶を暴いていく。雪の夜に殺された美しいびっこの男。取れない妹の宝石。消えた中指の行方。
一座の看板役者であり、自らの恋人でもあったヤナギを生きながらえさせるため、シイナが取った行動とは。少女は幻想の入れ物になりうるか。カルト的に愛された物忌み団の脚本が今再び蘇る!
その他注意事項
スタッフ 【舞台監督】神田真直(劇団なかゆび)

[情報提供] 2019/02/05 08:19 by おさる

[最終更新] 2019/03/11 00:19 by おさる

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー13

みぎー

みぎー(0)

役者・俳優 美術

「新・少女函」に携わっているメンバーです。

masu.k

masu.k(0)

役者・俳優 脚本 演出 ドラマターグ 舞台監督

「新・少女函」に携わっているメンバーです。

ちゃちゃ

ちゃちゃ(0)

役者・俳優 その他(衣装)

「新・少女函」に携わっているメンバーです。

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大